「写真を楽しむ生活」のページ頭です

写真を楽しむ生活

写真が好きなすべての人に役立つ情報クリップ。写真展情報は"日本最強"!

『1 Sec ONE SECOND 01』出版記念 One Second – SHIBUYA- YUKINORI TOKORO


http://www.progetto.co.jp/event/index.html
会期:12月5日(土)〜1月24日(日)11:00〜21:00
会場:PROGETTO(プロジェット)店内(神奈川県川崎市)


今月から始まった展示は好評で、20日より展示作品が少し増えています。そして、クリスマスとお正月の特別企画として、作品集購入のお客様に、新たにポストカードをプレゼントすることになりました。ポストカードは4種類からえらべます。


一つは歩道橋の下の作品で、One second 02に収録予定のものです。


歩道橋の下


二つ目は東急東横店を撮ったもので、こちらもOne second 02に収録予定のものです。


東急東横店


三つめはまだ完成前ですが、パリでのOne secondです。まったくの未発表です。


パリのOne second


四つ目はパリの鉄橋の下で撮ったもので、ベルトリッチの映画「ラスト・タンゴ・イン・パリ」のシーンにも出てくる、所さんの好きな場所での作品です。今上映中の「のだめカンタービレ」にも出てるらしいです。


パリの鉄橋の下


展覧会に寄せて – One Second – SHIBUYA-


メタリックな現代都市、SHIBUYAのリアルなシーンを緻密にコラージュしたようなこの作品、そこには渋谷のランドマークとなる場所が確かに写されているにもかかわらず、写真たちが発信されているメッセージは全く違う。ここで語られているのはクールな「都市の時間の写真的考察」。ここであって、ここでない。そして今であって、今でない。YUKINORI TOKOROだけが捉えることができた“過去から現在、そして未来にむかって駆け抜けてゆく“変幻自在な時間の姿”が描きだされている。
(太田菜穂子 キュレーター)


YUKINORI TOKOROを一言で表現するなら、“時間の姿”を見ることができる希有な写真家と言える。1クリックに3つの画像を捕獲するというルールを持って、かくも豊かな時間の姿を視覚化することに成功した。しかし、彼が描きたいのは時間という基軸に沿って起こっている“もうひとつ事実”、この世の秩序と不条理の有り様、そう、“PRADOX”な世界の姿、人間の姿なのではないだろうか。

“『1 Sec ONE SECOND 01』出版記念 One Second – SHIBUYA- YUKINORI TOKORO”には1レスポンス

  1. 『1 Sec ONE SECOND 01』出版記念 One Second – SHIBUYA- YUKINORI TOKORO http://bit.ly/5FQEfd

コメントをどうぞ

ご意見お待ちしております!

情報の誤り、リンク切れなどございましたら、お手数ですが、この欄もしくは情報提供フォームからお知らせください。

CAPTCHA


YouTubeで見つけました!

広告
このページの上部にもどる

アクセス

いろいろな方法でアクセスできます!