「写真を楽しむ生活」のページ頭です

写真を楽しむ生活

写真が好きなすべての人に役立つ情報クリップ。写真展情報は"日本最強"!

2010年01月15日のアーカイブ

杉明日香写真展「小旅行VI 〜大地ノ紡ギ〜」


http://www2.ttcn.ne.jp/%7Emoon26/
会期:1月16日(土)〜1月31日(日)月休
会場:Gallery Bar 26日の月(東京都新宿区)


牟田義仁写真展「事物の事日記」


http://www.3rddg.com/
会期:1月16日(土)〜1月26日(火)
会場:サードディストリクトギャラリー(東京都新宿区)


Yasutaka Kojima写真展「NEW YORK→トウキョウ 2009」


http://www.placem.com/schedule/2010/20100118/100118.html
会期:1月18日(月)〜1月24日(日)
会場:プレイスM(東京都新宿区)※ →は正確には往復の矢印


尾仲浩二写真展「50」


http://onaka.mods.jp/
http://www.phobbit.com/kodojitop.html
会期:1月4日(月)〜1月31日(日)日休
会場:新宿ゴールデン街[こどじ](東京都新宿区)


三輪薫の素敵な写真の撮り方教室第14回作品展「和気あいあい」


http://www.shashinkosha.co.jp/gallery.htm
http://blog.livedoor.jp/shashinkosha/archives/cat_50170245.html
会期:1月18日(月)〜1月23日(土)日祝休
会場:ギャラリーアートグラフ(東京都中央区)


コダックフォトクラブ伊勢支部写真展「─(マイナス)の視点」


http://wwwjp.kodak.com/JP/ja/professional/photoSalon/2010/p20100118.shtml
会期:1月18日(月)〜1月29日(金)土日祝休
会場:コダックフォトサロン(東京都千代田区)


フィリップ・マリニグ写真展「イントゥー・ザ・ワイルド」


http://www.chanel-ginza.com/nexushall/2010/philippe/
会期:1月15日(金)〜1月31日(日)
会場:シャネル・ネクサスホール(東京都中央区)


秋山庄太郎記念「花」写真コンテスト2009入賞作品展


http://akiyama-shotaro.com/page2.html#hanacon
会期:1月17日(日)〜1月31日(日)月火休
会場:秋山庄太郎写真芸術館(東京都港区)
入場料:一般500円、学生・65歳以上300円、小中生100円


石川直樹写真展「ARCHIPELAGO」


http://cweb.canon.jp/s-tower/floor/1f/gallery/archipelago/
会期:12月24日(木)〜2月13日(土)日祝休
会場:キヤノンギャラリーS(東京都港区)
◇トークイベント
日時:2月6日(土)13:30〜15:00
会場:キヤノンSタワー3F キヤノンホールS
申し込み:サイトから 定員:先着300名


秋元亮太写真展「ピリカ モシリ」


http://cweb.canon.jp/s-tower/floor/2f/gallery/pirika/
会期:1月5日(火)〜2月5日(金)日祝休
会場:キヤノンSタワー 2Fオープンギャラリー(東京都港区)


写真歴史博物館「最古の写真撮影作品集展」


http://www.fujifilm.co.jp/corporate/news/articleffnr_0343.html
会期:1月4日(月)〜3月31日(水)
会場:FUJIFILM PHOTO MUSEUM(東京都港区)
内容:W.H.フォックス・タルボット カロタイプ写真集「自然の鉛筆」(1844年)/E.マイブリッジ 連続分解写真集「動物の運動」(1887年)


F3,0写真展「Start Line-take 1-」


http://www.designfestagallery.com/program/01/index.html
会期:1月18日(月)〜1月24日(日)
会場:デザインフェスタギャラリー(東京都渋谷区)


木村伊兵衛とアンリ・カルティエ=ブレッソン 東洋と西洋のまなざし


http://www.syabi.com/details/kimura.html
会期:11月28日(日)〜2月7日(日)月休
会場:東京都写真美術館(東京都目黒区)
入場料:一般700円、学生600円、中高生・65歳以上500円


日本の新進作家展vol.8「出発─6人のアーティストによる旅」


http://www.syabi.com/details/sakka_vol8.html
会期:12月19日(日)〜2月7日(日)
会場:東京都写真美術館
料金:一般700円、学生600円、中高生・65歳以上500円
出展:石川直樹、百々武、内藤さゆり、尾仲浩二、さわひらき、百瀬俊哉


ハービー・山口写真展「LONDON」


http://couzt.com/news/
会期:1月15日(金)〜2月13日(土)
会場:COUZT CAFE「藍い月」+SHOP(東京都台東区)

Dear Colors VII 写真展


http://www.city.saitama.jp/www/contents/1057632505994/
会期:1月18日(月)〜1月24日(日)
会場:さいたま市民ギャラリー(さいたま市浦和区)


『1 Sec ONE SECOND 01』出版記念 One Second ─SHIBUYA─


YUKINORI TOKORO
http://www.progetto.co.jp/event/index.html
会期:12月5日(土)〜1月24日(日)
会場:PROGETTO(プロジェット)店内(神奈川県川崎市)

懸田賢写真展「Photo bridge」


http://www.nikon-image.com/jpn/support/showroom/servicecenter/sapporo/event.htm
会期:1月18日(月)〜1月29日(金)土日祝休
会場:ニコン札幌サービスセンターフォトスクエア(札幌市北区)


山本弘之写真展「食彩」


http://cweb.canon.jp/gallery/sendai/index.html
会期:1月18日(月)〜1月29日(金)土日祝休
会場:キヤノンギャラリー仙台(仙台市青葉区)

h####安田典謙写真展「ROCK×AUDIENCE×DJ」
http://www.nikon-image.com/jpn/support/showroom/servicecenter/nagoya/event.htm
会期:1月18日(月)〜1月28日(木)土日祝休
会場:ニコン名古屋サービスセンターフォトスクエア(名古屋市中区)

廣田修己個展「mo-ku-shi-ro-ku」


中東正之個展


http://www.beats-gallery.com/
会期:1月16日(土)〜1月17日(日)
会場:BEATS GALLERY(大阪市中央区)


オカダミツヨ写真展「雨の向こうへ」


http://www.photopia.co.jp/gallery/index.html
会期:1月17日(日)〜1月23日(土)
会場:フォトピアギャラリー(大阪市北区)



マルコ・マイアンティ写真展「仮面のカーニバル」


http://www.paxrex.jp/info/
会期:1月16日(土)〜2月21日(日)水休
会場:ギャラリーPAXREX(神戸市中央区)

「WORKS#04」Jomi Kim/上野王香(複合)


http://www.portgalleryt.com/exhibitions/works4.html
会期:1月18日(月)〜2月6日(土)
会場:Port Gallery T(大阪市西区)


写真で辿る「坂本龍馬の生きた時代」


http://fujifilmsquare.jp/detail/10011601.html
会期:1月16日(土)〜2月25日(木)
会場:ギャラリー「PHOTO IS」(東京都港区)
内容:本写真展においては、この激動の時代を駆け抜けた坂本龍馬の人生を、同時代にともに活躍した人物や当時の地域・風俗などの写真展示にて振り返るとともに、高知県立坂本龍馬記念館などにご協力いただき、生前に残した所持品などのコレクションを展示することで、更なる坂本龍馬の魅力を感じていただける内容となっております。(サイトより)
◇イベント 歴ドル美甘子と学ぶ!「坂本龍馬 幕末歴史検定」
事前対策講座
http://fujifilmsquare.jp/detail/1001160101.html
日時:2月6日(土)14:00〜15:30
会場:FUJIFILM SQUARE(フジフイルム スクエア)
参加料:無料 事前申し込み制

カシオ計算機、G-SHOCKデジカメを国内でも発表! 価格は4万円前後


(nikkei TRENDY net)
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/pickup/20100113/1030766/


ハイビジョンを“撮ってシェア”、ソニーからの新提案「bloggie」


(ITmedia)
http://plusd.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/1001/14/news042.html


ビクター、Bluetooth対応のポータブルビデオカメラ「GZ-HM570」など2モデル


(ITmedia)
http://plusd.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/1001/14/news036.html


ソニー、90のシーンを自動判別するハンディカム「HDR-XR550V」「HDR-CX550V」


(ITmedia)
http://plusd.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/1001/14/news045.html


機能アップ、サイズはダウン──ハンディカム「HDR-XR350V」「HDR-CX370V」


(ITmedia)
http://plusd.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/1001/14/news049.html


エントリーでも10倍ブレない、ハンディカム「HDR-CX170」「HDR-XR150」


(ITmedia)
http://plusd.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/1001/14/news052.html

西川和久のフォトジェニック・ウィークエンド 1月号【伊藤えみ +ニコンD300S】2週〜D300とD300Sの違いは?


(デジカメWatch)
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/review/weekend/20100115_342186.html


デジカメアイテム丼 エツミ ボールヘッドシュー「E-6116」カメラ2台で「静止画+動画」の同時記録に挑戦


(デジカメWatch)
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/review/item/20100115_341929.html

プロの現場報告 カメラで会いに行く 小林紀晴 第4回 鹿児島のNさん(その1)


(アサヒカメラ.net)
http://www.asahicamera.net/info/blog/detail.php?idx=15


Q&A形式で分かる! Windows 7パソコン選びの新基準


(nikkei TRENDY net)
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/pickup/20100114/1030780/


iPhone用ステディカム SMOOTHEE


(engadget)
http://japanese.engadget.com/2010/01/14/iphone-smoothee/


「ちょっと気になるポーズで写真を撮っている人」を撮った写真いろいろ


(GIGAZINE)
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20100114_photographers/

デジカメの価格下落は止まるのか? 2010年家電売れ筋・BCN分析3


(マイコミジャーナル)
http://journal.mycom.co.jp/news/2010/01/15/002/


「BCN AWARD 2010」発表 デジカメ部門はキヤノンが6年連続の首位に


(マイコミジャーナル)
http://journal.mycom.co.jp/news/2010/01/14/088/


Warning: file_get_contents(http://ecs.amazonaws.jp/onca/xml?AWSAccessKeyId=0EV1EG67ZP9G5VM8J5R2&AssociateTag=dgcrcom-22&IdType=ASIN&ItemId=B0030H07C6&Operation=ItemLookup&ResponseGroup=Large&Service=AWSECommerceService&Timestamp=2018-02-21T03%3A07%3A17Z&Version=2009-03-31&Signature=MB7uwT%2FyAVfS7y8Xl94aqX0xJ9d38iK3jHdQXORz9Z8%3D): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 503 Service Unavailable in /home/sites/heteml/users/z/a/c/zacke/web/photo_blog/wp-content/plugins/Mitsurin/Mitsurin.php on line 255

Warning: file_get_contents(http://ecs.amazonaws.jp/onca/xml?AWSAccessKeyId=0EV1EG67ZP9G5VM8J5R2&AssociateTag=dgcrcom-22&IdType=ASIN&ItemId=B0030H07C6&Operation=ItemLookup&ResponseGroup=Large&Service=AWSECommerceService&Timestamp=2018-02-21T03%3A07%3A17Z&Version=2009-03-31&Signature=MB7uwT%2FyAVfS7y8Xl94aqX0xJ9d38iK3jHdQXORz9Z8%3D): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 503 Service Unavailable in /home/sites/heteml/users/z/a/c/zacke/web/photo_blog/wp-content/plugins/Mitsurin/Mitsurin.php on line 258

Warning: file_get_contents(http://ecs.amazonaws.jp/onca/xml?AWSAccessKeyId=0EV1EG67ZP9G5VM8J5R2&AssociateTag=dgcrcom-22&IdType=ASIN&ItemId=4882643286&Operation=ItemLookup&ResponseGroup=Large&Service=AWSECommerceService&Timestamp=2018-02-21T03%3A07%3A20Z&Version=2009-03-31&Signature=bmxG1ztij4bal7nM3CanX1cSqIvFY88fMrhzbCnxAew%3D): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 503 Service Unavailable in /home/sites/heteml/users/z/a/c/zacke/web/photo_blog/wp-content/plugins/Mitsurin/Mitsurin.php on line 255

「COMMERCIAL PHOTO(コマーシャル・フォト)」2010年02月号


COMMERCIALPHOTO(コマーシャル・フォト) 2010年 02月号 [雑誌]
著者:
アマゾンレビュー
欲しいものリストに
「物撮り」を極める私の心得/2009年 あの写真展が良かった!//Inter BEEで注目された最新ムービー機材と照明機材/表紙&フォトグラファー特集 TOSHI HIRAKAWA
http://www.genkosha.co.jp/np/detail.do?magazine_id=1
→アマゾンで購入するなら
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0030H07C6/dgcrcom-22/


「はこぶねのそと」うつゆみこ


はこぶねのそと
著者:
アマゾンレビュー
欲しいものリストに
初期から2009年までの作品。1000部限定。第26回ひとつぼ展グランプリを受賞。タコと肖像画、植物や食べ物と人形……。奇妙な組み合わせが意表をつく。独特の世界観は一見の価値あり!
http://www.a-b-p.jp/
http://www.gptokyo.jp/exhibition/
http://rcc.recruit.co.jp/gg/exhibition/gg_gpx_ph_200703/gg_gpx_ph_200703.html
→アマゾンで購入するなら
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4902080273/dgcrcom-22/


「ミーアキャットの家族」江口絵理、内山晟


ミーアキャットの家族 (そうえんしゃ・写真のえほん)
著者:
アマゾンレビュー
欲しいものリストに
ミーアキャットは、アフリカ南部の砂漠にすむ、小さくて、かわいい動物。大自然に生きるミーアキャットの家族の物語。
http://www.soensha.co.jp/book/detail.php?bookcode=00160090
→アマゾンで購入するなら
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4882643286/dgcrcom-22/

なぜ紙メディアは“四苦八苦”しているのだろうか


(Business Media誠)
http://bizmakoto.jp/makoto/articles/1001/15/news003.html


世界各国のクリエイティビティの高い広告の投稿を集めた「Creative Ad Awards」


(GIGAZINE)
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20100114_creativeadawards/


山田祥平のRe:config.sys 虚像と実像が入り交じった今年のCES


(PC Watch)
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/column/config/20100115_342284.html


お魚ぴっちぴち、「大阪市中央卸売市場」へ午前4時に突撃して国内第2位の取扱高に圧倒されてみた


(GIGAZINE)
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20100114_osaka_central_wholesale_market_seafood/


PS3で地上デジタル放送の録画ができちゃう──地上デジタルレコーダーキット「torne(トルネ)」発売


(ITmedia)
http://plusd.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/1001/14/news059.html


日本のお札を明治から平成まで保管 日本銀行本店「旧地下金庫」を見た!!


(マイコミジャーナル)
http://journal.mycom.co.jp/articles/2010/01/15/safe/


終身保険は解約しないと損! “保険なし”でも何とかなる理由


(nikkei TRENDY net)
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/pickup/20100108/1030735/


長崎・七高山巡り


(Daily Portal Z)
http://portal.nifty.com/2010/01/15/b/

2010-1-15

2010/01/15

●「サンデー毎日」1/3-10合併号のグラビアを眺めていたら、政治家19人の揮毫が掲載されていた。本文記事ではその揮毫にこめた、それぞれの政治家の2010年の抱負も紹介されていて、書の専門家や政治評論家による批評は意外に好意的だ。しかし素人で(意地の悪い)わたしから見ると、これはどうかと思う書ばかりだ。むしろヘタクソもいいとこで、教養も品格も感じられない書のオンパレードではないか。見てる方が勝手に恥ずかしくなる。これではありがたく頂戴しますどころか、引き取りも拒否されるわ。名もなき人が書いたものならともかく、政治家の字がこれでは国の将来が危ういとさえ思う。筆でなくサインペンの人が3人、福島瑞穂と亀井静香、これはひときわぶざま。藤井裕久の「真実一路」も今となっては複雑な思い。文部科学相がこんな字では日本の教育の危機を深刻に感じる。普通にうまいのは前原誠司と仙谷由人、バランスのいいのは谷垣禎一、意外に教養を感じさせるのが潮匡人から「チンパンジーにも劣る史上最低の防衛大臣」と言われてしまった北澤俊美だ。ヘタだけど好感もてるのが渡辺喜美。昔の政治家は、将来大物になったときに恥をかかないよう、書の先生について練習したものだという。政治家になったからには、せめて書ぐらいは人並み以上を目指してもらいたいものだ。谷垣総裁は毛詩周頌よりも「将来の、国民の生活が第一」なんてキャッチフレーズ書いたらどうだろ。(柴田)
http://blog.dgcr.com/mt/dgcr/archives/2010/01/15/01.jpg
http://blog.dgcr.com/mt/dgcr/archives/2010/01/15/02.jpg
サンデー毎日」1/3-10合併号より
http://blog.dgcr.com/mt/dgcr/archives/2010/01/15/03.jpg
正月の新聞広告にあった筆文字 左から竹内結子(わりとうまい)、YAZAWA(それなり)、唐沢寿明(ギャグか?)


●宝塚歌劇。水様退団発表。覚悟はしていたものの……涙。/外国人参政権について、原口総務大臣。強制連行者に地方参政権を。帰国整備の方が筋。参政権を二重に持つ人まで出てくる。こういう発言で迷惑するのは、周囲の圧力に屈せず帰化した人たちや、参政権を頑張って用意した彼らの祖国なのでは? 民主党さん、とにかく日本人向けに経済対策第一でお願いします。失業者対策してください。国力下がったら、ご先祖様や未来の日本人に顔向けできまへんえ。/google対中国政府。検索結果規制解除。google頑張れ。何のためのインターネットだ。/iPhone(Androidも)のgoogle音声検索が便利すぎ。イントネーションの違う「雲」「蜘蛛」のどちらも「雲」になり、他の候補として「蜘蛛」が出てきたりする。一つの単語から連想される言葉も候補にあがる。「雲雀丘学園」まで出てくるのだが、これは「ひばりがおかがくえん」と読む。が、「着メロ 音量」が「着メロ 根性」というのもあった。これはないわ〜。着メロの心意気を見せてもらおうじゃないの! 根性出して着メロ作ったってのがひっかかるか。人名検索がおすすめ。特にタカラジェンヌ。「愛加(まなか)あゆ」だと、「もなか アイス」「真ん中」果てはAV女優さんまで。イントネーションと言えば、大阪だとiPhoneは、「あ」いふぉん(マンションと同じ)、が標準らしい。英語的にあい「ふぉ」ーん、だと思っていたし、CMでもそうなのに、どのショップでも「あ」いふぉん、で返される。「金色の免許証」と言うと「ゴールドですね?」と言われるみたいに自然に(CMの意図は別)。(hammer.mule)
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/100114/stt1001142351016-n1.htm
こんな発言したの?
http://www.google.co.jp/mobile/default/onsei.html
音声検索ムービー。井上陸さんが気になるわ〜
http://www.apple.com/jp/iphone/gallery/ads/
あい「ふぉ」ーん、だった

YouTubeで見つけました!

広告
このページの上部にもどる

アクセス

いろいろな方法でアクセスできます!

Twitter

    Photos

    IMG_8395-1riGoing For The Cover ShotHello"Another"World - Out-of-body - Android apps - FreeIMG_8391-1ri20180218_DSC0052020180218_DSC0052320180218_DSC0051420180218_DSC00526