「写真を楽しむ生活」のページ頭です

写真を楽しむ生活

写真が好きなすべての人に役立つ情報クリップ。写真展情報は"日本最強"!

りはめより100倍恐ろしい (角川文庫)
著者:
アマゾンレビュー
欲しいものリストに
●木堂椎「りはめより100倍恐ろしい」を読む(角川書店、2006、2007文庫化)。インパクトあるタイトルの意味は「(いじ)りは(いじ)めより」だと初めて知った。中学時代はいじられ続けた主人公は、高校生活を平穏に過ごしたい、いじられたくない、いじられないためにはなんだってやると、部活の仲間一人をむりやりいじられキャラに仕立て上げるが、やがて陰湿ないじりグループの口撃の次の標的は自分に。当時17歳、高校在学中にケータイで書いたというこの作品。とにかく読めたものではない文体で、読んでいるときの苦痛と忍耐とむかつきは半端じゃない。半分くらいまで来たら物語の展開がおもしろくなり、文体にも慣れて来たのでその後は一気に読めた。オチもうまいが後味はよくない。しかし、本書が言いたいところの「り」と「め」の違いが実感できない。わが世代にいじりはなかった(と思う)から、この本に書かれたいじりはイジメと変わらないと感じる。共感はまったくできないが、これを読んでいまの中高生って気の毒だと思う。
コールドゲーム (新潮文庫)
著者:
アマゾンレビュー
欲しいものリストに
同時に、荻原浩「コールドゲーム」を読む(新潮文庫、2008)。これもイジメがテーマ。高3の夏、主人公の中2時代の級友が次々と襲われる。犯行予告の内容からトロ吉(廣吉)が浮かび上がる。中2当時、クラス中の残忍なイジメの標的だったトロ吉が、復讐を開始したのだ。主人公らは防衛隊を結成し、警察に頼らずトロ吉を探し始める。後に「イジメ報復殺傷事件」と呼ばれるこの出来事の顛末はなかなかスリリングで、最後まで緊張が続くサイコ・サスペンスだ。実行犯の意外な正体、うまいものだ。トロ吉の復讐にやや共感を覚えるのに対し、防衛隊の連中の軽い言動にはほとんど感情移入できない。生徒諸君、いじめられたらすぐ反撃するのがいちばん有効だ。外交という戦場においても、やられたら倍返しだ、できるのか、岡田克也。(柴田)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4043863012/dgcrcom-22/
アマゾンで「りはめより100倍恐ろしい」見る(レビュー2件)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4101230315/dgcrcom-22/
アマゾンで「コールドゲーム」見る(レビュー33件)


●このメルマガの公式サイトの情報をtwitterで発信している。やっとフォロワー数が10人を越えた。どんな人が読んでくださっているのかわかるのは嬉しい。面白そうな人を探して、つぶやきをフォローしたいと思いつつ、他のことに追われてなかなかできない。いろんな形で「写真を楽しむ生活」という情報を利用してもらえたらと思っていて、そのためにメルマガだけでなく、PCや携帯、iPhoneやiPod touchでのアクセス、RSSやtwitterなどで受信してもらえたらなと。良い情報なんだけど、パソコンで読むより、通勤時間中に携帯で情報収集したいな〜なんて人、最近twitterで情報収集しているから、という人に使ってもらいたいです。サイトには簡単な投票、YouTubeで見つけた動画なんてものあるので、良かったらPCにもアクセスしてみてください〜。(hammer.mule)
http://twitter.com/photo_life  twitter
http://photo.dgcr.com/  サイト

“2009-9-7”には1レスポンス

  1. 2009-9-7http://bit.ly/P3mzI

コメントをどうぞ

ご意見お待ちしております!

情報の誤り、リンク切れなどございましたら、お手数ですが、この欄もしくは情報提供フォームからお知らせください。

CAPTCHA


YouTubeで見つけました!

広告
このページの上部にもどる

アクセス

いろいろな方法でアクセスできます!