「写真を楽しむ生活」のページ頭です

写真を楽しむ生活

写真が好きなすべての人に役立つ情報クリップ。写真展情報は"日本最強"!

編集後記………10月25日(火)

2011/10/251 コメント

●北林一光「ファントム・ピークス」を読む(角川書店、2007/最近文庫化)。本の雰囲気がスティーブン・キングそっくりだと思ったら、やっぱり挿画が藤田新策だった。キングの熱狂的ファンである宮部みゆきが「絶賛」と帯にあり、さらに「それは恐怖の連鎖のきっかけに過ぎなかった! 人間をあざ笑うように、次々と起る惨劇。山に潜む、かつてない凶悪なモンスターとは!?」と煽られては読むしかないだろう。未知のモンスターによるホラー小説かと思ったら全然違って、分類すればパニック小説か。モンスターの正体はすぐに予想できた。だが実際はそれを上回っていた。意外性は少ないが、正体が割れてからも物語は加速し、途中で本を閉じられなくなる。映画監督の黒沢清のあとがきにあるように、「そう簡単に都合よく物語が展開しないところが面白い。映画にたとえれば、予算も限られ上映時間も決められた中、集中的に山場を作って、後はなるべくふせてふせて、という手法」による「彼の大好きな70年代あたりのアメリカ映画の良さを抽出したような作品」である。作者は映画プロデューサーである。なるほど、だから映画的な構成なのか。しかし、登場人物の会話が説明的なうえ、作者の思想を代弁させているところもあって鼻につく。モンスターはもう一匹いるという含みを持たせたエンディング。しかし、もう出現しない。作者は惜しくも2006年に亡くなっている。(柴田)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4048738194/dgcrcom-22/
→アマゾンで見る(レビュー30件)


●アウトラインプロセッサ、OmniOutliner、MandalArt。高いよ〜。ちょっとテスト、なんてできないケチな性分。ToDoアプリは無料バーゲンを見つけるとダウンロードしてて、アプリ名にToDoとついているものだけでも26個あるよ。それのどれもが一長一短。クラウドサービス連携は必須。以前は毎年、1万円ほどの手帳用紙を購入していたんだし、それに比べると安いとは思うのに、無料や85円の価格帯が普通に思えて、つい。1,000円のハードルは高い。ToDoとスケジュール管理のため、Pocket InformantをiPhone版・iPad版と購入して、ToodledoとGoogle Calender連携でずっと行くつもりだったが、ToDoはOmniFocusがいいのかも、なんて迷ったりする今日この頃。ツールが使いにくいから放置気味になるのか、ツールはある程度のものなら何でも良くて、単に習慣づいていないからだけなのか。たぶん後者。(hammer.mule)
http://www.omnigroup.com/products/omnifocus/  OmniFocus
http://www.webis.net/products_info.php?p_id=pocketinformant_iphone
Pocket Informant
http://www.youtube.com/watch?v=zx4NYk2BQVI#! Pocket Informant 2.0

“編集後記………10月25日(火)”には1レスポンス

  1. 編集後記………10月25日(火) http://t.co/0cbcOll6

コメントをどうぞ

ご意見お待ちしております!

情報の誤り、リンク切れなどございましたら、お手数ですが、この欄もしくは情報提供フォームからお知らせください。

YouTubeで見つけました!

広告
このページの上部にもどる

アクセス

いろいろな方法でアクセスできます!

Twitter

    Photos

    Fujica ST Dia de los Muertos 7Fujica ST Dia de los Muertos 8Minox CD70 Día de los Muertos 1Fujica ST Dia de los Muertos 5Minox CD70 Día de los Muertos 2Fujica ST Dia de los Muertos 1Minox CD70 Día de los Muertos 3Fujica ST Dia de los Muertos 2