「写真を楽しむ生活」のページ頭です

写真を楽しむ生活

写真が好きなすべての人に役立つ情報クリップ。写真展情報は"日本最強"!

●読売の名物コラム「編集手帳」で紹介されていたので、これはぜひ読んでみたいなと思い、妻からも買ってきてと言われていながら入手できなかった本「他人の何気ない一言に助けられました」を図書館で見つけたので、ようやく手に取ることができた(中央公論新社、2011)。普通の書籍より横幅が小さい160ページほどの軽装版。白地が目立ちすぎる行間スカスカ本だ。これで1,000円とは値頃感ゼロではないか。でも、本は内容次第だと気を取り直し、あっと言う間に読了。あっけないほど少ない情報量。「300万人が泣いた魔法の言葉」と表紙にあるのだから、感動で泣けて泣けて……の期待もむなしく、掲載されたエピソードは確かにいい話、いい言葉だとは思うけれど、あまりに平凡なものばかりだ。言い古された表現も多い。これは読売の女性向けサイト「発言小町」にアップされた投稿をお手軽にまとめただけの手抜き本だ。ストレスや孤独感にさいなまれる人たちが、ネット上で読めば快い内容かもしれないと理解するが、意地悪爺さんのわたしは、この程度で感動できるのなら安易な人生だ、未熟者め、と悪態を吐く。つくづく思う。若い人よ、主婦よ、無駄なネットやる時間があるなら、まともな本をたくさん読みなさい。そのほうがずっと豊かな人生になる。こんな本が売れていて、4刷になる
という。「編集手帳」が誉めたてたのは身内の商売だったからなのか。(柴田)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4120041875/dgcrcom-22/
→アマゾンで見る(レビュー3件)
http://www.yomiuri.co.jp/editorial/column1/news/20110908-OYT1T01167.htm
読売 編集手帳 9月9日 さすがにうまい!


●予約しておいた「KBC-L54D」が届いた。モバイル機器をUSB2系統充電ができる。以前この後記で書いたら、震災時に役立ち、それから持ち歩いているという話をしてもらって、私も忘れず持ち歩こうと決めた。朝から外出すると、夜には電源が勝手に切れているiPhone。2年間毎日フルで使い続けていたし、裏で動かしているタスクが多かったり、GPS使っていたり、外でもWi-Fi切るの忘れてたり、メールの着信をBoxcarで知らせるようにしていたりと、電池が保たない。モバイルブースターの新製品が出るというので買うことにした。届いて最初に思ったのは、142gなのに重いなぁと。iPhoneにカバーつけて181gなのに、モバブーの方が重く感じるのは、見た目が白くて軽そうに見えるからかもしれない。(hammer.mule)
http://panasonic.co.jp/sanyo/news/2011/07/21-1.html
KBC-L54D

“編集後記………9月9日(金)”には1レスポンス

  1. 編集後記………9月9日(金) http://t.co/4GF0A7T

コメントをどうぞ

ご意見お待ちしております!

情報の誤り、リンク切れなどございましたら、お手数ですが、この欄もしくは情報提供フォームからお知らせください。

CAPTCHA


YouTubeで見つけました!

広告
このページの上部にもどる

アクセス

いろいろな方法でアクセスできます!