「写真を楽しむ生活」のページ頭です

写真を楽しむ生活

写真が好きなすべての人に役立つ情報クリップ。写真展情報は"日本最強"!

●日本は最先端科学技術を誇る「科学技術立国」のはずであったが、もはやその看板も下さなければならなくなったようだ。民主党の事業仕分けはますますエスカレート、次世代スパコンやGXロケットなど最先端技術や次世代人材育成プロジェクトを無駄と認定して、次々と切り捨てている。スパコンの仕分けでは、「基礎科学は費用対効果になじまない。世界で1位を取ることが国家基幹技術として大事だ」という文部省に対して、「世界一を目指す理由は何か。2位では駄目か」という蓮舫の発言が優位に立つという情けなくもトンデモな展開で、開発事業費は事実上の凍結に。仕分け人たちからは「開発できなければ二流国になるなんてありえない。見直しても、国益には何のマイナスにもならない」「米国と競争より、協調すべきだ」「科学技術予算は、自民党のおかげで確保できたかもしれないが、結果的に損をした。予算は足りないくらいが、アイデアが出ていい場合もある」など、耳を疑うナンセンスな発言が続く。ビジネスの見通しが立たないなら事業の意義がないと、GXロケット開発は中止、世界最先端のLNGエンジン開発は検討。「科学技術立国日本」を否定する結論が続々と。費用対効果だけが問題なら、子ども手当や高速道路の原則無料化、年間900億円のアフガン支援など、莫大な費用がかかるのに効果が不透明な案件こそ査定しろって。国産ロケットの打ち上げ成功のニュースに接するたびに胸踊らせていた年寄り(わたし)は悲しい。(柴田)
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/yajiuma/20091117_329579.html
「事業仕分け」に対し、ネットに多数の意見が寄せられる(INTERNET Watch)
http://www.mext.go.jp/a_menu/kaikei/sassin/1286925.htm
文部省、事業仕分けに抵抗? 国民の意見を募集


●エコポイントの申請はとてもめんどくさい&誰よこんなシステムにしたの&二ヶ月待ち&申請書に不備があればさらに数ヶ月待ちって……である。商品購入前にエコポイントのシステムや申請書は調べないでしょ? お店に二度足を運ぶ必要が出てくるかも。まず、保証書のコピーが必要。申請書には型番やロットナンバーを要記入。もちろん自分の住所氏名やら交換したい商品番号や商品名も記入し、ポイントは自分で差し引きして残りいくらで〜なんてのも記入。で、使わない時はどうしたらいいのかがよくわからない。ためておきたい時の記入方法がよくわからず(残ポイント数を記入)「本当にこれでいいわけ? これで本当にプールしてもらえるわけ? どこ単位でどこにプールされるわけ? 他の書類に紛れてて処理できてませんでした〜ところでどんな申請でした? ってことにならない?」と疑心暗鬼になる(個人IDがふられるらしいが、それは申請書受理後の話。ここまでするなら住民票がいるんじゃないかと思ったよ)。そしてそれら記入欄とは別に「署名・捺印」欄がある。今は改善されたみたいなのだが、その欄が目立たなくて、エコポイント用紙を配る時に記入例も一緒に渡してくれよ〜と思ったり。…長くなるので明日に続く。(hammer.mule)
https://eco-points.jp/EP/apply/howto.html
インターネット申請は手で書かなくていい&計算が楽ってだけ。結局郵送。

コメントをどうぞ

ご意見お待ちしております!

情報の誤り、リンク切れなどございましたら、お手数ですが、この欄もしくは情報提供フォームからお知らせください。

CAPTCHA


YouTubeで見つけました!

広告
このページの上部にもどる

アクセス

いろいろな方法でアクセスできます!