「写真を楽しむ生活」のページ頭です

写真を楽しむ生活

写真が好きなすべての人に役立つ情報クリップ。写真展情報は"日本最強"!

●意味がよくわからない、そして不愉快な宝島社の新聞見開き広告。マッカーサーのあの有名な写真に、「いい国つくろう、何度でも。」というコピー。なんと6つの新聞に掲載された。いつも意表をついた派手な広告で業界内では評価が高いが、金満の宝島社がいい気なもんだといつも思う。広告意図は「敗戦や災害など、これまで幾度となく苦境に直面してきた日本。(略)『いい国作ろう、何度でも。』この投げかけを通じて、日本人が本来持っている力を呼び覚ましてみたいと考えました。」とあるが、なぜ9月2日なんだ。なぜマッカーサーなんだ。元帥がパイプをくわえて厚木に下りたのは1945年8月28日である。9月2日は降伏文書調印の日だ。日本の国柄壊滅の始まりの日だ。アメリカにとって「都合の『いい国』作り」着手の日だ。嗚呼、この写真の使用は神経を逆撫でする。この広告意図なら、3.11被災地の写真を用いてもっと早いタイミングで掲載されるべきだったと思うが、無能居座り首相のいる間はこのコピーは使えなかったものな。まあ、あざとい宝島社がそういうまともな広告は出さないだろう。どじょう内閣の発足の日だからエールのつもりなのか。いろいろ深読みさせられる広告だ。ところで、どじょうは危険を察知すると泥にもぐって姿を隠そうとする。なんか期待できないイメージの内閣である。(柴田)
http://tkj.jp/company/ad/2011/#ad_area03 宝島社広告


●「ぱふ」がしばらく休刊。活動再開の際には〜とあるので、本当の休刊なのかも。/おらはデザインに時間がかかるだ。調査やら何やらをし、方向性が決まるまでに時間がかかりすぎる。以前やったのとは違う(本人比)のがやりたいとかってのもある。アイデアがふくらみ、めっちゃいいものになるぞ〜とワクワクする。迷いが出てくる。お客さんの好きなデザインじゃないかも、とか、受け狙いってはずしたらキツいよなぁ、とか、コンセプトを理解してもらえないかも、とか。そしてそのアイデアを実現するのには、途方もない時間がかかることを作業しながら感じ、締め切りのため、あちこち削り結局ミニマムに。短納期のものでもクオリティ下げずに仕上げる人は本当に偉い! いや、反省すべきは自分だ。作業に時間をとるべきなのだ。そうなのだ。ペース配分が大事なのだ。アイデアを形にするのは、本当に難しいのだ。これを形にできる人が凄い人なのだ。バカボンのパパは41歳なのだ。サザエさんは24歳なのだ。銭形警部は29歳なのだ。(hammer.mule)
http://www.zassosha.co.jp/  ぱふ

“編集後記………9月2日(金)”には1レスポンス

  1. 編集後記………9月2日(金) http://t.co/s1EvgbG

コメントをどうぞ

ご意見お待ちしております!

情報の誤り、リンク切れなどございましたら、お手数ですが、この欄もしくは情報提供フォームからお知らせください。

CAPTCHA


YouTubeで見つけました!

広告
このページの上部にもどる

アクセス

いろいろな方法でアクセスできます!