「写真を楽しむ生活」のページ頭です

写真を楽しむ生活

写真が好きなすべての人に役立つ情報クリップ。写真展情報は"日本最強"!

2012年12月のアーカイブ

写真展スケジュールをギャラリーごとに一覧形式にしました。
PDF形式ですので、印刷して持ち運びいただけます。


※編集上の整理のためにつくったもので、まだ不完全です。
※実際にお出かけの際は、必ず各会場のサイトを参照して、電話で確認をされることをおすすめします。
無休のギャラリーと定期的に休館のギャラリーがあります。このカレンダーには休館日を記載していません。
※このカレンダーをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。印刷方法はAdobeサイトをご覧ください。




地域ファイル最終更新日
新宿区1■■2013/01/24
新宿区2■■2013/01/11
千代田区・中央区1■■2013/01/18
千代田区・中央区2■■2013/01/23
港区1■■2013/01/15
港区2■■2013/01/28
渋谷区1■■2013/01/28
渋谷区2■■2013/01/28
中野/杉並/目黒/台東/江東/板橋■■2013/01/15
都下・横浜・鎌倉・さいたま■■2013/01/11
船橋・追加■■2013/01/23
北海道・東北■■2013/01/11
関東・中部■■2013/01/15
中部・近畿■■2013/01/06
近畿■■2013/01/15
近畿・中国・九州・追加■■2013/01/06
追加■■2013/01/28

「年忘れ大オヤジ展」


石川澄・演奏充彦・熊谷正・坂本秀徳・佐々木俊正・中島健・萩谷茂・福井一男・山門恭彦・山口一彦
会期:12月25日(火)〜12月30日(日)
会場:三日月ギャラリー(東京都新宿区)
http://www.cl.bb4u.ne.jp/~mikaduki/


日本大学芸術学部写真学科 管ゼミ(Team DEBO) ASAKUSA─甦る浅草─


会期:12月25日(火)〜12月28日(金)
会場:ギャラリーアートグラフ(東京都中央区)
http://blog.livedoor.jp/shashinkosha/archives/55541579.html

写団どんぐり四季の彩り


会期:12月18日(火)〜12月24日(月)
会場:かなっくホール ギャラリー(横浜市神奈川区)
http://kanack-hall.jp/info/2012/12/003883.html


神奈川県高等学校文化連盟写真専門部第39回高校生写真展


会期:12月22日(土)〜12月27日(木)
会場:横浜市民ギャラリー(横浜市中区)
http://www.yaf.or.jp/ycag/calendar/main.html


さいたま写友会・写真展


会期:12月24日(月)〜12月28日(金)
会場:さいたま市民ギャラリー(さいたま市浦和区)
http://www.city.saitama.jp/www/contents/1057632505994/
http://www.city.saitama.jp/www/contents/1057632505994/files/24-12-2.pdf

北海道武蔵女子短期大学 単独写真展


http://www.sapporo-shimin-gallery.jp/schedule.php
会期:12月26日(水)〜12月28日(金)
会場:札幌市民ギャラリー(札幌市中央区)

ケイタイ写真展4


会期:12月28日(金)〜12月30日(日)
会場:Photo & Art Gallery プシュケ(名古屋市中区)
http://gallerypsyche.web.fc2.com/exhibition.html


GRTの仲間達写真展


会期:12月28日(金)〜1月9日(月)
会場:ワキタギャラリー(名古屋市中区)
http://www.kk-wakita.co.jp/05photogallery.html

岩合光昭写真展「ねこ」


会期:12月27日(木)〜1月9日(水)
会場:近鉄百貨店 奈良店(奈良市)
入場料:一般・大学生500円、中学・高校生300円
http://www.d-kintetsu.co.jp/store/nara/2012exhibition_iwagou/index.html


あうすがんぐ写真展


会期:12月26日(水)〜1月8日(火)
会場:京都ぎゃらりい西利(京都市東山区)
http://www.nishiri.co.jp/topics/gallery/


第6回ギャラリーアビィ・オールスターズ戦


会期:12月21日(水)〜12月29日(土)
会場:ギャラリー・アビィ(大阪市中央区)
http://g-avi.com/


白川義員写真展「永遠の日本」


会期:12月27日(木)〜1月8日(火)
会場:阪神梅田本店8階催場(大阪市北区)
入場料:一般500円、学生300円、小学生以下無料


1975年の第1回写真展「アメリカ大陸」に始まり4年ぶり11回目にあたる今回、白川義員写真展「永遠の日本」を開催いたします。前人未到の世界143カ国と南極を一周した白川義員氏が日本の、現状に嘆つつも「日本の自然は、どこまでも鮮烈で荘厳で永遠なのだ」という事実を、この写真展で表現しています。


名山・名瀑、湖沼・森林・渓谷、高原・湿原、海浜・島嶼の4部構成、全130点を厳選して展示しています。また、白川氏自ら会場で作品解説を行い、講演会、サイン会と盛りだくさんの企画を用意しております。さらに作品集、開催記念図録、今回の催事限定の2013年カレンダー、ポストカード、写真集など物販コーナーも併設します。
http://www.hanshin-dept.jp/hshonten/special/shirakawa1212/index.html/


「白川義員作品集 永遠の日本」(小学館)
http://www.shogakukan.co.jp/pr/eternal/


■地球という巨視的レンズで捉えた100年後に残したい日本


白川義員(よしかず)をご存知ですか? 『世界百名山』でその名を知る方も多いでしょう。1969年の作品集『アルプス』以降、“地球再発見による人間性回復へ”を撮影理念に、シリーズ10作にわたる前人未到の偉業を成し遂げてきた、世界的写真家です。


なぜ白川が世界的写真家といわれるのか? 史上10人目の全米写真家協会・最高写真家賞受賞者(1981年)だということでおわかりでしょうか。


でも、「前人未到の偉業」と称される理由はその撮影スタイルにあります。「人類が初めて見たであろう原初の地球の姿を写しだす」ことを目標にテーマを設定。各作品に平均4〜5年の時間と多大な撮影費用をかけ、誰も撮りえなかった風景を極限までフィルムに収めるという、壮大なスケールで写真家活動を行ってきた希有な存在だからです。


たとえば『聖書の世界』では、すべて聖書に記述されたその現場で撮ると決めて、およそ不可能とされていたイラン、イラクの軍事基地から許可を取得、旧約聖書の冒頭創世記の舞台、メソポタミア全土での撮影に初成功。その後、ここは紛争地域となり誰も現地に入れません。


『世界百名山』では関係各国の協力を仰ぎ、エベレスト山頂へ夜明け前に飛び立って360度周回し、最も美しい角度から撮るという離れ業をやってのけます。「地球上で百名山すべてを自分の眼で見た人間は白川だけ」と言わしめる圧倒的な写真集になったのです。


白川が長年温めていた企画が『永遠の日本』でした。第1作のアルプス撮影直後には決めていましたが、めまぐるしく変化する世界情勢の中で「今しか撮れない地域」の撮影が続き、満を持して取り組んだのは2007年のこと。構想40年、シリーズ第11作目となっていました。


以来、取材5年、撮影地点4万6600か所。取材費4億円を投じて空から陸から海から、単独で日本列島を徹底的に撮り下ろした中から選りすぐった402点が、この一冊に収録されています。


もちろん、撮影の苦労は並大抵ではありません。「地図を見れば、どこからどう撮るかのイメージはできる」という白川は、日の出や月の入りの角度を詳細に調べ、何時にどの位置で待機するかを決めてヘリやセスナを飛ばします。


各地の協力者に積雪や紅葉の状況を確認しながらスケジュールを調整。それでも天候やその年の気候によって思うようにいかないことはたびたびです。さらに、日本では飛行の時間規制が厳しくて撮影は難航。


さまざまな制約を乗り越え、これが日本なのか! と誰もが驚く、凄絶なまでの大自然の迫力が写しだされました。幻想的な日の出や多島海の夕景、千変万化な四季の彩りなど、繊細な作品も数多くあります。


「地球の大半は砂漠、日本ほどみずみずしく美しい大地はない。この風土が日本人の繊細な感性や美徳を育んだということを、今こそ現代人に再発見してほしい」──世界143か国と南極大陸で撮影をしてきた白川義員の実感です。


100年後の日本人へと伝え残したい日本の風土が凝縮された「永遠の日本」の姿をぜひご覧ください。


[庄野三穂子 小学館出版局 学芸編集]

「ライカS」「バリオ・エルマーS 30-90mm」「ズマリットS 70mm CS」の発売日が決定


(デジカメWatch)
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20121220_579687.html


PENTAX 645Dが「D FA645 MACRO 90mm F2.8 ED AW SR」の手ブレ補正機能に対応


(デジカメWatch)
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20121220_579603.html


ソニー、Camera Appsに「タイムラプス」と「シネマフォト」を追加 〜NEX-6、NEX-5Rで使用可能。日本語入力「POBoxキーボード」も


(デジカメWatch)
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20121220_579717.html


トランセンド、UHS-I対応の64GB SDXCメモリーカード


(デジカメWatch)
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20121220_579677.html


GARIZ、ソニー「NEX-5R」用ボディケース


(デジカメWatch)
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20121220_579658.html


マンフロット、限定色のミラーレスカメラ用バッグ


(デジカメWatch)
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20121220_579590.html


ベネトン、ミラーレス向けバッグインバッグなど


(デジカメWatch)
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20121220_579634.html

キヤノンEOS 6D 〜気軽に使える“真面目な”フルサイズ機


(デジカメWatch)
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/review/newproduct/20121221_579715.html



ミニマムボディから最高画質、そのギャップがたまらないフルサイズコンパクト──ソニー「DSC-RX1」


(ITmedia)
http://camera.itmedia.co.jp/dc/articles/1212/20/news135.html



デジカメアイテム丼 ポラロイド「Z2300」〜楽しさを持ち歩けるインスタントデジカメ


(デジカメWatch)
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/review/item/20121221_579728.html


コダックが約442億円でデジタル写真処理の特許などを売却、その背後にはApple・Google・Microsoftなど


(GIZMODO)
http://gigazine.net/news/20121220-kodak-patent/


2012年注目したカメラ&トピックス(ライターmi2_303編):デジタルカメラはオンリーワンを選びたい


(ITmedia)
http://camera.itmedia.co.jp/dc/articles/1212/20/news020.html


写真に写る、何か。あるカメラ女子の写真的日常 第3回 どんぐりと写真


(女子カメWatch)
http://www.watch.impress.co.jp/headline/docs/extra_watch/girlscamera/20121220_579394.html


結果発表!! 「2012年デジカメWatch読者環境調査」


(デジカメWatch)
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/special/20121220_579627.html


写真で見る新型27インチiMac:欲しいのは薄いiMac? それとも、薄くて大きいiMac?


(ITmedia)
http://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/1212/21/news032.html


Instagramにとって代わるベストアプリ6選


(GIZMODO)
http://www.gizmodo.jp/2012/12/instagram6.html


50台の一眼デジカメを円筒形スタジオに張り巡らせて撮影する「The 24×360 project」


(GIZMODO)
http://gigazine.net/news/20121220-bullet-time-with-camera/

ネットで豊富な素材から楽しく年賀状作成、印刷は自分で


(NIKKEI TRENDY NET)
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/20121218/1046441/


Amazonの新型7インチタブレット「Kindle Fire HD」を使ってみた


(eBOOK USER)
http://ebook.itmedia.co.jp/ebook/articles/1212/21/news020.html


書道家・武田双雲氏と開発、初心者向け筆ペンが売れている


(NIKKEI TRENDY NET)
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/20121218/1046436/

●「写真を楽しむ生活」を発行しているデジクリは明日から長い冬休みに入ります。2013年は1月11日(金)にスタート予定です。その間、「写真を楽しむ生活」は不定期に発行予定です。2013年1月の全国写真展カレンダーは、年内にサイトにアップします。また、サイトも不定期に更新します。


●Kindle Paperwhite 3Gが届いた。別売りのACアダプタは2週間以上前、とっくに着いていた。初期設定は超簡単だった。電源を入れて、言語選択して、Wi-Fi接続をスルー。アカウントを確認(ちゃんと本人の設定になっているんだから驚き)。TwitterとFacebookの接続をスルー。チュートリアルを見て完了。あっけない。本当にこれでいいのか。


書籍を買ってみた。3G回線を使い、Kindleストアでの書籍購入が簡単にできる。3G回線使用料は無料、設定も不要だ。おそるおそるトライしたら、あっという間にわたしのKindleに書籍がダウンロードされた。もっとも、本選びはそんなに楽ではなく、検索するため画面上のキーボードを使うが、わたしはスマホやタブレットを用いないから指で入力するのが遅い。打ち間違い頻発。


めんどうくさいので、その後はMacのAmazonサイトから青空文庫版の無料本を数冊購入(無料本を購入ってのもヘンだが)。発送先がKindleなので、即刻手元のKindle上に本が出現する。これは気持ちいい。だが、電子書籍は意外に高い。こんなはずではなかったというくらい。コミックは高いうえに、6インチ画面では読みにくい。Kindleではコミックを読む気にはならない。


早速、與謝野晶子訳「源氏物語 桐壺」を読んでみた。もちろん縦書き。ルビの付き方なども紙の本と比べて違和感はない。明朝とゴシックのフォントもきれいだ。Kindleを手に室内外を移動、明るくても暗くても読みやすい。ベッドで読むのに最適だ。Kindleを使えば、何度も何度も挫折した[源氏物語」を今度こそ完読できるかもしれない。しかも青空文庫版だから無料で。とりあえず、これが第一印象である。この休みにいろいろいじってみたい。(柴田)


http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B007OZNYMU/dgcrcom-22/
→アマゾンで見る(レビュー 221件)


●『Kindle Paperwhite 3G』が欲しくなってきた……。『iLiad』は持っているし、いま全く触っていないからいらないはずなんだけど。iPhoneやiPadもあるしなぁ。『Wii U』も『Wii』は置物になっているのに気になるのよね……。


福引き。くじ運はいいほうだと思う。一番いいのはうちの母なん
だけどさ。昔から上のほうの賞をよく当ててきたから。


近所でのくじ引き。引っ越ししてきた最初の年は、お芝居のチケットが2セット(2つの演目×ペア)。ああ、そういえば、激戦チケットのプレオーダーなども当たったりする。当たるのはたいてい人のためのチケットだけど。翌年はファッションビルで使える金券、一等。今年はというと、数日前に家人のためのくじ引きで、今は販売されていないお目当てのレア・フィギュアをゲット。


おととい、人に託されたくじを引いてみた。懐かしいガラガラ。白、赤、白、白、白。赤が出た時には鐘が鳴らされた。おお! と思ったら、そのショッピングビルの金券100円だった……。


来年は皆様も私もどどーんと当たりますように、人生で。あ、いいほうに! (hammer.mule)


http://www.est.co.jp/iliad/
iLiad。もう売られていない

照井啓悟・坂本太士写真展「仮定<過程I>」


会期:12月21日(金)〜12月23日(日)
会場:CROSSROAD GALLERY(東京都新宿区)
http://www.roonee.com/schedule/


齊藤優作「そのあとに」


会期:12月21日(金)〜12月28日(金)
会場:ニコン新宿サービスセンターフォトスクエア(東京都新宿区)
http://www.nikon-image.com/support/showroom/servicecenter/shinjuku/photosquare.htm


千葉県立船橋高等学校 定時制の課程写真部「篝火VII」


会期:12月21日(金)〜12月28日(金)
会場:ニコン銀座サービスセンターフォトスクエア(東京都中央区)
http://www.nikon-image.com/support/showroom/servicecenter/ginza/photosquare.htm


2012年報道写真展


会期:12月15日(土)〜12月24日(月)入場無料
会場:日本橋三越本店 本館7階催物会場(東京都中央区)
http://www.mitsukoshi.co.jp/store/1010/houdou/


米津光写真展「Landscape」


会期:12月21日(金)〜1月28日(月)日祝休 12/29〜1/6休
会場:キヤノンギャラリーS(東京都港区)
http://cweb.canon.jp/gallery/archive/yonezu-wood/index.html


2013年版キヤノンカレンダー写真作家・古市智之写真展「創世の息吹」Chronicle of 20 years BONIN


会期:12月26日(水)〜2月5日(火)日祝休 12/29〜1/6休
会場:キヤノンSタワー 2Fオープンギャラリー(東京都港区)
http://cweb.canon.jp/gallery/archive/furuichi-bonin/index.html

上毛写真連盟第41回上毛写真展


会期:12月21日(金)〜12月26日(水)
会場:高崎シティギャラリー(群馬県高崎市)
http://www.takasaki-bs.jp/gallery/moyoosi.html#moyoositennji

東北大学写真展 12月展


会期:12月21日(金)〜12月24日(月)


第4回フォト・バイオグラフィー「道」


会期:12月21日(金)〜12月26日(水) 
会場:せんだいメディアテーク(仙台市青葉区)
http://www.smt.city.sendai.jp/event/calendar/2012/12/?24

第58回JPC全国写真展覧会フォトコンテスト発表展


会期:12月21日(金)〜12月27日(木)
会場:富士フイルムフォトサロン名古屋(名古屋市中区)
http://www.fujifilm.co.jp/photosalon/nagoya/12122101.html


第13回柳蛙会写真展


第19回港写友会写真展


会期:12月21日(金)〜12月26日(水)
会場:ワキタギャラリー(名古屋市中区)
http://www.kk-wakita.co.jp/05photogallery.html

AMSスタッフ展


会期:12月21日(金)〜12月26日(水)
会場:A’BOX GALLERY(京都市中京区)
http://www.amsnet.co.jp/ams/photo/services/gallery_info/


galleryMain運営メンバー展 鍋田政宏写真展


会期:12月21日(金)〜12月30日(日)
会場:gallery Main(京都市下京区)
http://www.gallerymain.jpn.org/top.html


青木ミチオ「90代の感性」


会期:12月21日(金)〜12月28日(金)
会場:ニコン大阪サービスセンターフォトスクエア(大阪市北区)
http://www.nikon-image.com/support/showroom/servicecenter/osaka/photosquare.htm


風花の会作品展・第16年展「花舞台」


第10回「はばたく大阪」フォトコンテスト入賞作品発表展


会期:12月21日(金)〜12月27日(木)
会場:富士フイルムフォトサロン大阪(大阪市中央区)
http://www.fujifilm.co.jp/photosalon/osaka/12122101.html
http://www.fujifilm.co.jp/photosalon/osaka/12122102.html


「KLASSEの世界」展


会期:12月21日(金)〜12月27日(木)日祝休
会場:富士フイルムフォトサロン福岡(福岡市博多区)
http://www.fujifilm.co.jp/photosalon/fukuoka/12122101.html


フォトカフェ企画展「神戸生まれのふね」


会期:12月21日(金)〜12月29日(土)
会場:フォトカフェ(神戸市中央区)
http://www.eonet.ne.jp/~photocafe/

山と森の精霊 高千穂・椎葉・米良の神楽 展


会期:12月6日(木)〜2月22日(金)日祝/年末年始休
会場:LIXILギャラリー(東京都中央区)
http://www1.lixil.co.jp/gallery/exhibition/detail/d_002192.html

現行フルサイズAFレンズ一覧──ニコン編


(デジカメWatch)
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/review/special/20121219_579352.html


「イベント用」など、低価格なクリップオンストロボ用ディフューザー


(デジカメWatch)
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20121219_579417.html


独特なインターフェイスが特徴の高機能フォトレタッチアプリ「Snapseed」上下左右のスワイプ操作で写真を加工。iOSで人気のレタッチアプリのAndroid版が登場


(窓の杜)
http://www.forest.impress.co.jp/docs/serial/androidlab/20121219_579264.html

新製品レビュー ニコンD5200 正常進化したバリアングル液晶モデル


(デジカメWatch)
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/review/newproduct/20121220_579470.html


気になるデジカメ長期リアルタイムレポート PENTAX Q10【第4回】Q10 vs Qの兄妹対決──ISO感度編


(デジカメWatch)
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/review/longterm/20121220_579487.html


追加投資なし、ミラーレスでイルミをキラキラ撮る方法


(ITmedia)
http://camera.itmedia.co.jp/dc/articles/1212/19/news042.html


荻窪圭の携帯カメラでこう遊べ:1630万画素+光学式手ブレ補正で“シャープ史上最高画質”に─「AQUOS PHONE ZETA SH-02E」


(ITmedia)
http://camera.itmedia.co.jp/dc/articles/1212/18/news139.html

2012年注目したカメラ&トピックス(カメラマン永山編):手が届く価格帯になった「フルサイズ一眼」のススメ


(ITmedia)
http://camera.itmedia.co.jp/dc/articles/1212/19/news122.html


アイテムバスケット 手ぶれを防ぐ! iPhoneでバルブ撮影もできるリモートシャッター


(女子カメ Watch)
http://www.watch.impress.co.jp/headline/docs/extra_watch/girlscamera/20121219_573475.html


PS3用「PlayMemories Studio」に、4K送出機能が追加 〜高精細写真を4K対応84型液晶テレビに表示可能


(デジカメWatch)
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20121219_579436.html


マピオン、「日の出と日の入り」のガイドアプリにiPhone版


(デジカメWatch)
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20121219_579419.html


デジタルカメラマガジン1月号の一部がPDFで無料公開 〜田中希美男氏によるメーカーインタビューなど


(デジカメWatch)
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20121219_579391.html


主要カメラメーカーの2013年の商品戦略に関するインタビュー


(デジカメinfo)
http://digicame-info.com/2012/12/2013-9.html


富士フイルム、写真印画紙の価格改定を2013年2月以降に実施


(アサヒカメラ.net)
http://www.asahicamera.net/info/photographnews/detail.php?idx=306


同じ形状のものがたくさん集まると別のものに見えてくる。クリエイティブな集合写真


(カラパイア)
http://karapaia.livedoor.biz/archives/52106472.html

YouTubeで見つけました!

広告
このページの上部にもどる

アクセス

いろいろな方法でアクセスできます!

Twitter

    Photos

    Ikebukuro shopping districtIkebukuro nightlandIkebukuro nightlandIkebukuro nightlandIkebukuro nightlandIkebukuro shopping districtIkebukuro nightlandIkebukuro nightland