「写真を楽しむ生活」のページ頭です

写真を楽しむ生活

写真が好きなすべての人に役立つ情報クリップ。写真展情報は"日本最強"!

2013年07月01日のアーカイブ

畠田冴子写真展


会期:7月1日(月)〜7月15日(月)月休
会場:Gallery Bar 26日の月(東京都新宿区)
http://www.cl.bb4u.ne.jp/~moon26/gallery.html


三本和彦写真展「サファリ’80」


会期:7月2日(火)〜7月7日(日)月休
会場:三日月ギャラリー(東京都新宿区)
http://www.cl.bb4u.ne.jp/~mikaduki/


田中舘裕介「微かな羽音」


会期:7月2日(火)〜7月14日(日)
会場:サードディストリクトギャラリー(東京都新宿区)
http://www.3rddg.com/exhibition/2013.7.2/tanakadate_yusuke.html


日本大学芸術学部写真学科新4年生選抜者12名「出て来い新人2 日本大学芸術学部写真学科気鋭学生写真展」


会期:7月2日(火)〜7月8日(月)
会場:新宿ニコンサロンbis21(東京都新宿区)
http://www.nikon-image.com/activity/salon/exhibition/2013/07_bis.htm#02


倉茂義隆写真展「続 ふるさと栃尾の日々」


会期:6月25日(火)〜7月8日(月)
会場:新宿ニコンサロン(東京都新宿区)
http://www.nikon-image.com/activity/salon/exhibition/2013/07_shinjyuku.htm#01


resist 写真塾7期生写真展「変化」


会期:7月2日(火)〜7月21日(日)
会場:ヨドバシフォトギャラリーINSTANCE(東京都新宿区)
http://www.yodobashi.com/ec/support/news/1213373439033/index.html


Directorユs choice 2013「Nude」


杵島隆・秋田好恵・西村陽一郎・上野龍
会期:7月2日(火)〜7月14日(日)月休
会場:Roonee 247 photography(東京都新宿区)
http://www.roonee.com/


秋山武雄写真展「青べかの消えた街 1954〜1969・浦安」


会期:7月2日(火)〜8月4日(日)月休
会場:JCIIフォトサロン(東京都千代田区)
http://www.jcii-cameramuseum.jp/


第24回全国保険医写真展


会期:7月2日(火)〜7月7日(日)
会場:JCIIクラブ25(東京都千代田区)
http://www.jcii-cameramuseum.jp/


ツァイト・フォト・コレクション「魅惑のコレクション」


北井一夫・柴田敏雄・丹野章・須田一政・小石清ほか
会期:7月2日(火)〜8月31日(土)日月祝休
会場:ツァイト・フォト・サロン(東京都中央区)
http://www.zeit-foto.com/exhibition/index.html


澁江一仁写真展「石畳から土を踏む」


会期:7月2日(火)〜7月20日(土)日月休
会場:ギャラリーE・M西麻布(東京都港区)
http://www.takeuchi-studio.jp/gallery_em/


古屋敦士「ゆるやかな日々」


会期:7月2日(火)〜7月7日(日)
会場:ギャラリーSPACE KIDS(東京都港区)
http://homepage1.nifty.com/spacekids/


明治大学写真藝術研究会駿河台展


京|東京個展「失格/for the human race」


PHaTPHOTO 12H Class 写真展「COLORS」


法政大学カメラ部七月展


会期:7月2日(火)〜7月7日(日)
会場:ギャラリー・ルデコ(東京都渋谷区)
http://ledeco.net/


TAKAHASHI HIROKO EXHIBITION


OVERTURNING FIXED IDEAS AND PROVOKING NEW WAYS OF THINKING.
会期:6月28日(金)〜7月10日(水)
会場:ロゴスギャラリー(東京都渋谷区)
http://www.parco-art.com/web/logos/exhibition.php?id=568

第38回ハマグルッペ写真展


会期:7月2日(火)〜7月8日(月)


東日本大震災動物救護シェルター にゃんだーガード写真展「がんばって生きてるよ」


会期:7月3日(水)〜7月7日(日)
会場:かなっくホール ギャラリー(横浜市神奈川区)
http://kanack-hall.jp/info/gallery/


三軌会写真部千葉支部展


写真クラブ花の会展第10回作品展


会期:7月1日(月)〜7月7日(日)
会場:船橋市民ギャラリー(船橋市)
http://www.f-bunspo.or.jp/gallery/exhibition

藤原伸彦「エゾリスくん」


会期:7月1日(月)〜7月11日(木)土日祝休
会場:ニコン札幌サービスセンターフォトスクエア(札幌市北区)
http://www.nikon-image.com/support/showroom/servicecenter/sapporo/photosquare.htm


第8回写友風笛写真展


会期:7月2日(火)〜7月7日(日)
会場:札幌市民ギャラリー(札幌市中央区)
http://www.sapporo-shimin-gallery.jp/schedule.php

FoToサークルU 第10回写真展


第18回グループにはん写真展


会期:7月2日(火)〜7月7日(日)
会場:名古屋市民ギャラリー栄(名古屋市中区)
http://www.bunka758.or.jp/scd18_p04.html


森貞夫写真展「四季の滝」とフォトサークル光彩展


会期:6月25日(火)〜7月8日(月)
会場:HCL フォトギャラリー名古屋(名古屋市中区)
http://www.horiuchi-color.co.jp/photo-gallery/nagoya/

浦沢美奈 [POUSSE] 写真展「はなのいろ」


会期:7月2日(火)〜7月7日(日)
会場:GALLERY 9 kyoto(京都市中京区)
http://www.ga-q.com/home.html


平川典俊「union de…バラガン邸の完成」


会期:6月22日(土)〜7月13日(土)
会場:タカ・イシイギャラリー京都(京都市下京区)
http://www.takaishiigallery.com/jp/archives/8205/


写真人─フォトンチュ─写真展「EXPRESSERS THE PHOTO


EXHIBITION 2nd」
会期:7月1日(月)〜7月7日(日)
会場:Acru(大阪市中央区)
http://acru.jp/gallery/calendar


Luftspiegelung写真展「それぞれが見た、蜃気楼の世界」


松井泰憲・森誠・宮崎shihiro・sophie
会期:7月2日(火)〜7月7日(日)
会場:壹燈舎(大阪市中央区)
http://www12.ocn.ne.jp/~ittosha/


公開グループ展「あ!」


会期:7月2日(火)〜7月7日(日)
会場:gallery maggot(大阪市西区)
http://gallery.maggot-p.com/


最初の一歩の写真展「STEP」


林大鉉・畝原啓・梶岡未来・梶原菜々絵・冨弥充・とよかわちさ・鳴原ちひろ・ひおきみか・水池葉子・宮崎万純・米澤悠介・
shilling
会期:7月2日(火)〜7月7日(日)
会場:NADAR/OSAKA(大阪市中央区)
http://nadar.jp/osaka/schedule/130702.html


─共鳴 RESONANCE─


室田光祐・マッシュ・maeda akitaka
会期:7月2日(火)〜7月7日(日)
会場:BEATS GALLERY(大阪市中央区)
http://beats-gallery.com/exhibition1307-25/


第6回フォトサークルD.A.N選抜写真展


会期:7月1日(月)〜7月26日(金)土日祝休
会場:ペンタックス大阪ミニギャラリー(大阪市中央区)
http://www.pentax.jp/mini-gallery/gallery/20130701/index.html


「写真生活手帖─展示の楽しみ」展。


吹雪大樹・夛留見彩・石下理栄・高田崇平・井上孝志・齋藤晋・城野智子・杉本征克・三島佳子・林和美
会期:7月2日(火)〜7月14日(日)月休
会場:Kobe 819 Gallery(神戸市中央区)
http://kobe819.net/exhibition

国際フォトコンペ「Tokyo International Photo Competition」


の作品募集が開始 グランプリ・優秀賞はニューヨークでも展示
(デジカメWatch)
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20130517_599828.html

ソニー、NEX用新Camera Apps「ポートレートライティング」を配信開始


(デジカメWatch)
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20130628_605688.html


スリック、短く収納できる大型カーボン三脚 3,000万画素オーバーのデジタルカメラにも対応


(デジカメWatch)
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20130628_605683.html


アルミ削り出しの「FUJIFILM X100S/X100」用サムレスト


(デジカメWatch)
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20130628_605669.html


KIRK、バッテリーグリップ付きEOS 6D用のL型ブラケット


(デジカメWatch)
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20130701_605884.html


ZKIN、丸環タイプのスリムな本革ストラップ。肩当て付き


(デジカメWatch)
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20130628_605627.html

ミラーレス一眼の“顔”とも呼べる魅力的カメラ──「OLYMPUS PEN E-P5」


(ITmedia)
http://camera.itmedia.co.jp/dc/articles/1307/01/news062.html


PEN E-P5


交換レンズ百景:“40ミリ”を撮影者次第で楽しめる薄型レンズ──キヤノン「EF40mm F2.8 STM」


(ITmedia)
http://camera.itmedia.co.jp/dc/articles/1306/28/news088.html


l_hi_dc01


気になるデジカメ長期リアルタイムレポート PENTAX Q10【最終回】上品なシャッター音はレストラン撮影の強い味方!


(デジカメWatch)
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/review/longterm/20130701_605700.html


q10


使いやすさに脱帽! 高級コンデジの大本命、ソニー「RX100 II」の“満足度”


(NIKKEI TRENDY NET)
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/pickup/20130627/1050386/


オールドデジカメの凱旋 リコーCaplio GX100(2007年)


(デジカメWatch)
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/review/oldcamera/20130701_605704.html


タムロンSP70-200mm F2.8 Di VC USD はこのクラスで最もシャープなレンズ


(デジカメinfo)
http://digicame-info.com/2013/06/sp70-200mm-f28-di-vc-usd-2.html

オンラインストレージはユニバーサルサービス品質の時代へRAID6で三重化! NTT Com「マイポケット」のスゴいこだわり


(INTERNET Watch)
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/interview/20130628_605060.html


荻窪圭の“這いつくばって猫に近づけ”第310回「OM-D」を携えて、猫がいる街「谷中」をぶらり(ASCII)


http://ascii.jp/elem/000/000/803/803079/

●ロシアのSF超大作と銘打った「プリズナー・オブ・パワー 囚われの惑星」DVDを見た。原作はストルガツキー兄弟の「収容所惑星」で、“映像化不可能”といわれていた。それが実現したのだから、大いに期待していたのだが、残念ながら“理解不可能”な映画だった。オープニングの一部がアメコミ風で、効果音がドドドドとかガガガガとか、日本語が表示されるのは興味深かった。


VFXはいまや当たり前のスケールで、しかし古くさい。それはそれでいい味が出ているともいえる。問題なのは、ストーリーがよくわからないことだ。この物語の世界観というか、全体像というか、まずそれがつかめない。なにもかも説明不足のまま、話がどんどん進んじゃうから、なにがなんだかわからない。これはわたしのせいなのか。歳をとったせいで理解力が急激に減退したんだろうかと不安になる。


最後になって、主人公と権力側だった一人の男との説明的過ぎる会話があって、少しわかったところで、何の展望もないまま物語は終わる。これでいいのか。これでほんとに終わっちゃうのか? じつはこの映画、ロシアでは2部作として公開したものを、インターナショナル版120分として再編集したものであった。スピーディなテンポだと思っていたは、エピソードがいくつか中抜きされ、つぎはぎ編集されたからなのだろう。


この惑星では軍事独裁政権「匿名の父たち」が、あらゆる場所に設置した防衛塔と称するタワーから、マインド・コントロール光線を放射し、人民を洗脳し支配していた。人民の神経に作用し、考える力をうばい、抵抗する力を削ぎ、メディアを鵜呑みにさせるという怪光線。まさしくSFだが、いまの北朝鮮や中国の政権にとって、人民のさらなる洗脳のために、あったら欲しい魅力的なツールだろう。後先考えず、体制をぶちこわすだけだったという主人公は、新しいヒーローか、そんなことはない。なんとも希望のない映画だった。(柴田)


http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00B18YL50/dgcrcom-22/
プリズナー・オブ・パワー 囚われの惑星


●DTPエキスパートの更新試験案内が届いた。最初の違和感はパスワード。サイトのパスワードはこちらで設定したはずだが、サイトがリニューアルしたのか? 次に次回から主にメールでの案内になるという文章。メールだと見落としそうだなぁ。更新は三回目だったかで、受験申請書のフォーマットはいつもと同じものだし、案内文はブロック読みで、タイトルの把握だけだった。


ブロック読みって使わないか。たとえば新聞だと見出しだけ見て、興味があるものだけ読むんだが、紙面に占める記事の大きさも判断していて、忙しい時は小さなものはタイトルすら読まない。斜め読みより簡素な感じ。斜め読みと共通するのは、興味のある単語だけが目に入るところ。A4文書なら上から3分割し、視線を3回変えて、1秒でなめる感じ。


案内では1番上には目が止まらず、2番目のブロックの太字のパスワードが目に入り、3番目のブロックでは、原則メールの箇所。で、2つ気になったので、次は3秒ぐらいかけてなめる。ふと、「記述問題」が目に入った。記述問題? 合否には関係ないらしいが、400文字のレポート提出が必要なのだそうだ。試験方法なんて毎回同じだと思い込んでいたから、そこはすっ飛ばしていた。


で、その近辺を読む。ログインして試験を受けろと。あれ? いつもは、問題用紙が郵便で届き、マークシートにマークして返送してたよね。今回の試験だと合否はその場でわかり、各部三回まで受験できるのだそう。間違いに気づけるのは嬉しいが、サイトでの受験ってなんだかな〜。その上、認証証には顔写真が入らなくなるそうで、今まで使ったことないけど、それぐらいは続けて欲しかったわ。画像データをアップする形なら郵送せずとも授受できるのに。(hammer.mule)


http://www.jagat.jp/content/view/5078/307/
DTPエキスパート更新試験形式変更のお知らせ。CBT方式試験へ。

写真展スケジュールをギャラリーごとに一覧形式にしました。
PDF形式ですので、印刷して持ち運びいただけます。


※編集上の整理のためにつくったもので、まだ不完全です。
※実際にお出かけの際は、必ず各会場のサイトを参照して、電話で確認をされることをおすすめします。
無休のギャラリーと定期的に休館のギャラリーがあります。このカレンダーには休館日を記載していません。
※このカレンダーをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。印刷方法はAdobeサイトをご覧ください。




地域ファイル最終更新日
新宿区1■■2013/07/22
新宿区2■■2013/07/19
千代田区・中央区1■■2013/07/29
千代田区・中央区2■■2013/07/29
港区1■■2013/07/01
港区2■■2013/07/22
渋谷区1■■2013/07/29
渋谷区2■■2013/07/26
中野/杉並/目黒/台東/江東/板橋■■2013/07/29
都下・横浜・鎌倉・さいたま■■2013/07/24
船橋・追加■■2013/07/18
北海道・東北■■2013/07/12
関東・中部■■2013/07/17
中部・近畿■■2013/07/22
近畿■■2013/07/18
近畿・中国・九州・追加■■2013/07/22
追加■■2013/07/03

YouTubeで見つけました!

広告
このページの上部にもどる

アクセス

いろいろな方法でアクセスできます!

Twitter

    Photos

    Daily Tourists.AshikagaPICT0336Osaka, JapanKyoto TowerKyoto Cinema Districtyellowsunday morning