「写真を楽しむ生活」のページ頭です

写真を楽しむ生活

写真が好きなすべての人に役立つ情報クリップ。写真展情報は"日本最強"!

2010-3-1

2010/03/01コメント

●日本雑誌協会の雑誌デジタル配信実証実験に参加した。約1か月のあいだに、支給されたバーチャルマネーで実証実験サイトからコンテンツを購入して読む。あらゆるジャンルの雑誌が参加していて、私も関心のあるもの40冊ほどを選んだ。読むには3つの方法があり、ひとつはおなじみPDF、あとふたつは専用ビューワーだ。2月末にアンケートに答えて終了したが、この実験で知りえた情報等を、公の場で周知させることのないようにというお約束があるので細かなレポートはできない。だが、どうしてもふたつほど触れておきたいことがある。まず、色があまりよくないと感じたデジタル雑誌があったこと。雑誌のレイアウトそのままで、写真が鮮やかなRGBで見えたらデジタル雑誌はどれほど魅力的かと思っていたが期待はずれだった。印刷用のDTPデータのCMYK画像を、元ネタのRGB画像にさしかえるだけでいいのではないかと考えるが違うのか。このへんのワークフローは興味深いので調べてみたい。また、最後のアンケートがかなりの質問量で、答えるのに時間を要したのだが、肝心のデジタル雑誌についての評価項目がないのがおかしい。専用サイトの使い勝手や、PDFや専用ビューワーで見た時の感想などを細かく重点的に問うべきなのに、それらが項目として存在せず実験参加者が任意で書き込むようになっていた。なにが目的の実験だったんだろうと思う。……って、このふたつの感想を書いてしまうのは守秘義務違反か。(柴田)


●フィギュアスケートは体操とは違うというのはわかった。女子に限らず。技の難易度で大きく加点するのではなく、それぞれの技がどうであるかが優先なのね。点の取れるところだけを押さえてそこを完璧にすると良い。だから繋ぎ複雑にしてミスするより、多少単調でもミスなくスムーズに見えた方が点がとれる。たとえば跳び箱12段を飛べるのが世界に数人しかいないとする。跳び箱は左で踏み切り、大きく弧を描き、足を揃えて着地できるのを理想とし、それから外れれば減点。12段を飛んで、やや弧の大きさが小さくなるより、10段を飛んで、弧が大きく綺麗になる方がいいという競技なんだね。でもたぶん世界中の子供たちが(大人も競技者も)ワオ!と思い、憧れるのは前者だろう。だって飛べる人少ないんだもの。そこに賞賛がないなんてなぁ。真央ちゃんがジャンプしかないっていうなら、わからないこともないんだが、他もきれい。バレエ的に見て、だけど、フィギュアの芸術性にはバレエ的要素は関係ないのかなぁ。アンドゥール(股関節の開き)、軸足が曲がらない、軸足が安定している、柔軟性がある、背中の使われ方(全身が繋がっている)、手の表現力……。軸足が曲がらない=体が引き上げられ、体に軸が出来たまま安定。それを無理な体勢にまでもっていくのって、試してみたらわかるけど難しいよ。ショートプログラムだって真央ちゃんの方が良かったと思う。安藤選手も良かったよなぁ。採点方法をわかった上でオリンピックで成功させた真央ちゃんは凄いなぁ。記憶だけでなく記録にまで残っちゃった! 毎日、伊藤ハムの朝のフレッシュシリーズを食べてるんだけど、これからも食べて、真央ちゃんの悔し涙を思い出すよ。本気で一位を目指しているからこそ泣ける美しさを思い出すよ〜。銀おめでとう!(hammer.mule)
http://www.itoham.co.jp/product/series/00000002.html
朝のフレッシュシリーズ
http://www.itoham.jp/corporate/news/070412.html
今は違うのか? 汗

コメントをどうぞ

ご意見お待ちしております!

情報の誤り、リンク切れなどございましたら、お手数ですが、この欄もしくは情報提供フォームからお知らせください。

YouTubeで見つけました!

広告
このページの上部にもどる

アクセス

いろいろな方法でアクセスできます!

Twitter

    Photos

    SushinkansenMamiya U Ride With No Name 6Mamiya U Black 7Mamiya U Ride With No Name 2Mamiya U Black & Silver 7Porst SP LAFD Tower Truck 6Mamiya U Ferrari 275 GTB 2LAFD LaFrance Water Tower Fire Truck 1