「写真を楽しむ生活」のページ頭です

写真を楽しむ生活

写真が好きなすべての人に役立つ情報クリップ。写真展情報は"日本最強"!

カテゴリ ‘展覧会/イベント’ のアーカイブ

新しい写真の額の可能性を考えるワークショップ


主催:IMA CONCEPT STORE
会期:6月12日(木)〜6月26日(木)各回20:00〜22:00
http://imaonline.jp/ud/event/537d6a28abee7b7e03000001


キヤノン、銀座・名古屋・梅田で“歴史的EFレンズ”10本を実機展示


(デジカメWatch)
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20140605_652002.html


PENTAX 645Z 貸出体験も同時開催 「ペンタックスリコーオフミーティングin東京」


(ITmedia)
http://camera.itmedia.co.jp/dc/articles/1406/05/news096.html


フジフイルムスクエアスタッフによるXシリーズ写真展


(ITmedia)
http://camera.itmedia.co.jp/dc/articles/1406/05/news025.html

シルクギャラリー 成瀬優 染色作品展


会期:11月26日(火)〜12月1日(日)
会場:アートコンプレックスセンター(東京都新宿区)
http://silkgallery.jpn.org/Exhibition.html
http://silkgallery.jpn.org/Welcome.html
http://www.gallerycomplex.com/info/index.html


私は東京西新宿で着物や帯を染める工房を主催しています。25歳で脱サラして飛び込んだ「染め」の世界で弟子を10年やって独立して24年になります。


初めての大規模な個展を東京のアートコンプレックスギャラリーで開催いたします。2013年11月26日から12月1日までの6日間です。


通常着ていただいているような着物や帯の新作も見ていただきたいのですが、今回110cm×170cmの染額絵を10点作りましてこちらを特にご覧いただけたらと。


二年ほどかけて染めて来たのですが、この間の私の脳裏に浮かんだ「フクシマ」をテーマにした連作です。市井の一作り手に何ができるか分かりませんが、何事かに突き動かされるようにして制作してきました。


工芸全般のご多分に漏れず「染色」の世界も縮小が進み、なかなかまとまった発表を見てもらう機会が減っています。次世代の若い人たちが現物に接することがなくなってしまっている訳です。そんな状況に微力ながら一石を投じられたらと思います。


来年還暦を迎えるのですが、先輩諸兄の中には80代90代の方も数多くいらっしゃるので未だに「若手」なんて言われていてこっぱずかしいのですが、あと最低でも20年間は走り続けていきたいとは思っています。


ただ、小生が「お香典」を持っていくことはあっても、わたしの番の時にそういったものが集まってくる見込みはあまりないのですが、「数」ではないさ、これはという無鉄砲な若いやつが出てきてくれたら、と思ってます。


若いときは上の人たちにずいぶんと批判的な眼差しを向けたものです。しかし、もうそういうことは有り得ません、自分がそんな矢面に立たされるだけです。そんなわたしの個展です。100坪の広いスペースをお楽しみいただけたらと思います。(成瀬優)


訪問着・初音の調度

訪問着・初音の調度


フクシマ・みんな見ている

フクシマ・みんな見ている


フクシマ-トウキョウ

フクシマ-トウキョウ

〜手から手へ展関連企画〜「異郷の絵本作家たち 降矢奈々×フィリップ・ジョルダーノ」


会期:11月1日(金)〜11月15日(金)
会場:コニカミノルタプラザ ギャラリー(東京都新宿区)
http://www.konicaminolta.jp/plaza/schedule/2013november/ehon/index.html

京都アートフェスタ artDive 2013


会期:10月26日(土)・27日(日)
会場:京都市勧業館『みやこめっせ』
http://www.artdive.net/


京都アートフェスタでは、絵画や写真、イラストレーションなどの平面作品からファッション・アクセサリー・雑貨まで幅広いジャンルの作品展示・販売が行われる380の出展ブース・ライブペイントブースが会場を埋め尽くし、2日間で10,000人の来場者が見込まれています。

横浜美術館コレクション展2013年度第3期


ともだちアーティスト──収蔵作品でつづる芸術家の交友関係
会期:10月5日(土)〜2014年2月16日(日)木休 年末年始休
会場:横浜美術館(横浜市西区)
入場料:一般500円、大学・高校生300円、中学生100円
http://www.yaf.or.jp/yma/exhibition_col/100/


写真展示室でイタリアの写真家・写真研究者ロレンツォ・メルロ氏旧蔵の「ロレンツォ・メルロ写真コレクション」より、20世紀の写真史を彩る約60点を紹介する。

YouTubeで見つけました!

広告
このページの上部にもどる

アクセス

いろいろな方法でアクセスできます!