「写真を楽しむ生活」のページ頭です

写真を楽しむ生活

写真が好きなすべての人に役立つ情報クリップ。写真展情報は"日本最強"!

●またくだらない映画DVDを見た。パッケージを見れば、だいたい見当がつくから、できるだけくだらないのを選んでレンタルする。くだらないのを承知で見るのだが、期待しているくだらなさとズレがあると疲れるだけだ。「アホリックス」を見た。「マトリックス」のパロディであることは一目瞭然だが、ストーリーがよくわからない、眠気を誘う退屈な映画だった。まあ、ストーリーがわかっても意味ないほどのくだらなさだったが。たしかに「マトリックス」で見たようなVFXシーンがあるし、ネオやトリニティーによく似た二人も出て来る。だが、この二人は天然の阿呆とニューハーフ。モーフィアスに擬した黒人は顔はいかついが背がとっても低い。エージェント・スミス風の連中もただのバカ。ほかにもハリウッド大作のいくつかをいじっているようだが、よくわからない。日本語吹き替えは下品にふざけっぱなし。クスリとも笑えない。くだらなさにもほどがある。あきれたことにシリーズ作「アホリックス リローデッド」も出ている。毒食わば皿まで(意味が違うか)、全品100円のサービスデーにレンタルしてみるか。(柴田)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000PWQS9U/dgcrcom-22/
アマゾンで見る(レビュー10件)


●家電。LABI 1で目星をつけ、価格をチェック。カカクコムでも価格調査はしたものの、結局、数年前からおつきあいのあるジョーシンの店員さんから買ったよ。その店員さんの売り上げになればと思ったのに、ジョーシンは歩合制じゃないんだって。ボーナスの査定には関係するらしいけれど。歩合制だと店員同士ぎくしゃくするようになるらしい。長時間商品説明して売り込み、いったん帰ったお客さんがその店員がいない別の日に買っちゃったら、売り込んだ店員はやりきれないよねぇ、と。メーカー担当が説明する後ろに、商品知識のない店員が並んで、購入時にだけ担当して売り上げにしちゃう量販店とかあるらしいよ。今回、店員さんが得意としている商品を紹介してくれるとはわかっていても、細かくアドバイスしてくれたり、ニーズに応じて勧めてくれたり、モノによってはメーカー担当を呼んでくれたり。その店舗で取り扱いをやめた商品は、きっとマージン低いんだろうけど、取り寄せしてくれることになったり。「駆け引き嫌いだから」と言われ、別のお店の価格とサービス(長期保証やポイント)を聞かれた。極力それに合わせてくれたよ。納品に関しても。ほんと価格だけじゃないんだよね。客になる時、自分の仕事のやり方を考えるようになるなぁ。(hammer.mule)

“2009-9-16”には1レスポンス

  1. 2009-9-16http://bit.ly/tDvOp

コメントをどうぞ

ご意見お待ちしております!

情報の誤り、リンク切れなどございましたら、お手数ですが、この欄もしくは情報提供フォームからお知らせください。

CAPTCHA


YouTubeで見つけました!

広告
このページの上部にもどる

アクセス

いろいろな方法でアクセスできます!