「写真を楽しむ生活」のページ頭です

写真を楽しむ生活

写真が好きなすべての人に役立つ情報クリップ。写真展情報は"日本最強"!

カテゴリ ‘本’ のアーカイブ

「林明輝[ドローン]写真集 空飛ぶ写真機 大地から見てきた風景を上空から再発見」を鑑賞した(平凡社、2015、A4変 112ページ)。空撮の写真はいままでも見てきたが、この写真集に収録された作品はだいぶ印象が違う。まさに鳥や昆虫の目線といっていい。セスナやヘリは航空法の制限で150メートル以下に下りられない。ドローンはそれに縛られず自由な撮影ができる。作品集では60余点の臨場感あふれる美しい風景が展開する。画角は35ミリフルサイズ機で16.35ミリ相当だという。望遠の切り取りではない。日本の自然風景を再発見、再認識するという観点からの撮影は、すべて「空飛ぶ写真機」による。


林明輝さんは2013年からドローンを使い始めて、2年間での撮影日数は450日以上、日本全国100か所以上に及ぶ。撮り尽くされたと思われる有名な景勝地であっても、ドローンからは新鮮な風景が見えてきたという。今年5月にソニーイメージングギャラリー銀座で写真展「空飛ぶ写真機 〜ドローンで見た日本の絶景〜」を開催した。ドローンにソニーのα7シリーズを搭載しているからだ。高精細な画像が撮影できるローパスフィルターレスのα7Rがメインで、気象条件や撮影時間帯などによりブレに強いα7IIで撮影という使い分けをしている。軽量ミラーレスのおかげで、一回の飛行時間が20分以上確保できる。


ドローンがあれば誰でも空撮できる、とはいえない。オート機能だけでは、気流の乱高下など自然現象には十分に対応できない。上空から送られてくる映像をモニターで確認しながらフレーミングし撮影するが、機体を安定させるには非常に高度な操作技術が必要だ。露出はマニュアルで固定してあるので、設定の変更はドローンを一旦着陸させて再設定しなければならない。ドローンからの空撮には手間と時間と技術が必要なのだ。最も重要なのは、地上で素晴らしい作品が撮れる感性や技術がなければ、空撮で感動的な作品を撮ることはできないということだ。素人がドローンで作品を撮るのは絶望的にハードルが高い。


ドローンを使った空撮の場合は、基本的には撮影許可が前提となり、その点が一番神経を使ったところだと林さんは言う。ドローンを飛ばせる場所は、道路交通法、航空法そして各自治体の条例などで規制されている。各法令を遵守した上で、ドローンを飛ばすエリアを管理している役所などに注意事項を確認して、撮影許可を取る必要がある。ドローンで撮影された日本列島は美しい。だが、ドローンは使い方によっては非常に危険な代物である。もともと軍事用に開発されたものだ。今さらなる規制が検討されているようだが、それは仕方ないと思う。法に従って写真撮影を楽しんでもらいたい。


林明輝[ドローン]写真集 空飛ぶ写真機 大地から見てきた風景を上空から再発見

林明輝[ドローン]写真集 空飛ぶ写真機 大地から見てきた風景を上空から再発見


< http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4582278191/dgcrcom-22/ >
「林明輝[ドローン]写真集 空飛ぶ写真機 大地から見てきた風景を上空から再発見」

今までに見たことのない「廃墟美」の写真集 中筋純「流転 緑の廃墟」



中筋純「流転 緑の廃墟」を読んだ(アスペクト、2015)。写真集だから、正しくは「鑑賞した」。写真集を見て感動したのは久しぶりだ。


ジャンルとしては廃墟の写真集である。今までも多くの廃墟写真を見てきた。わたしは廃墟に関心があるのだ。こわいもの見たさという気持ちもある。ちゃんとした写真作品もあれば、ネット上の怪しげな画像もある。


廃墟は造形的に面白いと思うが、見て楽しいものではない。むしろホテルや病院、娯楽施設などかつて多くの人が訪れた建物の廃墟は怖い。よくこんな危険な所に踏み込んで、無神経に写真を撮ってきたものだと思う。見ただけで厄災を招きそうな写真もあった。


「流転 緑の廃墟」は、今までに見たことのない「廃墟美」の写真集である。


中筋純「流転 緑の廃墟」

中筋純「流転 緑の廃墟」



中筋純は20年にわたり廃墟写真を撮り続けてきた、この分野の第一人者である。たぶん、わたしも彼の写真を見てきたと思う。


この度の写真集は「緑に覆われた廃墟」をテーマに、北海道の銅山、岡山県の廃校、長崎県の刑務所、三重県のダムなど、さらにチェルノブイリ、そして福島で撮影された、彼の到達点というべきものである。


廃墟が緑に包まれていく現象を廃墟ファンは「ラピュタ化」という。宮崎アニメ「天空の城ラピュタ」から来る、見捨てられた世界が自然の治癒力で再生されていくさまを表す。うまいことを言う。


写真は約120点、横長の本の見開きになる作品もあれば、見開きに縦4点が収容されていたり、白地・黒地のスペースもあったりと、リズムがある。


各作品にはノンブル(ページ番号)しかない。何の情報もない。結局、最後に「鳥取県 若松鉱山 P29」「山梨県 白沢峠 P107」といった一覧があるだけだ。潔いばかりの素っ気なさである。


各作品毎にキャプションがつけば、それなりに納得すると思うが、何もないからくいいるように見つめて、想像を逞しくするしかない。ここで何があったんだ……。


唯一、一瞬でわかったのはチェルノブイリだ。見開きで上半分が青空と雲、下半分が森林と捨てられた団地群、遠景の煙突と……。


「緑は人の営みや記憶には残酷なまでに無関心のようだ。そんな現場に身を置くと文明の挫折という我々側の視点に立った悲壮感に支配されてしまうものだが、覆い尽くす緑は人間の非力さを嘲笑することもなく、ただただやさしく輝き続ける」(あとがき)。


中筋純は廃墟ではとても豊穣で柔和な時間の中にいたという。今まで廃墟は「死」だと思ってきたが、廃墟は「生」でもあった。植物の、緑の。


まさか廃墟写真に癒やされるとは思ってもみなかった。水平・垂直がビシッと決まった廃墟写真はとても気持ちがいい。もちろん、きれいだけどやっぱり怖い写真も含まれるのであった……。
                               (写真を楽しむ生活・柴田)


中筋 純「流転 緑の廃墟」アスペクト
< http://www.aspect.jp/isbn/?k=978-4-7572-2382-0 >


仕様:B5判 128ページ オールカラー
定価:2,300円+税 発売日:2015年3月20日
発行:株式会社アスペクト


岡山県 竜山鉱山

岡山県 竜山鉱山


静岡県 峰の沢鉱山

静岡県 峰の沢鉱山


兵庫県 自動車教習所跡

兵庫県 自動車教習所跡

渡部雄吉写真集 張り込み日記 Stakeout Diary


「張り込み日記」は昭和33年、東京を舞台にした刑事捜査に密着し撮影された作品です。茨城県で発生したバラバラ殺人事件は、遺留品の足取りから捜査は茨城水戸から東京に場所を移しました。 茨城県警と警視庁捜査一課との合同捜査が行われました。渡部がついた捜査官は、警視庁捜査一課のベテラン刑事と、県警の新米刑事の二人組でした。いまだ戦後の空気を濃密に孕んだ東京下町を二人の刑事が、聞き込みから張り込み、時には休息のひと時をとる姿を渡部はカメラに収めました。


この作品は2011年にフランスの出版社から発表されました。神保町でロンドンの写真ディーラーが発見したプリントが持ち帰られたことにより、日本ではほぼ忘れ去れてたいた写真が復活したのです。日本版となる今作品は、日本で保存されていたネガから新たにプリントを制作して、編集も新たに選び直したものです。


9月5日発売予定 4200円 roshin books
http://roshinbooks.com/books.html


渡部雄吉写真集 張り込み日記


人見将写真展“審美”(Kindle版)


Art Gallery M84は、作品展の様子や出展作品を、記録として残したいとの想いから、作品展の内容をフォトブック(電子書籍)としてkindleストアから出版。フォトグラムという古典的な技法による「窓から見た風景」や、スキャングラム技法等による34点からなる作品集。1000円。
http://artgallery-M84.com/


人見 審美

Joy To the Camera 舞アートフォト
伊藤ひかる
itohikaruphoto@gmail.com


誠に僭越ですが、「いきなりRAW現像」という RAW現像の解説・トレーニング電子ブックを下記のデジタルコンテンツ販売サイト「ブックアス」から発売させていただきました。


もしも一眼レフカメラなどRAWにて撮影できるカメラをお持ちでしたら、立ち読みコーナーもありますので、ちょっと覗いてみていただけないでしょうか。
http://www.bookus.jp/


全285ページ PDF形式 サンプル写真82点付き 3,000円
発売元(運営会社) 川崎インターネット株式会社 


数年前から、撮ったままの写真(JPEG形式データ)の色味が気に入らなくなりました。いくらホワイトバランスを調整しようが、Photoshopを覚えようが解決できません。


あるプロ写真家からはRAWで撮りなさいとのアドバイスがありましたが、なんかデータ量が大きくて面倒かも、ソフトの操作が難しそうとRAW撮影・現像を避けておりました。


ですが、いよいよのっぴきならなくなり、やむなくRAW撮影・現像をしてみたところ、意外にも簡単、手早い、ほぼ思い通りの色味に調整できる、しかもトーンカーブ、マスク、レイヤーとかの難しい操作はまったく必要なしでした。


なぁーんだ、こんなことならばもっと早くからRAWで撮っておけば良かったと残念の極みでした。


それでもっと理解しようとRAW現像の解説書を探したのですが、これも意外なことに見つからないのです。ならば、自分で作っちゃえと思ってできたのが「いきなりRAW現像」なのです。


もうひとつ意外にことに、RAW現像するとさほど良くない写真、失敗写真が作品になってしまいました。加えて、JPEG写真をRAW現像をするととても面白いです。というより、はまりました。ということも「いきなりRAW現像」に書いてあります。


虹の両端がある写真を偶然にも撮りました。初めてのことなのでとても幸せな気持ちです。
http://www.joytothecamera.com/20120528Rainbow/


実はこれもRAW現像済みです。「いきなりRAW現像」に記載してあるような用語の解説はありませんが、RAW現像の概要がお分かりいただけると思います。
http://www.joytothecamera.com/20120528Rainbow_Raw/

「高良健吾 海」鈴木心


俳優・高良健吾と写真家・鈴木心。それぞれの分野で次代を切り拓く活躍をする両名が、ともに表現者として一対一で向き合い、既成の写真集にはない存在感を求めた。
http://www.akaaka.com/publishing/books/bk-koura-shin.html
→アマゾンで購入するなら
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4903545679/dgcrcom-22/


「四季麗奏」上杉満生


生命力に満ちた自然、連綿と繰り返される厳しく愛おしい営み。魂に語りかけ、いつまでも飽きることなく眺めていたい風景がここにある。
http://ja.wikipedia.org/w/index.php?oldid=29953301
→アマゾンで購入するなら
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4838199805/dgcrcom-22/

YouTubeで見つけました!

広告
このページの上部にもどる

アクセス

いろいろな方法でアクセスできます!