「写真を楽しむ生活」のページ頭です

写真を楽しむ生活

写真が好きなすべての人に役立つ情報クリップ。写真展情報は"日本最強"!

世界の写真家が集結! 日本からは石川直樹らの展示も『東京国際写真祭2015』

2015/10/01コメント

世界の写真家が集結! 日本からは石川直樹らの展示も『東京国際写真祭2015』


http://www.tipf.jp/japanese/
logo
期間:10月9日(金)〜18日(日)9:30〜21:30 土日祝日9:00〜19:00 会期中無休・入場無料
会場:ART FACTORY城南島(東京都大田区城南島2-4-10)
アクセス:東京モノレール流通センター駅より京急バス「森32系統(城南島循環)」で「城南島二丁目」下車徒歩3分
無料シャトルバス:10月9日(金)、10日(土)、11日(日)、12日(月・祝)、17日(土)、18日(日)の6日間は、東京モノレール「流通センター」駅より9:00〜19:00の間、無料シャトルバスがおよそ15分毎に出ております


企画展「What makes us “us”─私たちの世界の領域─」
この世界には様々な境界線が存在しています。その境界線は、私たちの日々の暮らしの中に「内と外」、「ハレとケ」という形で存在するばかりではなく、人間が生きる都市空間と自然との狭間にあり、あるいは動物と人間の領域を分ち、国と国とを国境という目に見えない線で分断します。


東京国際写真祭の第一回目となる企画展「What makes us “us”─私たちの世界の領域─」は、14名の国際的に活躍する写真家達の作品を「都市と自然」「民族」「境界」「コミュニティーとカルチャー」という4つの観点から捉え、来場者がそれらの領域間を写真を通じて旅することで、私たちの生きるこの世界の領域について考え、新しい世界の見方と対話を生み出そうとする試みです。


「What makes us “us”?─私たちは何者なのか?─」という問いに対して、写真を媒介に向き合うことで、私たちを取り巻くこの世界について、今一度考える手がかりになればと思います。


出展作家(順不同・敬称略)
・都市と自然 ホンマタカシ/田附勝/アレハンドロ・チャスキエルベルグ/ルーカス・フォグリア
・民族 石川直樹/ナムサ・レウバ/ローラ・エルタンタウィ
・境界 下道基行/ノエミー・ゴーダル/リウ・ボーリン
・コミュニティーとカルチャー 細倉真弓/山谷佑介/マイク・ブロディ
・特別展示 西野壮平


シンポジウム、トークショーなどあり。サイトを参照。


報道関係者からの問い合わせ先
TOKYO INSTITUTE of PHOTOGRAPHY
TEL:03-5524-6994 tipf-event@tip.or.jp 
http://tip.or.jp/

西野壮平作品

西野壮平作品


ヘンリック・ソレンセン 作品

ヘンリック・ソレンセン 作品

コメントをどうぞ

ご意見お待ちしております!

情報の誤り、リンク切れなどございましたら、お手数ですが、この欄もしくは情報提供フォームからお知らせください。

YouTubeで見つけました!

広告
このページの上部にもどる

アクセス

いろいろな方法でアクセスできます!

Twitter

    Photos

    Fujica DL-20 from 1983Fujica DL-20 Auto MatenatureFuji Discovery 900 Zoom Plus - 1991BrokenFujica ST Lone Pine Earthquake Grave 1Pentax P30 White 07