「写真を楽しむ生活」のページ頭です

写真を楽しむ生活

写真が好きなすべての人に役立つ情報クリップ。写真展情報は"日本最強"!

●確定申告のシーズンである。一昔前はまる一日かけて申告書を書いていたものだが、いまはネットを使うし、そもそも収入が少ないから30分もかからない。給与も配当も贈与もないから収入は「雑」のみ(それにしても「雑」ってあんまりな表現)。さて、「週刊現代」に「鳩山さんの『巨額脱税』を国税に聞いてみた」という興味深い記事があった。「税金を払っていなかったわけではない。税金を払っていなかったこと自体、何度も申し上げているがまったく知らなかった。事実が分かった瞬間に、すべて納税の義務を果たして来た」とあっさり6億円の贈与税を納付した首相だが、それですべて解決したのか。税理士の浦野広明・立正大学法学部教授は「贈与というのは民法549条で規定された行為ですが、『これを差し上げます』という出し手と、『いただきます』という受け手との間の契約です。しかし鳩山首相は母親からの資金提供を『知らなかった』と言っている。つまり首相と母親の間で贈与は成立しないのです。だから本来、鳩山首相は提供された資金を『雑所得』とし、所得税・住民税を支払わなければなりません」と指摘する。氏が試算したら合計で約15億円以上のおカネを納めなければならないそうだ。おお、たしかにそういう理論は成立する。しかし、同じ「雑」でも桁がいくつも違う、想像も及ばない世界があるもんだなあ。明日、申告に行くかな。(柴田)


●iPhone版「Final Fantasy(1)」をやっている。いつも持ち歩く携帯電話にゲームがあると、どこでもやれちゃうので、少しの空き時間やお風呂で立ち上げてしまう。ゲームはあまりやらないし、FFシリーズはほとんどやったことがないので、ついドラクエと比べてしまったり、FFやっているはずなのに、ふとした時に頭に浮かぶ音楽はドラクエだったりする。いまはアースの洞窟。このFF1はクリアすべきミッションはあるものの、不親切なところ、一本道じゃないところがいい。適当にぶらついていると、会話ヒント以外の場所に行ける。とても強い敵がいて、あっ、ここはまだ来るところじゃないんだなぁとわかる。今の時点では、何のためにあるかわからない場所が複数ある。地図の出し方ぐらい、村人たちが教えてくれたっていいんじゃないかとも思ったりした。なんだろう、このシンプルで、でも面白いのって。重ねて書くが、FFシリーズはあんまりやったことがない。借りてちょこっとやってみるが、コントローラーがきかなくなるシーンがたびたびあって、主人公達は自分のもののような気がしていたのに、急に第三者の目で見なければいけなくなるのが苦手だった。FF1は今のところそういうことがなく、不便なところがかえって楽しい。(hammer.mule)
http://itunes.apple.com/jp/app/id354972939
Final Fantasy
http://itunes.apple.com/jp/app/id354974729
2はこちら

コメントをどうぞ

ご意見お待ちしております!

情報の誤り、リンク切れなどございましたら、お手数ですが、この欄もしくは情報提供フォームからお知らせください。

CAPTCHA


YouTubeで見つけました!

広告
このページの上部にもどる

アクセス

いろいろな方法でアクセスできます!