「写真を楽しむ生活」のページ頭です

写真を楽しむ生活

写真が好きなすべての人に役立つ情報クリップ。写真展情報は"日本最強"!

●夏の高校野球甲子園大会で、たまたま明豊の校歌を聞いてちょっと違和感を覚えた。「夢を あきらめないで 勇気 自分を信じ 愛を その手で 育てながら」といった歌詞で、地名も学校名も出て来ない。まるで校歌のイメージがなく、歌謡曲みたいに軽々と歌っているのだ。「なんだこれは、KANか、南こうせつか」と思わず口に出したら、高校野球ファン(マニア)で開催中はずっとテレビをつけっぱなしにしている妻が「当たり。知らなかったの? 明豊の校歌は有名だよ」と言う。サイトで確かめたら、南こうせつとその嫁の作曲・作詞で、生徒や先生になかなか評判だとある。校歌といえば学校名か、地名か、ゆかりの何かのキーワードが出てきて、やや古めかしく、格調高いのが普通である。わが浦和西高校の校歌を思い出すと「埼玉(さきたま)のたまいとほしみ」「あゝ武蔵野に匂うむらさき」なんて歌詞が出て来る。「あゝ秩父嶺に彩う綾雲」「あゝ荒川に歌う瀬鳴りよ」なんて2番、3番までは正直覚えていなかったが。懐かしいなあ。思わずおセンチに(死語か)。一般的な言葉だけで綴られた、青春応援歌みたいな明豊の校歌もありだとは思うが、誇り高い自分の学校をあらわすキーワードがまったくないのは物足りないのではないか、なんて感じたがよけいなお世話だろう。誇りを持って朗々と歌ってください。ところで、誇りといえば、国旗・国歌に誇りと敬意を持たない民主党って、本当に日本の政党なのか。矜持(自分の能力を信じていだく誇り)を持たない驕児(思い上がって勝手にふるまう若者)としか思えないのである。(柴田)
http://www.meiho-beppu.jp/kouka/kouka.html 明豊の校歌


●「ルビコンの決断」を観た。「大阪のおばちゃん」二人が、市民オンブズマンとなって行政の「これ、おかしいんとちゃうん?」を、行動力と経理歴30年の視点とでメスを入れるもの。縁故採用、赤字バス、清掃費……。彼女らは役所の反発を感じながらも、大阪の「おかしいんとちゃう?」を減らすべく突き進む。清掃日報のはんこの並びから、カラ清掃を突き止めたり、縁故採用の証拠となる資料がないと断られても、来年の資料は作れるよね、来年また来るからね、と立ち去ったり。で、清掃委託されていた外郭団体が解散したり、縁故採用の温床となっていると言われている部門の採用が5年間凍結されたり。再現ドラマがそこらのドラマより面白く、わくわくする。「大阪が好きだからつぶれてほしくない。趣味だからやれるのよね」と語る彼女らはとても頼もしい。そして、行政は何やってんの? である。たぶん今日の22時からBSジャパンで再放送。あ、値切りと場所(新世界)は、わざとらしくてどうかと思ったが。値切る大阪人ばかりじゃないし、市役所に行った後に、新世界まで行かないって! 距離ありすぎ。水都大阪よろしく!(hammer.mule)
http://www.tv-tokyo.co.jp/rubicon/backnumber/090820.html
ルビコンの決断
http://www.suito-osaka2009.jp/nakanoshima/lightup/
たとえば

“2009-8-26”には2 レスポンス

  1. 2009-8-26http://bit.ly/EGXpA

  2. 2009-8-26http://bit.ly/EGXpA

コメントをどうぞ

ご意見お待ちしております!

情報の誤り、リンク切れなどございましたら、お手数ですが、この欄もしくは情報提供フォームからお知らせください。

CAPTCHA


YouTubeで見つけました!

広告
このページの上部にもどる

アクセス

いろいろな方法でアクセスできます!