「写真を楽しむ生活」のページ頭です

写真を楽しむ生活

写真が好きなすべての人に役立つ情報クリップ。写真展情報は"日本最強"!

編集後記………7月10日(火)

2012/07/101 コメント

●宮沢章夫のエッセイ集「素晴らしきテクの世界」を読む(筑摩書房、2012)。2007年から1008年にかけてwebちくまに掲載された「テクの思想と、その展開」をまとめたものだ。序章をふくめて10章にわたり、テクニックの略であるけれどどこか違う「テク」の「思想」について、いつものようにだらだらクドクド書かれている。この作者の文章はずいぶん読んだ。しかし、読み込んでもなにも得るものはないから、もうこれっきりにしようといつも思う。だが、新しいタイトルを見つけるとつい手が出てしまう。


とにかく、宮沢章夫はくどい。うんざりするほどくどい。空前絶後のくどさだ。しかも話題の展開がかなり強引だ。芸術的とさえ言える。妻はわたしに文句を言う時、5秒ですむ話を120秒くらいかける。同じ台詞を繰り返す。こんな念入りにくどい女だとは思わなかった。当然イライラさせられて無用な口答えをして、火に油を注ぐ結果になるのは毎度おなじみだ。しかし、宮沢章夫のくどさや無理な展開は、ふしぎに気持ちがいい。読んでも絶対に役にたたないことがわかっていても、くだらないことにつきあっているという自覚があっても、つい文字を追ってしまう。これはもう中毒症状ともいえるだろう。悪い(けど素敵過ぎる)女に絡めとられているみたいだ(そんなことなかった一生だけど)。


「それにしても、と私はつくづく思う。人生いたるところに『テク』ありだ。誰が語った言葉か知らないが、というか、いま私が思いついた言葉だけれど」というテクの論考として、「リコーダーの男、その他の男」「葬儀の席に必ずいるバカ親戚」「さっしのいいファッションモデル」「墓地えらび墓づくり」「旅の流儀」など興味津々のタイトルとなって並ぶ。だが、宮沢章夫のおもしろさは、ばかばかしいどうでもいい些細な事柄に向けた視点だと思う。テーマ性を持つと、むりやりひねくり出しているような感じもする。書いていてそんなに楽しくなかったのではないか、そんな読後感である。(柴田)


http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4480815082/dgcrcom-22/
→アマゾンで見る(レビュー1件)


●カブトムシ。ツノ曲がりな子になったと以前書いた。その後しばらくして、まったく表面に出て来ず、物音がせず、昆虫ゼリーが減らず、絶望的になった。静かでも会えなくてもかまわないが、えさが減らないってことはそういうことだ。食べなくなって三日目、家人に掘り出してもらうように頼んだ。死体に直面するには、私には受け入れ態勢が整っていない。


幼虫の時期は気持ち悪いといいながらも、だんだんと可愛く見えてきた。成虫になってからは、あの独特の「昆虫のにおい」がして、脚やら体のテカテカから少しゴキブリを連想してしまう。やっぱり昆虫なんだなぁ〜と思ったりした。カブトムシの幼虫を育てるようになってからの日課は、生きているかどうかの確認作業だった。表面にひっくり返っていて動かないからと騒いだりした。ネットで調べ、詳しい人に聞き、YouTubeを検索しと右往左往。


腐ったにおいはしないけれど、昆虫だからほ乳類のようににおわないのかもしれない。見ていられないからと別の部屋にいたら、家人から「動いてるぞ、元気だぞ」と。え、でも、全然食べないし……と掘り返した土を見たら、あるわあるわ、表面が土だらけの偽装されたゼリーの残骸が。安堵とともに怒りが(笑)。迷子になった子供を見つけた親の心境だ。


ゼリーがくぼみにはまる木のえさ皿を用意。これで土偽装ゼリーはなくなった。マルカンの昆虫ゼリーをあげていたが、調べていて評判の良かったダイソーの「キングゼリー」をゲット。三種類あったゼリーの最上級タイプ。栄養満点らしい。ヨーグルト味と書かれてあって、カブトムシってヨーグルトが好きなのか? と疑問を持ちつつあげたら、ほとんど完食。そして元気になったせいか、繁殖期に入ったのか、ケースフタ裏にまでよじ上り暴れまくるようになった。長生きできるだろうかと心配していたが、今のところ元気だ。 (hammer.mule)


http://www.marukan.org/catalog/?no=3&l_no=4
むしの友ゼリー50。パインはあまり食べない
http://yamaarasinodilemma.blog25.fc2.com/blog-entry-248.html
キングゼリー。書かれてあった知らない単語「デュビア」を検索して後悔した
http://pets-e.com/492_55.html
これのOEM?
http://blogs.yahoo.co.jp/kingofzipang2007/18283231.html
オスには黒糖味のゼリーで十分なのかも


http://www.kaigaihannou.com/archives/11106435.html
「これどんな魔法だよ?」 
ボールペンだけで描くイラストへの海外の反応
http://www.cinematoday.jp/page/N0043875
「午前0時の映画祭」著作権保護期間が終了した名作映画をUSTREAMで。
http://www.47news.jp/CN/201207/CN2012070901002176.html
英判事が「格好良くない」 サムスン特許侵害認めず
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2012070901001711.html
大阪府と市、アートディレクターを特別参与に
http://www.taharasoichiro.com/cms/?p=844
なぜ橋下市長は大飯原発再稼働を容認したか。東京のメディアが取り上げない真実とは
http://alfalfalfa.com/archives/5667352.html
中国製 VS ドイツ製
http://www.lifehacker.jp/2012/07/120709dehydration.html
脱水症状のサインと対策を夏本番前におさらい
http://d.hatena.ne.jp/aureliano/20120709/1341817731
若い頃先輩が教えてくれた、なんでも譲り渡すというライフハック

“編集後記………7月10日(火)”には1レスポンス

  1. 編集後記………7月10日(火) http://t.co/VSJEEiBf

コメントをどうぞ

ご意見お待ちしております!

情報の誤り、リンク切れなどございましたら、お手数ですが、この欄もしくは情報提供フォームからお知らせください。

YouTubeで見つけました!

広告
このページの上部にもどる

アクセス

いろいろな方法でアクセスできます!

Twitter

    Photos

    Kaminarimon.PrintNature Tree 紅葉狩り No People Beauty In Nature Nature Camera Camera Work Sapporo,Hokkaido,Japan Autumn 円山公園 Forest 紅葉 Autumn Leaves Leaf Beauty In Nature Tree Food円山公園 Camera Work Camera Nature 紅葉 Autumn Autumn Leaves Sapporo,Hokkaido,JapanNo People Tree Nature Beauty In Nature Camera Camera Work Sapporo,Hokkaido,Japan Autumn 円山公園 Forest 紅葉 Autumn Leaves Beauty In Nature Leaf Nature TreeTree Beauty In Nature Leaf Autumn Leaves 紅葉 Forest 円山公園 Autumn Sapporo,Hokkaido,Japan Camera Work Camera Beauty In Nature Nature Tree No People 紅葉 😚 紅葉狩りJinrikishas Near Sensō-ji.Fujica ST Broadway Pantages Theater