「写真を楽しむ生活」のページ頭です

写真を楽しむ生活

写真が好きなすべての人に役立つ情報クリップ。写真展情報は"日本最強"!

●TOSTEM IN-PLUSのCM「ある夫婦の物語」が、じつにリアルでいたたまれない。なぜこんないや〜な感じをCMで味あわされなければならないのだ。なにが原因か、ものすごく不機嫌でとりつくしまのない妻がいる。窓際で外を眺めて振り返る夫、視線をあわせない妻。「まわりの声がそんなに気になるぅ、そりゃ回りはいろいろ言うさ、でもそんなの雑音じゃない、気持ちの問題だよ、…また俺の問題?」(防音編)。帰宅した夫、背を向けた妻。「仕事終えて帰って来てねぇ、何だろ、この家の冷えた感じは、…俺のなにがいけないの、何が問題?」(断熱編)。そして、喫茶店で向かい合う二人、黙りこくる妻に語りかける夫、最後に「…帰ってきてくれないかな」。困惑しきって、冷えきった関係をなんとか修復しようとする堤真一、じつにうまい。妻役の一言も発しない粟田麗、冷たい雰囲気と無表情がじつにこわい。夫婦を長くやっているとこういう場面は必ずあるわけで、身につまされる。思い出したくもない。「今回のテレビCMは、『窓の問題ではないですか?』という問いかけをキーワードに、倦怠期を迎えた夫婦間の問題と家の問題を重ね合わせたトステム初のドラマ仕立てのテレビCMです」というが、ちょっと無理がある。やっぱりCMはハッピーなほうがいい。ネットでCMを何度も確認していて、落ち込んだ。日本共産党の穀田恵二議員、堤真一の兄貴みたいな風貌でかっこいい。思想はご遠慮申し上げるが、好感度高し。(柴田)
http://www.tostem.co.jp/lineup/sash/reform/inplus/gallery/
http://www.tostem.co.jp/newsrelease/2009/nr048.htm
TOSTEM IN-PLUS


●iPhone版「ストリートファイターIV」が出たので、早速ダウンロード。ファイルサイズ約200メガ、900円。YouTubeにあがっている動画群を見て、予想していたより操作しやすそうだなぁと。オープニングムービーと、Specialとしてあがっている「スーパー・ストリートファイターIV」のCMムービーは必見。動きのある水墨画や版画のよう。迫力がある。ローディングで数秒待たされる。対コンピューターでは「総当たり戦」、対戦相手を選べる「自由組手」、操作方法の学べる「練習部屋」があり、対人はBluetoothのみ。オンライン対戦できないのが不満。家庭用ゲーム機を買ってねってことか。キャラクターはリュウ、ケン、チュンリー、ベガ、ダルシム、ブランカ、ガイル、ストIVからのアベル。設定で、カンタン必殺技モードや、オートガードが選べる。バトル中にもポーズボタンからコマンドリストを確認したり、リプレイデータの保存もできる。めちゃくちゃ下手なので、練習部屋からスタート。慣れるのに時間はかかりそうだが、技は出るし、もっさり感もない。戦っている時にスピーカーを指で遮ってしまい、音が聞こえにくくなることはあった。邪道だが、テーブルの上に置き、人差し指でやると楽。家族は早速、総当たり戦をやり、15分ほどでクリア。一度コンティニューしたから次は本気でやるわ、と。すぐにクリアできちゃうのもったいないね、と悔しいので言ってみる。コンティニューなしだと何かあるらしい。何年もストIIシリーズやっていなかったくせに、PS3版のスーパーストIVの予約をするとか何とか言っているようだが聞こえないふりをしよう。(hammer.mule)
http://www.capcom.co.jp/iphone/sf4_jp/  公式サイト
http://www.youtube.com/watch?v=623MZqZA2Vs  操作動画
http://www.youtube.com/watch?v=NZxZZVTva9o
リプレイ動画。うまいなぁ。

コメントをどうぞ

ご意見お待ちしております!

情報の誤り、リンク切れなどございましたら、お手数ですが、この欄もしくは情報提供フォームからお知らせください。

CAPTCHA


YouTubeで見つけました!

広告
このページの上部にもどる

アクセス

いろいろな方法でアクセスできます!