「写真を楽しむ生活」のページ頭です

写真を楽しむ生活

写真が好きなすべての人に役立つ情報クリップ。写真展情報は"日本最強"!

第13回写真「1_WALL」展

2015/10/26コメント

第13回写真「1_WALL」展


会期:2015年10月26日(月)〜11月19日(木) 日曜・祝日休館
時間:11:00a.m.〜7:00p.m.
場所:ガーディアン・ガーデン(東京都中央区銀座 7-3-5 ヒューリック銀座7丁目ビル B1F)
入場無料
出品作家名:浦芝眞史、浦部裕紀、佐藤美佳、染井冴香、光岡幸一、ラッセル・スコット・ピーグラー
http://rcc.recruit.co.jp/gg/exhibition/gg_wall_ph_201511/gg_wall_ph_201511.html


第13回写真「1_WALL」展では、ポートフォリオ審査による一次審査と、一対一で審査員と対話をする二次審査を通過したファイナリスト6名が、一人一壁面を使って作品を発表するグループ展で作品を発表します。会期中の11月4日(水)には、グランプリを決定する公開最終審査会が開催されます。グランプリ受賞者には一年後の個展開催とパンフレット制作の権利が贈られます。


今回の「1_WALL」では、自らの性の問題を写真を通して確認するべく人に迫ったポートレートや、心の奥底に潜む憤りを、独自の視点で身の回りのものを切り取り表現した作品、福島の社会的な課題をテーマにしたドキュメンタリー的写真、また、セルフポートレートや日常の光景から、現実とは異なる別世界をつくりあげた作品、メニエール病を患う友人に心を重ね、その状況を可視化したスナップ写真、インド、ネパール、東京などのスナップショットとウェブで発表されている様々なデータやビジュアル資料や自筆のテキストを用いて自らのルーツを掘り下げ概念化した作品など、多様な表現が集まりました。 


公開最終審査会:11月4日(水)6:00p.m.〜21:00p.m.
ファイナリストによるプレゼンテーションと一般見学者にも公開される審査員による議論を経て、グランプリを決定します。
●受付終了しました。

浦部裕紀「あらざるをえざるものら」

浦部裕紀「あらざるをえざるものら」


光岡幸一「うつりゆく、そこに」

光岡幸一「うつりゆく、そこに」


浦芝眞史「ゆく、ふれるやいなや」

浦芝眞史「ゆく、ふれるやいなや」


佐藤美佳「遠のくあの日に近づくために」

佐藤美佳「遠のくあの日に近づくために」


染井冴香「World Vacuum」

染井冴香「World Vacuum」


Russell Scott Peagler「Roots」

Russell Scott Peagler「Roots」

コメントをどうぞ

ご意見お待ちしております!

情報の誤り、リンク切れなどございましたら、お手数ですが、この欄もしくは情報提供フォームからお知らせください。

YouTubeで見つけました!

広告
このページの上部にもどる

アクセス

いろいろな方法でアクセスできます!

Twitter

    Photos

    My old pentaxBraganzaBraganzaBraganzaBraganzaJapan Camera Hunter Street Pan - Canon AE-1Japan Camera Hunter Street Pan - Canon AE-1Japan Camera Hunter Street Pan - Canon AE-1