「写真を楽しむ生活」のページ頭です

写真を楽しむ生活

写真が好きなすべての人に役立つ情報クリップ。写真展情報は"日本最強"!

2014年02月28日のアーカイブ

趣味の構造美の巻


齋藤 浩


私において美の基準とは、「機能する、意味のある構造か否か」をさす。さらに“装飾”を持たず、できれば作り手に下心がないことが加わればパーフェクトだ。


そんな構造美を見つける度に撮影していたところ、気がつけばかなりの量になっていた。それらをできるかぎり美しく=構造がわかりやすいようモノクロ表現に統一し、少しずつまとめている。


今回はその中から10年前に撮ったものを中心に何点かご紹介いたします。


由緒正しい木造商店建築。昭和の構造。くどいくらいに「たばこ」を主張する点はとくに評価していない。


001


道路と水路の関係。地形の美学。垂直に交わる道路と水路だが、橋に相当する部分に内輪差を見越した(?)微妙なナナメ面が追加されているところが面白い。水路の脇に無粋なネットやガードレールがない点も高く評価。


002


水とともに暮らす町では、水のありがたさと恐さを親から子へきちんと伝えていくのだ。そうすることにより、代々同じ景観を共有できる。これは素晴らしいこと。


円形の庇と柱。シンプルな美。門司港にて。


003


美トラス! 旭川にて。リベットのパターンも美しいし、なにより力を分散し、バランスをとりあっている様子が視覚的に伝わるところがイイ。
 
004


美灯台! 北海道だったことは間違いないんだけど、どこだったか忘れました。とにかくシンプルな構造と陰影が美しいと思い、シャッターを切りました。


005


風車。旭川から稚内へ向かう途中に立ち寄った風力発電用風車群。旅の途中、時間を変えて二度訪れたのだが、光の違いで印象がまるで異なることに驚いた。


006


ミニマルな構造美。最近はズームレンズを全く使ってなかったけど、こうしてみるといいものだなあ。


タイヤ。群馬県某所。構造美というよりも、無意識の構成美かな。ただ積んであるだけなんだけど、もしここに美しく積もうという意思が介在したら、けっして自然な印象にはならないはずだ。


ゴム臭を思い出しながら現像していたら、かなり濃いめに仕上がった。
 
007


階段。構造が美しいのはもちろんだが、トリミングがうまくいった! と思う。沖縄にて。


008


今回の写真はいずれもエントリー系の一眼レフ+高倍率ズームで撮影したもの。こうしてみると、構図に気持ちを集中していたなあ、と思う。


ここ数年、その緊張感から離れたくてレンジファインダーカメラばかり連れ歩いていたけど、機材が変わると写真も変わるものなのだなあと改めて認識いたした次第。


さて後から気づいたことなのですが、これらはいずれも撮ることを目的として出向いた結果ではなく、カメラを持って歩いていたときにたまたま見つけた物件です。


広告写真なんかは、最終的なイメージに向けて無作為を演じつつ作為的に撮るけど、無作為な構造美は撮影する側も最初から下心を捨てていた方が納得のいく絵が得られるような気がしました。


旅も目的地よりも、その過程のほうが印象に残ったりするものだしね。



『趣味の構造美』の続きです。前回は10年ほど前に撮った写真中心でしたが、今回はここ1〜2年に撮った「装飾を持たず、必然から生まれた構造物のコレクション」を紹介したいと思います。


あの小惑星探査機『はやぶさ』や宇宙帆船『イカロス』等の通信施設としても有名な、臼田宇宙空間観測所のパラボラアンテナ。直径64メートル。はやぶさが行方不明になっていた際、発見の手がかりとなる微弱な電波を受信したのもこの『うすださん』。後姿もたのもしい。


・うすださん


SONY DSC


友人の事務所を訪ねて某ビルの9階に出向いた際、外階段から見下ろした風景がこれ。何世代も前から生きながらえていた木造家屋の瓦屋根が、絶妙なグラフィックパターンを見せてくれた。


昔はあたり一面がこんな感じだったのだろう。こういった日本独自の美が失われているのは寂しいかぎり。


・先週水曜の瓦屋根


002-1


U字溝ブロックを並べて車止めにしている。この物件には以前からミニマルな美を感じていたのだが、先日しゃがみ込んで覗いてみたところ、「スターウォーズ」のデススター攻略線的パースペクティブ! な世界だった。


「おお!」とか感嘆の声をあげながらシャッターを切るオレの姿は、さぞ怪しかったことだろう。通報されなくてよかった。


・デススター的


003-1


神楽坂にて発見。人が上り下りするうちに、石がすり減って独自の曲面が生まれるような例は知っていたが、これは左官屋さんがノリで作った印象がある。


そして踏み面すれすれに窓が。窓に合わせて階段ができたのか、階段に合わせて窓ができたのかは不明。


・とろける階段


004-1


尾道にある美しい階段。こんど行くときは、超広角レンズで全体像を記録したいところ。


・扇形階段


SONY DSC


究極のミニマルな美だと思う。この写真を絶賛してくれる人がいる反面、そうでない人も多数。


世代交代による土地の切り売りの影響か、地方都市においてスライスされた木造建築をよく見かける。四半世紀前の東京がそうだったように、この駐車場もほんの少し前までは昭和な佇まいの家屋と庭だったのだろう。


経済主導で風景がなくなるのは嘆かわしいことであるが、この瞬間に限って言うなら、真新しい駐車場のペイントとスライスされた家屋の断面に時代の境界を感じなくもない。まあただの壁と地面と言われちゃあそれまでなのだが。


・尾道の駐車場の壁
 
SONY DSC


同じ駐車場脇の壁ではあるものの、おそらく尾道とは異なるシチュエーションで出現したと思われる。


店舗拡張かなにかで後から駐車場を作ったところ、本来人目にさらす予定のなかった隣家の壁面が公の場に、というパターンだろう。化粧気もなく素朴だが、油絵のタッチのような力強さを感じる美壁。


・軽井沢の駐車場脇の壁


SONY DSC


某公園にて。仲のよい恐竜がみんなで同じ方向を向いてる。面白い彫刻だなあ! と思ったけど、よく見たらそういう訳でもないみたい。


ネタをばらせば、ベンチの骨組みだけ残ったものだが、このような、“作為”とは無縁の立体造形こそ、かえって印象に残ったりする。公園といえば唐突に裸の銅像が立ってたりするけど、オレはこの恐竜の方が好き。


・恐竜×3


008-1


今回の写真は50年前のフィルムカメラで撮ったものもあれば、最近のデジタル一眼レフで撮影したものもあります。


しかし、いずれもあまり考えすぎず、素直にシャッターを切ったものはわりと思いどおりに撮れてるものだなあ、などと思う今日この頃です。


とくにデジタルカメラの場合は撮ってすぐに画像を確認できるので、一枚目を参考に二枚目以降は冷静に構図や露出を微調整してゆくものですが、イイ! と思った感動は後になるほど薄れるらしく、ほとんどの場合一枚目が“当たり”でした。


この『趣味の構造美』、気がつけばけっこうな量になっていたので、日の目を見せるべく某写真コンペに出品してみようかと思います。


無事写真展までこぎつけたあかつきには、皆様のご来場を心よりお待ちしております。オリジナルプリントの販売もできたらいいなあ。夢はおおきく。


【さいとう・ひろし】saito@tongpoographics.jp
http://tongpoographics.jp/


1969年生まれ。小学生のときYMOの音楽に衝撃をうけ、音楽で彼らを超えられないと悟り、デザイナーをめざす。1999年tong-poo graphics設立。グラフィックデザイナーとして、地道に仕事を続けています。

菊池真未写真展「消えていく前に」


会期:3月25日(火)〜3月30日(日)月休
会場:TOTEM POLE PHOTO GALLERY(東京都新宿区)
http://tppg.jp/


月に一本フィルムを使うの会


会期:3月21日(金)〜3月23日(日)
会場:CROSSROAD GALLERY(東京都新宿区)
http://www.roonee.com/crossroad/


中央大学文化連盟写真研究部有志「Q」


会期:3月25日(火)〜3月30日(日)
会場:Roonee 247 photography(東京都新宿区)
http://www.roonee.com/


勝又公仁彦「Plura-Monism」展


会期:3月8日(土)〜4月12日(土)日月火祝休
会場:KOKI ARTS(東京都千代田区)
http://www.kokiarts.com/


堀井ヒロツグ写真展「Voices」


会期:3月10日(月)〜3月22日(土)日休
会場:Art Gallery M8(東京都中央区)
http://artgallery-m84.com/?p=500


/(slash)─shuntaro


会期:3月5日(水)〜3月23日(日)月火休
会場:72 Gallery(東京都中央区)
http://tip.or.jp/slash.html


resist写真塾OB写真展「ex.resist vol.2」


出展:星玄人・川本健司・谷本恵・大谷次郎・奥田敦史・竹内弘真
会期:3月14日(金)〜3月23日(日)
会場:Galaxy-銀河系(東京都渋谷区)
http://resist-action.blogspot.jp/2014/02/resist-ob-exresist-vol2.html
http://resist-action.blogspot.jp/2014/02/the17resistance-exresist-vol2.html


・トークイベント「展示者とゲストによる座談会」
ゲスト:間島秀之(アサヒカメラ副編集長)、調文明(写真史/写真批評)、鷹野隆大(写真家)、町口覚(アートディレクター/パブリッシャー)
3月16日(日)18:00〜20:00 参加料500円 ドリンク500円


・トークイベント「写真家を志す人たちへ」
吉永マサユキ(resist写真塾塾長)×森山大道(resist写真塾特別講師)対談
3月21日(金/祝)19:00〜21:00 参加料500円 ドリンク500円


・クロージングパーティー&スライドショー”THE 17 RESISTANTS”
歴代参加者17名がresist後に取り組んできた作品を持ち寄り、スライドショーをおこないます。サウンドはDJ PUNKADELIXが担当。スライドショー後はDJ PUNKADELIXのDJ SETによるクロージングパーティーを。
3月22日(土)19:00〜22:00 参加料1000円 1drink付き


K lovers photographers TOKYO展


会期:3月11日(火)〜3月16日(日)
会場:ギャラリーコスモス(東京都目黒区)
http://gallerycosmos.com/

ふるさと・見沼田んぼ写真展 2014


会期:2月25日(火)〜3月9日(日)
会場:プラザイースト(さいたま市緑区)
http://www.saitama-culture.jp/plazaest/index.html
https://www.facebook.com/kikuchimotoki


フラワーセンター 大船植物園 春の気配


会期:3月5日(水)〜3月30日(日)月火休
会場:ギャラリー北鎌倉物語(鎌倉市)
http://kitakamakura-monogatari.com/

竹内喜和写真展「東日本大震災・被災地の真実〜いわて・みやぎ・ふくしま〜」


会期:3月3日(月)〜3月23日(日)水休
会場:おうちごはんCafe たまゆらん(京都市左京区)
https://www.facebook.com/events/678511518860504/

近く開かれる写真展(デジカメWatch)


青野浩治写真展「棕櫚(シュロ)の庭」


(エプサイト)
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/exhibition/20140227_637141.html


田中司写真展「37℃の余韻」


(iia gallery)
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/exhibition/20140227_637145.html


金川晋吾写真展「home for the aged」


(銀座ニコンサロン)
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/exhibition/20140226_637116.html


写真展「Landscape」─ここに、風景写真の答えがある!─


(リコーイメージングスクエア銀座)
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/exhibition/20140228_637135.html


山田愼二写真展「maasai」


(キヤノンギャラリー)
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/exhibition/20140228_637120.html

PENTAX K-50に「55-300mm」付レンズキットが追加


(デジカメWatch)
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20140226_637122.html


ライカ100周年を記念した「ライカS Edition 100」レンズ2本とリモワのケース付属


(デジカメWatch)
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20140227_637196.html


「ライカXバリオ」に新色のシルバーが追加


(デジカメWatch)
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20140227_637195.html


キヤノン、「EOS Kiss X70」を3月13日に発売


(デジカメWatch)
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20140227_637282.html


連続撮影4時間30分、4つのタフネス性能を備えた全天候型ビデオカメラ“Everio”「GZ-RX130」


(ITmedia)
http://camera.itmedia.co.jp/dc/articles/1402/27/news120.html


チノン、8mmカメラ風フルHDレンズ交換式カメラ「Bellami HD-1」の近日発売を予告


(AV Watch)
http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20140226_637152.html


ニコン、D600「黒い粒」現象の無償対応を保証期間外にも適用


(デジカメWatch)
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20140226_637048.html


日本語選択できない「PENTAX MX-1」が国内出荷される


(デジカメWatch)
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20140227_637368.html


RAW現像ソフトSILKYPIXがニコン「D3300」や「FUJIFILM X-T1」に対応


(デジカメWatch)
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20140227_637355.html

新製品レビュー FUJIFILM X-T1 プロユースも視野に入れたXシリーズ新機軸


(デジカメWatch)
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/review/newproduct/20140228_637349.html


交換レンズ百景:解像感と近代的なボケを両立した大口径単焦点──ソニー「Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA」


(ITmedia)
http://camera.itmedia.co.jp/dc/articles/1402/28/news030.html


デジカメドレスアップ主義 クラカメ風デジカメの真打ち登場 FUJIFILM X-T1 + Macro Switar 50mm F1.8 AR


(デジカメWatch)
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/review/dressup/20140227_636921.html


たった6千円弱の「マクロリングライト」を試してみた マクロ撮影できれいに光を回してみよう


(上海問屋でGO!)
http://www.watch.impress.co.jp/donya/DN-82384.html


メーカーを問わずRAW画像を扱える多機能なRAW現像ソフト「RawTherapee」現像パラメーターの調整のみならず諸収差も容易に補正可能


(窓の杜)
http://www.forest.impress.co.jp/docs/review/20140227_637199.html

インタビュー サンディスクに聞く「UHS-II」エクストリームプロカードの実力


(デジカメWatch)
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/interview/20140227_637210.html


iPhoneの写真を“雑誌風”にレイアウト!「想い出アルバム」


(女子カメWatch)
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/girlscamera/news/20140226_637020.html


デジタルカメラ総合販売ランキング(2014年2月10日〜16日):5万円切りが見えてきた「D5200」レンズキットが人気上昇


(ITmedia)
http://camera.itmedia.co.jp/dc/articles/1402/24/news046.html


クラウドって100%信用できます? “大事なデータは金庫で保管”の時代です


(NIKKEI TRENDY NET)
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/20140226/1055525/

お知らせ 「写真を楽しむ生活」の発行を、本日2500号を以て休止することにしました。いままでのご愛読ありがとうございました。


本メルマガの創刊は2002年8月ですから、11年半継続したことになります。また2009年からサイトを公開してきました。日本で唯一、ギャラリー名を縦軸に、日付を横軸に配し、日本中で開催される写真展と会期を一覧できる「全国写真展カレンダー」をサイトに掲載して好評を得てきました。


日本中の200を超えるギャラリーサイトに行って、月ごとの写真展スケジュールを調べ、全国写真展カレンダーに書き込み、データベースに情報を投入します。この作業をひとりでコツコツやり続けて来ましたが、最近はさすがに疲労が激しくなってきました。けっしてサクサク順調に進む作業ではないからです。


サイトに行けばすぐに必要な情報が得られるわけではありません。一か月先までキチンと情報があるサイトは、全体の半分くらい。カメラメーカー系のギャラリーはほぼ完璧ですが、なぜか貸しギャラリーをビジネスとしているところのサイトがいまひとつなのです。


なかなか情報が掲載されないのが一番の困りもの。チェックのため、毎日訪問しなければならないサイトがいくつもありました。写真展なのに写真が掲載されていない。タイトルだけでは何の展示かわからない。サービス業であるはずのギャラリーのサイトが、お客さん(写真展主催者)に全然サービスしていない。広報の義務を怠っている。こんなことでいいんでしょうか。


新しいギャラリーがどんどん増えて来ました。サイトに行って情報を拾い上げデータベースに入れ、カレンダーに反映させる。いままでは楽々やってきたことが、この頃はだんだん能率が低下し、やってもやっても追いつかないような気分になってきました。面白いからやってきたことが、なんだか義務的になってきたのです。このへんでリセットしないと、楽しいメルマガ、楽しいサイトができなくなると思いました。


というわけで、いったんメルマガの発行を停止することにしました。続行か、停止か、昨年末から悩んできましたが、決め手は通巻2500号という区切りでした。停止ですから、また走り出す可能性もあります。サイトの方は、当面週何回かの更新で続けるつもりです。ただし、最大の売り物であった「全国写真展カレンダー」はありません。まことに残念です。(柴田)


今後は「写真を楽しむ生活」サイトをごらんください。


http://photo.dgcr.com/


姉妹誌「日刊デジタルクリエイターズ」もよろしく!


http://blog.dgcr.com/mt/dgcr/

YouTubeで見つけました!

広告
このページの上部にもどる

アクセス

いろいろな方法でアクセスできます!

Twitter

    Photos

    My CollectionHakodate Night ViewsKonica Kanpa!Go with your gut!Live Paint at Design FestaArtist Recording Live Painting ProcessOn Assignmentカシェ・バルジ | ACRU