「写真を楽しむ生活」のページ頭です

写真を楽しむ生活

写真が好きなすべての人に役立つ情報クリップ。写真展情報は"日本最強"!

カテゴリ ‘展覧会/イベント’ のアーカイブ

キヤノン、「ミラノサローネ」に出展。『NEOREAL』体感映像の原動力──キヤノンデジタルイメージング


http://canon.jp/milano2010/

生誕100年記念、「世界のクロサワ」の魅力に迫る 映画監督黒澤明の企画展


(マイコミジャーナル)
http://journal.mycom.co.jp/news/2010/02/18/052/

第2回恵比寿映像祭 歌をさがして


http://www.yebizo.com/
会期:2月19日(金)〜2月28日(日)
会場:東京都写真美術館/恵比寿ガーデンプレイス センター広場ほか(東京都目黒区)
内容:恵比寿映像祭は、年に一度、10日間にわたり東京都写真美術館全館を使って、展示、上映、ライヴ・イヴェント、講演、トーク・セッションなどを複合的に行うことを通じて、映像分野における創造活動の活性化と優れた映像表現やメディアの発展を過去から現在、そして未来へといかに継承していくかという課題について、今あらためて問い直し、対話を重ね、広く共有する場となることを目指します。(詳細はサイトを参照)


映画監督・篠田正浩の足跡と世界を回顧-フィルムセンターにて企画上映


(マイコミジャーナル)
http://journal.mycom.co.jp/news/2010/02/17/065/

第13回文化庁メディア芸術祭


http://plaza.bunka.go.jp/festival/2009/information/
会期:2月3日(水)〜2月14日(日)2/9休
会場:国立新美術館(東京都港区)
入場料:無料
内容:アート、アニメ、映像、ゲーム、Web、マンガなど、54ヶ国・地域の2,592作品から選ばれた受賞作品と審査委員会推薦作品を約180点紹介。会期を通して多彩なイベントを予定。


待ち遠しい春「お散歩展」


http://www.mitsukoshi.co.jp/store/2410/ee.html
会期:2月5日(金)〜2月11日(木・祝)
会場:恵比寿三越(東京都目黒区)
内容:「2人で楽しくお散歩」をテーマに、お散歩にぴったりなアイテムを提案。APowerはトイカメラ「HOLGA135TLR」をはじめ、「HOLGA」シリーズを中心に、ピンホールカメラや二眼レフカメラなど多数出品。鈴木商店はオリジナルの紙製組み立て式ピンホールカメラや、カメラやフィルム形のバッグなど。写真家の藤田一咲さんが最新刊「気まぐれカメラブック2」に掲載の写真を例にしたトークショーも開催。

東京藝術大学 先端芸術表現科「卒業|修了制作2010


http://www.sentan2010.com/
会期:1月16日(土)〜1月24日(日)
会場:BankART Studio NYK(横浜市中区)
内容:写真、グラフィック、絵画、インスタレーション、パフォーマンス、イラスト、ミクスドメディア、映像、立体、演劇、メディアート、立体、映画、音楽、電子音響、彫刻など。写真と映像が多い。

「WORKS#04」Jomi Kim/上野王香(複合)


http://www.portgalleryt.com/exhibitions/works4.html
会期:1月18日(月)〜2月6日(土)
会場:Port Gallery T(大阪市西区)


写真で辿る「坂本龍馬の生きた時代」


http://fujifilmsquare.jp/detail/10011601.html
会期:1月16日(土)〜2月25日(木)
会場:ギャラリー「PHOTO IS」(東京都港区)
内容:本写真展においては、この激動の時代を駆け抜けた坂本龍馬の人生を、同時代にともに活躍した人物や当時の地域・風俗などの写真展示にて振り返るとともに、高知県立坂本龍馬記念館などにご協力いただき、生前に残した所持品などのコレクションを展示することで、更なる坂本龍馬の魅力を感じていただける内容となっております。(サイトより)
◇イベント 歴ドル美甘子と学ぶ!「坂本龍馬 幕末歴史検定」
事前対策講座
http://fujifilmsquare.jp/detail/1001160101.html
日時:2月6日(土)14:00〜15:30
会場:FUJIFILM SQUARE(フジフイルム スクエア)
参加料:無料 事前申し込み制

公募グループ展「Unknown possibility 01」(複合)


http://www.gankagarou.com/sche/201001unknownpossibility.html
会期:1月14日(木)〜1月18日(月)
会場:新宿眼科画廊(東京都新宿区)

コニカミノルタプラザ環境企画展「百年海図巻(ひゃくねんうみずかん)」「花と屍」


TEAMLAB★NET×コニカミノルタプラザ
http://konicaminolta.jp/plaza/schedule/2009december/sea/
会期:12月10日(木)〜12月21日(月)
会場:コニカミノルタプラザ ギャラリー(東京都新宿区)
今年度は、テクノロジー、アート、デザインの境界線をあいまいにしながらメディアを超えて活動しているTEAMLAB★NETによる展示『百年海図巻』を開催致します。温暖化による海面上昇を衝撃
の映像体験で感じていただきます。
今後100年間の地球の海面上昇予測から、その様子を体感可能な時間/空間スケールにまで縮めて表現する映像インスタレーション「百年海図巻」(10分間程度)を会場でご覧いただきます。コンピューター上で創り上げた仮想の3次元空間を、日本の古典絵画に見られる先人達の空間認識を探りながら新たな解釈で平面に落とし込んだ映像によって、構成されます。絵巻のような幅約23mの映像がギャラリー空間を満たし、予測数値に基づいて上昇する海面が、鑑賞者を飲み込んでいきます。

第6回エプソンニューフォトフォーラム


http://www.epson.jp/ec/event/photoforum6th/index.htm
写真愛好家がデジタル環境での作品作りを支援するイベント
名古屋会場:12月12日(土)ナディアパークデザインホール
大阪会場:12月19日(土)梅田ステラホール

新宿眼科画廊5周年記念展「exceeds it!」


http://www.gankagarou.com/sche/200912exceedsit.html
会期:12月4日(金)〜12月10日(木)
会場:新宿眼科画廊(東京都新宿区)
内容:写真、イラスト、インスタレーション、立体、音楽、絵画、
版画、服、銅版画、布絵など

マリオ・ガルシア・トレス「Unspoken Dailies」


http://www.takaishiigallery.com/jp/exhibitions/2009/mgt/
会期:11月21日(土)〜12月12日(土)日月祝休
会場:タカ・イシイギャラリー(東京都江東区)


第65回記念ハマ展


http://www.yaf.or.jp/ycag/calendar/main.html
会期:11月22日(日)〜12月3日(木)
会場:横浜市民ギャラリー(横浜市中区)
内容:洋画、日本画、写真、彫刻

「ART TODAY 2009 岡田修二 安田佐智種」


http://www.smma-sap.or.jp/index.html
会期:10月10日(土)〜11月23日(月)木休
会場:セゾン現代美術館(長野県軽井沢町)
内容:岡田修二(絵画)と安田佐智種(写真)による二人展

大阪府20世紀美術コレクション選 IN CASO


http://www.osaka-art.jp/genbi/exhibition/collection/incaso/incaso2009/
会期:11月10日(火)〜11月22日(日)
会場:海岸通ギャラリーCASO(大阪市港区)
内容:大阪府は、20世紀後半に生まれた現代美術作品を中心に、約7800点に及ぶ多様な作品を収蔵し、「大阪府20世紀美術コレクション」としています。「大阪府20世紀美術コレクション選 IN CASO」は、大阪市港区にある海岸通りギャラリーCASOの全展示室に渡り、コレクションの中から厳選した作品約75点を展示いたします。主催:大阪府現代美術センター

2009さいたま市民文化祭 第8回さいたま市美術展覧会


http://www.momas.jp/014ippan/17.htm
会期:10月25日(日)〜10月31日(土)
会場:埼玉県立近代美術館一般展示室(さいたま市浦和区)
内容:日本画、洋画、彫刻、写真

ヨコハマ・フォト・トライアングル ─開港から未来へ─ 3館でめぐる、写真の歩みと現代の表現


http://www.yaf.or.jp/yma/jiu/ypt/
◇2009年度横浜美術館コレクション展第2期 近代日本の残像─幕末明治から大正へ─
http://www.yaf.or.jp/yma/jiu/ypt/yma.html
会期:9月19日(土)〜11月23日(月/祝)木休
会場:横浜美術館(横浜市西区)
観覧料:一般500円、高大生300円、中学生100円


◇ニューアート展2009 写真の現在・過去・未来 ─昭和から今日まで─
http://www.yaf.or.jp/yma/jiu/ypt/ycag.html
会期:10月9日(金)〜10月28日(水)
会場:横浜市民ギャラリー(横浜市中区)
観覧料:一般(18歳以上)500円、18歳未満は無料


◇横浜市所蔵カメラ・写真コレクション展+企画展 Photo Communication フォト・コミュニケーション
http://www.yaf.or.jp/yma/jiu/ypt/azamino.html
会期:10月23日(金)〜11月8日(日)
会場:横浜市民ギャラリーあざみ野(横浜市青葉区)
観覧料:無料


◇3館連携トークライブ「写真の歩みと現代の表現」
http://www.yaf.or.jp/yma/jiu/ypt/event.html
日時:10月25日(日)15:00〜17:00
会場:横浜美術館円形フォーラム
参加料:無料 先着100名

AOBA+ART 2009


http://www.aobaart.com/
会期:10月10日(土)〜11月3日(火)10:00〜17:00
会場:横浜市青葉区美しが丘住宅街
参加アーティスト:池田晶紀(写真家)江口宏志(本屋)小粥丈
晴(アーティスト)森本美絵(写真家)

hatsukoi


http://nadar.jp/tokyo/schedule/091019.html
会期:10月19日(月)〜10月31日(土)日祝休
会場:NADAR/渋谷355(東京都渋谷区)
内容:だれもが経験する悦びとせつなさにあふれた「初恋」をテーマにしたこの展覧会は、男の子と女の子のそれぞれのストーリーが相互に関わり合いながら展開していきます。写真とイラスト、そして立体物が組み合わさり、展示会場という空間ではじめて成立する「体感型」の展示になります。アートディレクター、イラストレーター、カメラマン、スタイリスト、ヘアメイク、アクセサリー、音楽と多岐にわたったメンバーが織りなす初恋模様。ぜひ会場に足を運んでください。(サイトより)

THE OUTLINE 見えていない輪郭展 深澤直人/藤井保


http://www.2121designsight.jp/outline/about.html
会期:10月16日(金)〜1月31日(日)
会場:21_21(東京都港区)
内容:深澤直人デザインのプロダクト約100点と、藤井保が4年間撮り続けた、それらの写真約70点によって誰もが知りたかった「デザインの輪郭」を解きあかす、かつてなかった試み。

ヨコハマ・フォト・トライアングル ─開港から未来へ─ 3館でめぐる、写真の歩みと現代の表現


http://www.yaf.or.jp/yma/jiu/ypt/
横浜開港150周年を記念し、横浜美術館・横浜市民ギャラリー・横浜市民ギャラリーあざみ野は、開港当時から現代までの写真の歩みを紹介する展覧会を、3館連携によりおこないます。各館では、「幕末明治・大正」「昭和」「平成〜現代」という時間軸をキーワードに、それぞれ所蔵する写真・カメラコレクションを紹
介します。また2つの市民ギャラリーでは、現代作家や市民の作品を展示します。3館での展示を通じて、写真の発展の足跡をたどると同時に、古写真から現代写真まで、多様性に富んだ写真表現の魅力に迫ります。(サイトより)


◇2009年度横浜美術館コレクション展第2期 近代日本の残像─幕末明治から大正へ─
http://www.yaf.or.jp/yma/jiu/ypt/yma.html
会期:9月19日(土)〜11月23日(月/祝)木休
会場:横浜美術館(横浜市西区)
観覧料:一般500円、高大生300円、中学生100円
出品作家:フェリーチェ・ベアト、上野彦馬、下岡蓮杖、小川一真、梅阪鶯里、福原信三、小川月舟、山本牧彦 ほか


◇ニューアート展2009 写真の現在・過去・未来─昭和から今日まで─
http://www.yaf.or.jp/yma/jiu/ypt/ycag.html
会期:10月9日(金)〜10月28日(水)
会場:横浜市民ギャラリー(横浜市中区)
観覧料:一般(18歳以上)500円、18歳未満は無料
出品作家:池田昌紀、進藤万里子、原美樹子 ほか


◇横浜市所蔵カメラ・写真コレクション展+企画展 Photo Communication フォト・コミュニケーション
http://www.yaf.or.jp/yma/jiu/ypt/azamino.html
会期:10月23日(金)〜11月8日(日)
会場:横浜市民ギャラリーあざみ野(横浜市青葉区)
観覧料:無料
出品作家:浅田政志、朝海陽子、若木信吾 ほか


◇3館連携トークライブ「写真の歩みと現代の表現」
http://www.yaf.or.jp/yma/jiu/ypt/event.html
日時:10月25日(日)15:00〜17:00
会場:横浜美術館円形フォーラム
参加料:無料 先着100名
司会:天野太郎(横浜美術館主席学芸員)
スピーカー:朝海陽子(出品作家)進藤万里子(出品作家)大塚真弓(写真研究)岡崎智美(横浜市民ギャラリーあざみ野企画展担当)齋藤里紗(横浜市民ギャラリー企画展担当学芸員)

多摩川で/多摩川から、アートする


http://www.city.fuchu.tokyo.jp/art/kikakuten/kikakuitiran/atfromtamagawa/
会期:9月19日(土)〜11月3日(火)月休 10/12開館 10/13休館
会場:府中市美術館(東京都府中市)
入場料:一般600円、高大生300円、小中生150円
◇各種イベントあり


美術・映像作品展「行かなくちゃ」


http://www.lib.meiji.ac.jp/
会期:9月16日(水)〜10月2日(金)
会場:明治大学生田図書館 Gallery ZERO(川崎市多摩区)
出展:理工学研究科ディジタルコンテンツ系(DC系)倉石研究室/高梨こずえ、高橋慶、高橋正也、畠中景子

YouTubeで見つけました!

広告
このページの上部にもどる

アクセス

いろいろな方法でアクセスできます!

Twitter

    Photos

    My CollectionHakodate Night ViewsKonica Kanpa!Go with your gut!On Assignmentカシェ・バルジ | ACRUtaken from my backyard 027Izumi Sano from the sky.