「写真を楽しむ生活」のページ頭です

写真を楽しむ生活

写真が好きなすべての人に役立つ情報クリップ。写真展情報は"日本最強"!

カテゴリ ‘関東’ のアーカイブ

松本立夫写真展「鎌倉 秋を感じるストーリー Part2」


会期:10月7日(水)〜11月15日(日)10:00〜17:00
月火定休日 10/12(月・祝)・11/3(火・祝)は営業、10/14(水)・11/4(水)は代休
会場:ギャラリー北鎌倉物語(神奈川県鎌倉市山ノ内1149-1 TEL.0467-67-3316


鎌倉に秋がやってきた。あれほど賑わった海水浴場は静けさを取り戻し、地元のサーファーやイヌを散歩させる人たちが取り戻した。秋晴れの日が増えて、空は一層の高さを増して、鶴岡八幡宮の池には冬鳥たちが飛来すると、七五三を祝う親子たちも集ってくる。そんな頃、温暖な鎌倉にも紅葉のシーズンが訪れる。

松本立夫写真展

松本立夫写真展

松本立夫写真展「藤沢市 小出川畔、ヒガンバナ日和」


会期:9月2日(水)〜10月3日(土)10:00〜17:00 月火休 9/21.22営業 9/24.25代休
会場:ギャラリー北鎌倉物語(神奈川県鎌倉市山ノ内1149-1
TEL.0467-67-3316)
http://kitakamakura-monogatari.com/


9月下旬から10月上旬にかけて、藤沢市北部、遠藤地区に流れる小出川沿いに長さ3キロにわたり数万株のヒガンバナの群生を見る。死人花、地獄花、幽霊花といった不吉な別名を持つ有毒植物、美しくも独特の感慨を抱かせる大群落に対峙して、どれだけのバリエーションで撮影できるのかを挑む被写体でもある。そんな、ヒガンバナ日和をご一緒に楽しんでいただきたい。

松本立夫写真展

松本立夫写真展


松本立夫写真展

松本立夫写真展

紅葉と新雪の山と高原 平出眞治写真展


会期:3月23日(月)〜3月29日(日)
時間:9:00〜17:00(初日10:00〜、最終日16:00まで)
会場:さいたま市民ギャラリー(さいたま市役所敷地内)
入場無料。駐車場あり(無料)


紺碧の空、燃える紅葉、草モミジの草原、雪化粧した山々など、秋がテーマの写真展です。皆さんにとって懐かしい風景があるはずです。今年の秋は、紅葉と新雪の山々を眺めに出かけませんか!!


http://www.city.saitama.jp/004/005/001/003/p001248.html

富士の彩雲・甘利山(平成23年11月1日)

富士の彩雲・甘利山(平成23年11月1日)


木曽の御岳山(平成25年11月8日 噴火の11か月前)

木曽の御岳山(平成25年11月8日 噴火の11か月前)

松本立夫写真展「雪の色・氷の光 Part2」


会期:2月4日(水)〜3月1日(日)10:00〜17:00 月火休
会場:ギャラリー北鎌倉物語(神奈川県鎌倉市)
http://kitakamakura-monogatari.com/
しんしんと降る雪、一面の雪景色。キラキラと輝く霜、手が切れるような冷たい氷、べたべたとまとわりつくような湿った雪、雪や氷にはさまざまな表情がある。そんな表情を見つけるのもまた冬の楽しみである。


松本立夫写真展「雪の色・氷の光 Part2」

松本立夫写真展「雪の色・氷の光 Part2」


松本立夫写真展「雪の色・氷の光 Part2」

松本立夫写真展「雪の色・氷の光 Part2」

松本立夫写真展「秋たけなわの彩 神代植物公園の花たち Part3」


会期:11月6日(木)〜11月30日(日)10:00〜17:00 月・火休 11/24(月)営業 11/26(水)代休
会場:ギャラリー北鎌倉物語(鎌倉市山ノ内1149-1 TEL.0467-67-3316)
http://kitakamakura-monogatari.com/


東京都調布市にある神代植物公園は四季折々、いつ出かけても何らかの花を見ることができます。写真展を行ったのが一昨年の11月と今年の5月でしたが、その第三弾として、「秋たけなわの彩(いろどり)」として開催します。秋のバラやコスモスが見ごろを迎え、菊花展が開かれ、紅葉が束の間の鮮やかさを見せるまもなく、冬枯れの季節を前にひと時の彩が来園者の目を引く、そんな季節をお楽しみください。


松本立夫写真展1

松本立夫写真展1


松本立夫写真展2

松本立夫写真展2

YouTubeで見つけました!

広告
このページの上部にもどる

アクセス

いろいろな方法でアクセスできます!