「写真を楽しむ生活」のページ頭です

写真を楽しむ生活

写真が好きなすべての人に役立つ情報クリップ。写真展情報は"日本最強"!

カテゴリ ‘写真イベント’ のアーカイブ

TJ所塾特別写真講座


日時:毎月第4日曜開催(全9回) 4/28、5/26、6/23、7/28、8/25、9/22、10/27、11/24、12/22 13:00〜18:00
会場:宮益坂STUDIO(東京都渋谷区)
定員:7名(多少の増減あり)
受講料:学生4,500円、一般6,500円 ※一回分
内容:以下の3部構成
・写真談義(テーマ別に所幸則氏の写真に関する実践的な話)
・所推薦写真講評(所氏が推薦する写真の紹介と解説)
・参加者への写真講評及び指導
申し込み方法:サイトの申し込みフォームから
http://miyamasuzakastudio.net/tj/

日経アカデミア【ENJOY PHOTOGRAHY!】マーティンパーが語る…写真を撮るってなんて楽しいんだろう 


4月24日(水)19:00〜 スペースニオ(東京都千代田区)2520円
http://academia.nikkei.co.jp/special/index.html

「With the Wind」Scott Tsumura写真展スタートしました 4月14日(日)まで


(PHOTO YODOBASHI)
http://rangefinder.yodobashi.com/topics/20130401.html


初級者向け料理写真講座が「新潮講座」で開催


(アサヒカメラ.net)
http://www.asahicamera.net/info/photographnews/detail.php?idx=340

ナナオ、カラーマッチングソフトの体験会を東京と大阪で開催


(デジカメWatch)
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20130326_593143.html

アートフェア東京2013


主催:アートフェア東京実行委員会
会期:3月21日(木)〜3月24日(日)一般公開は22日から
東京国際フォーラムを舞台に、多数の国内外のギャラリーが古美術、工芸品から日本画、洋画、そして現代美術まで時代とジャンルを超えた作品を展示販売する。特別企画やトーク、ビデオアートのスクリーニングなど、充実した関連イベントプログラムが満載。オリジナルプリント、作品集など写真関連も充実。
料金:1-DAYパスポート2,000円 3-DAYパスポート3,500円
http://artfairtokyo.com/


第131回 関西電塾


電塾塾長 早川廣行「2013年を展望する」
広告写真業界、デジタルフォト業界の現状と将来を経済面、技術面から分析・展望いたします
日時:3月23日(土)13:00〜
会場:株式会社2055(東大阪市)
会費:一般5000円、電塾/APA/JPS/WA各会員3000円、学生1000円
http://i-digital.jp/kansai_denjuku/


写真教室・初心者クラス・29・30期生「須田誠 旅・写真ワークショップ」


4/3(毎水)〜 全4回(19:30〜21:30)平日クラス
4/7(日)4/21(日)全2回(14:00〜18:00)ウイークエンド集中
20〜30代の女性が多いクラスです。ミラーレスOK。
会場:サンクチュアリ出版 1F イベントスペース
講師:須田誠(仕事:EXILE、旅学、NHKファッション他)
著書:写真集『NO TRAVEL, NO LIFE』25,000部突破。NYのMOMAでも発売される。
http://www.facebook.com/makotosudaPhotoWS/info
http://travelfreak.jp/?page_id=31

清水真理20周年記念個展1993〜2013「St.Freaks 〜聖なる異形〜」


会期:3月13日(水)〜3月24日(日)3月18日(月)休廊
会場:ギャラリー新宿座(東京都新宿区)入場無料
http://shimizu20.com/


人形作家・清水真理さんの20周年を記念しての個展が開催中です。


「人形は生と死の中間に存在する」
2013年は熊本県天草出身の人形作家清水真理が、人形制作を始めて20年の節目の年にあたります。西欧・東欧の宗教美術や日本の土着的文化を取り入れながら制作してきた作品のルーツを、学生時代のスケッチやアニメーション作品、20年間清水の作品を撮影してきた田中流の写真作品などの資料とともに振り返ります。(サイトより)


田中流氏はプロの写真家で、清水さんの作品を、まだ無名だった初期の頃からずーっと撮り続けてます。しかも、撮っていると人形に引き込まれて、8時間ほどにわたって撮り続けたときもあったのだとか。言うまでもなく、清水さんの作品を撮影した枚数は、ダントツに多いです。けど、他にも多くの写真家たちが、みずから希望して清水さんの作品を撮っています。


今回の個展では、7人の写真家による作品がひとつの部屋に展示されています。よく、「写真は被写体が写るのではない、撮っている本人が写る」と言われます。厳しいことを言えば、もし写真がつまらなければ、それは撮った本人がつまらない人だ、ってことです。だから、写真を撮る行為というのは、自分が試される、非常に厳しい行為なのです。


同じ作家の作品を何人かの写真家が撮って、ひとつの画廊に展示、ってかなり珍しい企画なのではないでしょうか。「撮った本人が写っている」さまが、逃れようもなくハッキリ表れちゃいます。撮る者にとっては、非っ常〜にキビシイです。見る者にとっては、きっとすごく面白い。アートの高みに昇華して張りつめた表現もあれば、ロマンチックでメルヘンチックな表現もあります。


そんな中にあって、ワタシも一角を汚させていただいたのは、まったくもって光栄極まりないことであります。清水さんからは「感性が乙女だね」と言われました。 (GrowHair)


「デザイン エクストリーム セミナー 2013」開催決定!


日時:4月12日(金)13:00〜17:30
会場:品川 THE GRAND HALL(東京都港区)
対象者:プロフェッショナル・フォトグラファー、ハイアマチュア・カメラマン、グラフィック・デザイナー、CG デザイナー、映像クリエイター、Web デザイナー、プランナー等
定員:450名
参加方法:インターネット事前登録制、入場無料
(Shuffle)
http://shuffle.genkosha.com/event/dexs/2013/8317.html

日本写真学会、「デジタル写真基礎講座」を16日に開催


(デジカメWatch)
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20130308_591000.html

電塾定例勉強会 動画特集


日時:3月2日(土)午前の部10:30〜 午後の部13:00〜
会場:千代田区立日比谷図書文化会館4F スタジオプラス
会費:無料
第一部 パナソニックの「ムービーカメラに迫る 一眼レフ GH3」
第二部 究極のターンテーブル「TOAST-PRO Delicious」
第三部 調整レイヤーからはじめるAdobe Premiere Pro CS6
http://www.denjuku.org/announce/電塾開催案内/

パナソニック、「LUMIX DMC-TZ40」でスカイツリーを撮影できるイベント


(デジカメWatch)
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20130222_588968.html

第35回世界の中古カメラ市


会期:2月20日(水)〜2月25日(月)10:00〜20:00 最終日17:30
会場:松屋銀座 8階イベントスクエア
2月23日(土)、24日(日)サイレントオークションを開催
http://ics1972.jp/

小野啓×齋藤陽道トークイベント


日時:2月23日(土)16:00〜
場所:AKAAKA 3階(東京都港区)予約不要・参加無料
http://www.akaaka.com/blog/bl-130218-ono.html


写真教室・初心者クラス・28期生「須田誠 旅・写真ワークショップ」


会期:3月6日(水)〜3月27日(水)全4回 20〜30代の女性が多いので安心! 19:30〜21:30 その後交流会自由参加
会場:サンクチュアリ出版 1F イベントスペース
講師:須田誠(EXILE、旅学、NHKファッション他)
著書:写真集『NO TRAVEL, NO LIFE』25,000部突破。NYのMOMAでも発売される。
http://www.facebook.com/makotosudaPhotoWS/info
http://travelfreak.jp/?page_id=31

ソニー、4K対応「BRAVIA」で映し出す写真展 東京ミッドタウンで10日まで開催


(デジカメWatch)
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20130207_586866.html


撮影者「今まで見ていたものと全く違う」──4Kブラビアによる“感じる写真展”が開幕


(ITmedia)
http://camera.itmedia.co.jp/dc/articles/1302/07/news089.html

第5回恵比寿映像祭


会期:2月8日(金)〜2月24日(日)
会場:東京都写真美術館(東京都目黒区)
http://www.yebizo.com/恵比寿映像祭は、年に一度、15日間にわたり、展示、上映、ライヴ、シンポジウム、レクチャーなどを複合的に行う映像とアートの国際フェスティバルである。毎年ひとつのテーマを出発点に、国内外から集う多彩な作品やプログラムをとおして、「映像とは何か?」を問いかける。第5回は「日記」をキーワードに、映像の力について考える。

電塾2013年2月定例勉強会


日時:2月8日(金)
午前の部 10:30〜12:00/午後の部 13:30〜17:00
会費:無料
場所:池袋サンシャインシティ文化会館710会議室
午前の部 優しい電塾「電塾問者Lightroom編」
Lightroom初心者の方のためのQ&A90分。
午後の部
第一部 これまでとはひと味違う 分光カメラを披露
第二部 デジタルサイネージに提案したい新表現シネマグラフ
第三部 Japan Color 2011のプロファイル
http://www.denjuku.org/


カメラ女子イベント「CAMERAND〜横浜ガールズフォトフェスタ


2013〜」が開催(デジカメWatch)
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20130205_586492.html

【CP+】写真映像関連イベント「CP+2013」が本日開幕


(デジカメWatch)
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20130131_585843.html


CP+2013が開幕──カメラと写真映像の情報発信イベント in パシフィコ横浜


(マイナビニュース)
http://news.mynavi.jp/news/2013/01/31/067/


[ #CP2013 ]カメラと写真の祭典「CP+」の会場からお届けします(更新中)


(GIZMODO)
http://www.gizmodo.jp/2013/01/cp2013cp.html

CP+ CAMERA & IMAGING SHOW 2013 カメラと写真映像の情報発信イベント シーピープラス


会期:1月31日(木)〜2月3日(土)10:00〜17:00 初日12:00〜 最終日〜16:00 1月31日(木)10:00〜12:00はプレミアタイム
会場:パシフィコ横浜/展示ホール・アネックスホール
主催:一般社団法人 カメラ映像機器工業会(CIPA)
入場料1000円 事前登録すれば入場無料
http://www.cpplus.jp/


──講演・ディスカッション


◎特別講演 ウイリアム・A. ユーイング(著述家/キュレーター/スイス・エリゼ美術館元館長)
聞き手:天野太郎(横浜美術館 主席学芸員)
1月31日(木)11:00〜12:00 アネックスホールF201・202
定員350名、英日同時通訳、事前登録制、無料


◎キーノートスピーチ 木村眞琴(CIPA代表理事会長)
1月31日(木)13:00〜14:00 アネックスホールF201・202
定員350名、日英同時通訳、事前登録制、無料


◎上級エンジニアによるパネルディスカッション
1月31日(木)14:15〜15:45 アネックスホールF201・202
定員350名、日英同時通訳、事前登録制、無料
現時点、ほとんどのメーカーが参入しているノンレフレックス(ミラーレス)と呼ばれるレンズ交換式カメラは、いままでの一眼レフとはどう違うのか、そのメリット、将来の発展性など、これからのカメラのあり方について、各社上級エンジニアが大いに語る。


◎パネルディスカッション「グランプリ30年に見るカメラの進歩」
2月2日(土)10:30〜12:00 アネックスホールF203・204
定員350名、事前登録制、無料
ベテラン選考委員が集って、過去受賞した歴代カメラを中心に、カメラ技術の流れや周辺を、いままでは語られることがなかったエピソードなども紹介する。


ほかにマーケティングセミナー、プロ向け動画セミナー、CP+技術アカデミー、エンジョイフォトステージなど。


──写真展・展示・イベント


◎渡部陽一トークショー
1月31日(木)13:30〜15:00 アネックスホールF204
定員150名、事前登録制、無料


◎APA 動画シアタートーク
2月2日(土)10:30〜12:30 13:30〜15:30 アネックスホール
定員200名、事前登録不要、無料


◎PHOTOGRAPHERS SUMMIT 番外編
2月3日(日)10:30〜15:30 アネックスホール
参加費1000円、事前登録制
出演予定写真家:青山裕企/大和田良/keiko kurita/武居功一郎/永田陽一/沼田学/PHOTOGRAPHER HAL/平間至/水谷充/山田敦士/渡辺伸次ほか
http://www.phsmt.net/


◎日本写真館協会 気軽なファミリー写真館
1月31日(木)〜2月3日(日) 若干数当日受付 展示ホール内
参加費500円 事前登録制


◎Open Show CP+2013
2月2日(土)13:30〜17:45 アネックスホールF203・204
定員150名 事前登録制
誰でも参加しやすく、高いレベルの作品に触れ、学ぶ機会を提供する写真のスライドショーイベント
http://openshow.org/ja/tokyo/
https://www.facebook.com/openshowtokyo


◎御苗場(おなえば)vol.12 横浜
日本最大級の参加型写真イベント
1月31日(木)〜2月3日(日) 展示ホール内
http://www.onaeba.com/


◎北海道「写真の町ひがしかわ」&「写真甲子園」
1月31日(木)〜2月3日(日) 展示ホール内


◎60秒で伝える、あなたの町 よこはまショートフィルムフェスタ2013
2月3日(日)13:00〜15:00 アネックスホールF203・204
定員350名 事前登録不要 無料


◎カメラグランプリ30周年記念展
──受賞機種に見るカメラ30年のあゆみ──
1月31日(木)〜2月3日(日) 展示ホール内


──そのほかの写真展 会場内・近隣施設で開催


「公益社団法人日本広告写真家協会(APA)」写真展
会期:1月31日(木)〜2月3日(日)
場所:みなとみらいギャラリー 無料


原鉄道模型博物館 いちばんテツモパークフォトウィーク入選作品展
会期:1月31日(木)〜2月3日(日)
場所:パシフィコ横浜展示ホール内


第5回アフリカ開発会議(TICAD V)パートナー事業─アフリカ、ともに成長するパートナーへ。
会期:1月31日(木)〜2月3日(日)
場所:パシフィコ横浜展示ホール内


ヨコハマの生物多様性写真展
会期:1月31日(木)〜2月3日(日)
場所:パシフィコ横浜2Fコンコース


緑区フォトコンテスト「緑区を撮る!」
会期:1月31日(木)〜2月3日(日)
場所:パシフィコ横浜2Fコンコース


CP+2013 事前情報


(ITmedia)
http://camera.itmedia.co.jp/dc/subtop/features/2013cpplus/index.html


CP+2013 必見ブースはココだ!


(GANREF)
http://ganref.jp/common/special/cpplus2013/

近鉄のカメラ祭り


日時:1月25日(土)26日(日)2日間限り 最終日は午後5時迄
会場:近鉄百貨店阿倍野店 9階近鉄アート館
http://www.d-kintetsu.co.jp/store/abeno/saiji/


新山清展 古いカメラ雑誌を見ませんか?


新山清展も今週でおわりです。1月26日(土)5時ごろからギャラリーコスモスで昭和20年代後半から30年代のカメラ雑誌をみにきませんか? 若い人には今後の参考になると思います。年配の人は懐かしさを感じるかな・・食べ物、飲み物の持込歓迎です(500円程度)皆で雑誌を見つつ語らいましょう。
http://gallerycosmos.com/

会期:3月2日(土)〜24日(日)
月〜木9:00〜23:00 金〜土9:00〜24:00 日9:00〜21:00
会場:珈琲市場「讃香」(福島県いわき市平字田町63-2 TEL.0246-35-6885)
JR常磐線「いわき駅」より徒歩1分
※祝日の20日(水)には参加作家によるトークイベントも企画中
http://ameblo.jp/shashinkanokai-311/


〈展覧会によせて〉実行委員会代表代行 谷口雅彦


2011年3月11日に起きた東日本大震災は未曾有の災害となり、人、町、生活などを我々から奪い去っていきました。


それを受けて私たち写真家有志は、写真家として何ができるのかを自問自答し、震災半月後に[写真で被災地を復興する会]を結成し、その年の11月に、まずは東京の二か所の写真ギャラリーで17人の写真家有志により展覧会とトークショーを開催致しました。


その後、参加した写真家数名がそれを引き継ぐ形で[3.11を忘れない写真家の会]を結成し今回はその初めての展覧会となります。


私たちの展示する写真には、津波も瓦礫も写ってはいません。それは、震災が起きる前の町の写真だからです。


写真家たちが日々記録し撮り続けてきた写真は、被害も甚大で全てが失われてしまった地域だけではなく、建築物などの被害は少ないが被災した地域も含まれています。理由は3.11以前の写真を集めて展示したいという写真家たちの純粋な気持ちを優先したいからです。


今回は実行委員会のメンバーと、その意志に賛同して下さった写真家の方々で展示致します。私たちの展覧会にぜひ足を運んで頂けたらと思っています。宜しくお願い致します。


谷口雅彦 2009年/岩手県陸前高田市小友町字冥加沢147



中居裕恭 1998年/岩手県九戸郡野田村



平賀淳 1999年/茨城県水戸市



柴田秀一郎 2002年/福島県いわき市大久町



西岡修 2010年/福島県福島市



猪狩英司 2010年/福島県双葉郡川内村上川内



柳本史歩 2010年/岩手県下閉伊郡山田町 浦の浜海水浴場



丹野章 1982年/岩手県下閉伊郡田老町(現:宮古市)


日本写真映像用品工業会「WEBフォトコンテスト2013」を開催


(デジカメWatch)
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20130123_584505.html

関西電塾セミナー 玉内公一「最近のデジタルカメラとライティングを考える」


1月26日(土)13:30〜
http://i-digital.jp/kansai_denjuku/

YouTubeで見つけました!

広告
このページの上部にもどる

アクセス

いろいろな方法でアクセスできます!

Twitter

    Photos

    2017 - HAL Volendam Cruise - Yokohama Hikawa Maru - Wedding DayAlley-natedFat-igueA hard day's nightLike a logNakasuThank you, come againYatai