「写真を楽しむ生活」のページ頭です

写真を楽しむ生活

写真が好きなすべての人に役立つ情報クリップ。写真展情報は"日本最強"!

2012年06月11日のアーカイブ

resist写真塾 6期生修了写真展「悶答(もんどう)」


会期:6月12日(火)〜7月1日(日)
会場:ヨドバシフォトギャラリー「INSTANCE」(東京都新宿区)
内容:写真家吉永マサユキ・森山大道両氏の主催するresist写真塾6期生の写真展。「悶答」というタイトルのもと、視点も年齢も職業も異なる若手写真家12名の作品、約200点を展示。
出展:泉原延幸・伊藤優子・伊藤怜央・大越元・大島由紀・大谷次郎・越川洋行・塩崎直樹・那須潔・本間晴久・村瀬梨奈・吉田幸樹
出展作家12名+吉永マサユキ・森山大道による写真集「resist vol.06」を会場で販売。税込み2,100円。
http://www.yodobashi.com/ec/support/news/1213373439033/index.html
http://resist-action.blogspot.jp/2012/06/6.html



那須悠介「日照条件と写真」


会期:6月12日(火)〜6月24日(日)
会場:サードディストリクトギャラリー(東京都新宿区)
http://www.3rddg.com/


鶴崎燃写真展「海を渡って ─日本×ミャンマー」


会期:6月5日(火)〜6月18日(月)
会場:新宿ニコンサロン(東京都新宿区)
http://www.nikon-image.com/activity/salon/exhibition/2012/06_shinjyuku.htm#02


伊藤理恵写真展「鉄橋日和」


会期:6月12日(火)〜6月18日(月)
会場:新宿ニコンサロンbis21(東京都新宿区)
http://www.nikon-image.com/activity/salon/exhibition/2012/06_bis.htm#03


直江沙季写真展「どんづまる」


会期:6月12日(火)〜6月24日(日)
会場:GALLERY SHUHARI(東京都新宿区)
http://www.gallery-shuhari.com/


大野高裕写真展「ニジェール〜最貧国の笑顔たち〜」


会期:6月12日(火)〜6月17日(日)
会場:Roonee 247 photography(東京都新宿区)
http://www.roonee.com/


植田華菜子写真展「虹を見た日」


会期:6月12日(火)〜6月17日(日)
会場:CROSSROAD GALLERY(東京都新宿区)
http://www.roonee.com/crossroad/schedule/


大槻明生写真展「東日本大震災・南相馬市からの報告」


会期:6月12日(火)〜6月24日(日)
会場:ART GALLEY KAGURAZAKA(東京都新宿区)
http://art-galley.craps.co.jp/


3331 GALLERY #15 古屋和臣個展「My Sputnik」


会期:6月9日(土)〜7月22日(日)火休
会場:3331 GALLERY(東京都千代田区)
http://www.3331.jp/schedule/001571.html


高橋恭司写真展「応唐華」


会期:6月12日(火)〜6月19日(火)
会場:DEE’S HALL(東京都港区)
http://www.dees-hall.com/index.html


松永泰明写真展「初源」


会期:6月12日(火)〜6月17日(日)月休
会場:ギャラリーJy(東京都港区)
http://www2.odn.ne.jp/gallery-jy/link.html


守野航「ふたつの街とひとつの島」


会期:6月12日(火)〜6月24日(日)月休
会場:NADAR/TOKYO(東京都港区)
http://nadar.jp/tokyo/schedule/120612.html


築地仁写真展「都市写真・METROPOLIS ICON」


会期:6月12日(火)〜6月24日(日)
会場:DAZZLE(東京都港区)
http://gallery-dazzle.com/exhibitions/


「Days」 PHaT PHOTO 11D Photo Exhibition


会期:6月12日(火)〜6月17日(日)
会場:ギャラリー・ルデコ(東京都渋谷区)
http://ledeco.main.jp/?p=3850


平野蘭「雪月花」


会期:6月9日(土)〜7月8日(日)月火休
会場:Gallery Forgotten Dreams(東京都江東区)
http://www.hama-design.com/artist/lanhirano/
http://www.facebook.com/galleryforgottendreams


宮澤正明写真展「伊勢神話への旅」


会期:5月26日(土)〜7月1日(日)6/25・26休
会場:調布市文化会館 たづくり(東京都調布市)
http://www.chofu-culture-community.org/forms/info/info.aspx?info_id=25507


写団零 第1回写真展「四季の彩(いろ)」


会期:6月2日(土)〜6月17日(日)
会場:モンベルグランべリーモール(東京都町田市)
http://store.montbell.jp/search/shopinfo/indoor/?shop_no=679975

ZERO写真展2012 YOKOHAMA


会期:6月1日(金)〜7月16日(月)
会場:放送ライブラリー(横浜市中区)
http://www.bpcj.or.jp/sp/event/now/201205/post20120510.html


東日本大震災 第1回石巻かほく復興写真展 復興の歩みを見つ


めて
会期:6月2日(土)〜6月17日(日)月休
会場:横浜みなと博物館(横浜市西区)
http://www.nippon-maru.or.jp/events/2012/06/62617.html


世界環境写真展「地球からのメッセージ」


会期:5月26日(土)〜7月16日(月)月休
会場:神奈川県立地球市民かながわプラザ あーすぷらざ
(横浜市栄区)
http://www.earthplaza.jp/


フォトサークルすだじい写真展「井の中の蛙 大海に挑む!!」


会期:6月12日(火)〜6月17日(日)
会場:かなっくホール ギャラリー(横浜市神奈川区)
http://kanack-hall.jp/cgis/exhibit.cgi?PerformPlaceCategoryNo=15

アート・フォトクラブながれ雲第5回展「うたかた」


フォトクラブ名城作品展


会期:6月12日(火)〜6月17日(日)
会場:名古屋市民ギャラリー栄(名古屋市中区)
http://www.bunka758.or.jp/scd18_top.html

南船場フォトウォーク2012 未来につなぐ、フィルム写真展


会期:6月12日(火)〜6月17日(日)
会場:壹燈舎(大阪市中央区)
http://www12.ocn.ne.jp/~ittosha/
http://photowalk2012.tumblr.com/


南船場フォトウォーク2012 未来につなぐ、フィルム写真展


会期:6月12日(火)〜6月17日(日)
会場:ギャラリー・アビィ(大阪市中央区)
http://g-avi.com/
http://photowalk2012.tumblr.com/


南船場フォトウォーク2012 未来につなぐ、フィルム写真展


会期:6月12日(火)〜6月17日(日)
会場:NADAR/OSAKA(大阪市中央区)
http://nadar.jp/osaka/schedule/120612.html
http://photowalk2012.tumblr.com/


南船場フォトウォーク2012 未来につなぐ、フィルム写真展


会期:6月12日(火)〜6月17日(日)
会場:Acru Gallery(大阪市中央区)
http://acru.jp/blog/information/2439
http://photowalk2012.tumblr.com/


公開グループ展「50mm(標準レンズ)」


会期:6月12日(火)〜6月17日(日)
会場:gallery maggot(大阪市西区)
http://gallery.maggot-p.com/


カメラヴ写真展


会期:6月4日(月)〜6月17日(日)
会場:ギャラリー モノコト(大阪市北区)
http://www.mono-coto.net/

長倉洋海写真展「子どもたちからの元気便〜震災からの出発」


会期:6月10日(日)〜6月20日(水)
会場:紀伊國屋書店福岡本店(福岡市博多区)
http://www.kinokuniya.co.jp/store/Fukuoka-Main-Store/

エツミ、クリップオンストロボ用のハニカムグリッド


(デジカメWatch)
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20120608_538876.html


ハクバ、ユニークなアイデアを盛り込んだ「GW-PROショルダーバッグ」


(デジカメWatch)
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20120608_538913.html


ハクバ、バックルを外すだけで撮影できる「GW-PROカメラホルスター」


(デジカメWatch)
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20120608_538904.html

ファーストインプレッション キヤノンEOS Kiss X6i 〜AF周りを一新。使い勝手が強化された定番ファミリーモデル


(デジカメWatch)
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/review/impression/20120611_539338.html



X-Pro1&ライカレンズ実写レビュー


(PHOTO YODOBASHI)
http://photo.yodobashi.com/gear/fujifilm/accessories/ma/index.html


富士フイルムXF35mm F1.4 Rは少し絞れば際立った性能になる


(デジカメinfo)
http://digicame-info.com/2012/06/xf35mm-f14-r.html


ソニーDSC-RX100は一眼レフのバックアップ用として最適なカメラ


(デジカメinfo)
http://digicame-info.com/2012/06/dsc-rx100-1.html


パナソニックLumixG 12.5mm F12の3D画像はとても印象的


(デジカメinfo)
http://digicame-info.com/2012/06/lumixg-125mm-f123d.html


ソニーα57のDxOMarkのスコアが掲載


(デジカメinfo)
http://digicame-info.com/2012/06/57dxomark.html

インタビュー:たたずまいの良いカメラ──「FUJIFILM X」とは何か


(ITmedia)
http://camera.itmedia.co.jp/dc/articles/1206/11/news034.html


ソニー「サイバーショットDSC-RX100特別体験会」レポート


(デジカメWatch)
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20120609_539155.html


オリンパス、カメラ事業をミラーレスと高級コンパクトに集中 〜ウッドフォード氏とは12億円の支払いで和解成立


(デジカメWatch)
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20120609_539160.html


高宮葵の女子カメトーク 第6回「好きな写真、撮りたい写真」


(女子カメ Watch)
http://www.watch.impress.co.jp/headline/docs/extra_watch/girlscamera/20120608_538501.html


荻窪圭の“這いつくばって猫に近づけ”第254回 ミラーレス一眼で黒猫をカッコよく撮る!


(ASCII)
http://ascii.jp/elem/000/000/700/700266/


近距離でイキイキ!動物たちの接写画像


(カラパイア)
http://karapaia.livedoor.biz/archives/52086228.html


風景が息をする!世界風景写真コンテスト受賞30作品が圧巻


(カラパイア)
http://karapaia.livedoor.biz/archives/52088217.html

どっかに行っちゃったiPhoneを一発で探せるBluetoothタグ


(ASCII)
http://ascii.jp/elem/000/000/700/700746/


佐世保の要塞遺構めぐり


(Daily Portal Z)
http://portal.nifty.com/kiji/120608155905_1.htm


サンワサプライ「雷ガードタップ TAP-SP209」〜落雷で家電がダメになる「雷サージ」を防ぐ電源タップ


(家電Watch)
http://kaden.watch.impress.co.jp/docs/column_review/yajreview/20120608_538302.html


ヤマダ電機、広島の繁華街に「LABI広島」を22日オープン


(家電Watch)
http://kaden.watch.impress.co.jp/docs/news/20120608_538878.html


大手が続々参入! 「エナジードリンク」は誰が買う?


(NIKKEI TRENDY NET)
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/pickup/20120601/1041277/


ボーズ「Wave Music System III」+αでワイヤレスミュージックを楽しもう!


(NIKKEI TRENDY NET)
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/20120608/1041398/

●先週の金曜日に、国立新美術館で開催中の「大エルミタージュ美術館展 世紀の顔・西欧絵画の400年」を見に行った。我が家の玄関を出て美術館の入り口まで約60分と意外に近かった。10:30頃に入場すると、観覧コースに人がつながっていたが混雑しているという感じではない。音声ガイドのある作品のところがやや動きが悪い程度で、まあ見やすい方だった。


展示は、16世紀=ルネッサンス:人間の世紀、17世紀=バロック:黄金の世紀、18世紀=ロココと新古典派:革命の世紀、19世紀=ロマン派からポスト印象派まで:進化する世紀、そして20世紀=マティスとアヴァンギャルドの世紀という5つのパートに83作家、全89点を配し、絵画の400年の歴史をたどるというみごとな構成だった。壁の色も時代に合った色に塗り分けられていていい感じ。わたしは西洋美術を勉強したことがないから(西洋史もよくわからない)、近世のおなじみの作家名を確認して満足するという程度で、せっかくの至宝に対してもうしわけない観客であった。西洋絵画マニアの妻はすごくご機嫌だったからいいのだけど。


この展覧会の目玉はマティスの大作「赤い部屋(赤のハーモニー)」のようだ。ポストカード人気第一位もこれだ。わたしもこのデザインっぽい絵は好きだが、エルミタージュ美術館のイメージとしてはモダン過ぎるような気がした。わたしが一番素敵だと思ったのは、マリー・アントワネットの肖像画家として有名なエイザベト=ルイーズ=ヴィジェ=ルブランの「自画像」(1800年)である。美しい女性だ。観覧コースをずいぶん進んでから、こっそり戻って見た。でも自画像に優れた作家って、なんか微妙な気がしないでもない。


その絵は「大エルミタージュ美術館展」のサイトにはなかったので捜したら、2011年、三菱一号館で開催された「ヴィジェ・ルブラン展」のサイトの一番上にあった。このサイトにはもうひとつの「自画像」もあった。それは1791年のもので、そっちも素敵だ。「大エルミタージュ美術館展」は西洋美術の歴史を通覧するには手頃な展覧会だった。世界史を勉強し直さないといかんなあと思ったのであった。(柴田)


http://www.ntv.co.jp/hermitage2012/index.html
大エルミタージュ美術館展 世紀の顔・西欧絵画の400年
http://mimt.jp/vigee/
ヴィジェ・ルブラン展


●東心斎橋の事件をまったく知らなかった。テレビやネットニュース、SNSを見なければ世間のことを知ることはないんだな……。/SNSといえば、日本のFacebookユーザー数は899万人でアジア7位、なのだそうだ。もともと人口の少ない国だしと一位を見たらブルネイ。次いでシンガポール、台湾。あれ? 日本の人口って今どれだけだっけ? とWikipediaでの国勢調査の結果を見ると2010年時点で128,057,352人、2005年より289,358人増加。が、日本人の数は125,358,854人で、37万人減少。これって……。とにかく7%の人がFacebookアカウントを持っているんだって。


WOWOWメンバーズオンデマンド。加入者限定の無料番組配信サービス。スマフォやタブレットで視聴できる。加入者一人につき端末を3台まで登録可能。まずは「UEFA EURO 2012 サッカー欧州選手権」の全31試合をライブ配信。見逃し視聴、ライブラリー番組配信なども。映画の配信をしてほしいなぁ。  (hammer.mule)


http://markezine.jp/article/detail/15808
日本のFacebookユーザー数は899万人でアジア7位
http://www.wowow.co.jp/mod/
WOWOWメンバーズオンデマンド
http://www.youtube.com/watch?v=-E-8_wDgN7c
深海の一反木綿

YouTubeで見つけました!

広告
このページの上部にもどる

アクセス

いろいろな方法でアクセスできます!

Twitter

    Photos

    My CollectionHakodate Night ViewsKonica Kanpa!Go with your gut!Live Paint at Design FestaArtist Recording Live Painting ProcessOn Assignmentカシェ・バルジ | ACRU