「写真を楽しむ生活」のページ頭です

写真を楽しむ生活

写真が好きなすべての人に役立つ情報クリップ。写真展情報は"日本最強"!

●今朝は山中伸弥京都大学教授のノーベル賞受賞のニュースで賑わっているはずだったのに、どうしたことだ。でも、まだ他分野にも有力候補がいるから、期待の数日である。中国の「孔子平和賞」は国際的にばかにされ消滅。いい気味だ。/わたしのきらいな「ら抜き」言葉だが今後は、出れる、着れる、来れる、これら話し言葉はしかたなく許すが、書き言葉ではダメよという寛容の精神をもって当たることにした。もちろん「食べれる」なんて幼稚な表現はNGだ。「れ足す言葉」と「さ入れ言葉」というのもあるそうだ(「日本人の知らない日本語」で知った)。前者には「書けれる」「読めれる」などが、後者には「帰らさせていただきます」「歌わさせていただきます」などがあり、確かに最近たまに聞こえてくるが、これらも珍妙過ぎる表現だ。早期に刈り取る必要があると思う。わが家は一階で、娘の一家は高層階。だから子どもらは幼稚園や小学校から、まずはわが家に帰って来る。外で遊んでいるときも、おやつやトイレはわが家に来る。なんという便利な存在だろう。幼稚園児が「なかなかつかえるね」と言うのには笑った。どこで覚えたんだ。(柴田)


●マスキングテーププリンター「こはる」。ちょっと欲しい。このkawaiiならわかる。ハンコ好きで、全然使い道のないハンコを集めたり、消しゴムで作ってみたりした。きれいな包装紙やリボンを、集めるものの使わなかったり。引っ越しする時にだいぶ処分したが、マスキングテープはそういう自分の嗜好にぴったりで、ほとんど使う機会はないだろうプリンターまで欲しくなっている。使わないものを持っていても仕方ないのよ、自分! 処分の時の罪悪感を忘れてはいけない! あー、可愛いなぁ、これ。『マスキングテープの本』のレビューから引用。「そもそもマステが戦前のアメリカの自動車工場出身だとは知りませんでした。でも、のちに日本では和紙の伝統を生かし、もっと使い勝手のいいものが開発されて、逆に今ではアメリカへ輸出されているとは、日本の伝統文化はすばらしい!」(hammer.mule)
http://www.kingjim.co.jp/sp/coharu/movie.html
マスキングテーププリンター「こはる」
http://www.masking-tape.jp/main.php
マスキングテープ
http://kobefushigi.com/index.php?id=68  
マスキングテープ活用法
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4072620882/dgcrcom-22/
→「マスキングテープの本」をアマゾンで見る(レビュー7件)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4054043879/dgcrcom-22/
→「マスキングテープ活用貼」をアマゾンで見る(レビュー3件)

“編集後記………10月4日(火)”には1レスポンス

  1. 編集後記………10月4日(火) http://t.co/3E3LYBnx

コメントをどうぞ

ご意見お待ちしております!

情報の誤り、リンク切れなどございましたら、お手数ですが、この欄もしくは情報提供フォームからお知らせください。

CAPTCHA


YouTubeで見つけました!

広告
このページの上部にもどる

アクセス

いろいろな方法でアクセスできます!