「写真を楽しむ生活」のページ頭です

写真を楽しむ生活

写真が好きなすべての人に役立つ情報クリップ。写真展情報は"日本最強"!

2010-7-14

2010/07/14コメント

●ああ悪いものを読んでしまった。飴村行「粘膜蜥蜴」(角川ホラー文庫、2009)。第15回日本ホラー小説大賞長編賞を受賞したデビュー作「粘膜人間」は未読だが、ものすごく危険な負の(世間知では悪と見なされることをこっそり楽しみたいという願望を満たす)小説であるそうだ。その第2弾。杉江松恋の解説によれば「飴村行は、読者が触れられるとイヤな場所にまで手を伸ばしてくる。こういう話になるとイヤだな絶対気持ち悪いな、と思いながら読んでいると、絶対にそっちの方向に展開する。肌が粟立つ。虫酸が走る。なのに、ページを繰る手を止めることはできないのだ」とある。だから少し及び腰で読み始めたら、たちまち嫌悪感が充満するものの、それが次第に気にならなくなって、むしろ悪い方への展開を期待するという倒錯の感覚に陥り、おそろしくもおもしろいグロテスクな世界にからめとられたまま、全3章376ページを一気読み。国民学校初等科の月ノ森雪麻呂は凶暴で無謀で独善的、本能のおもむくままに暴走する。富蔵は雪麻呂と日本を心から愛してやまない従順な下僕だが、ヘルビノと呼ばれる頭部が蜥蜴の爬虫人である。この愛すべきキャラクターのとぼけた言動は面白過ぎる。凄惨な場面も多く、死体がいくつも出て来るのにエンターテインメント、結局は純愛小説なんだからおそるべき小説だ。今年の夏休みは、角川ホラー文庫のいやーな世界にひたってみようか。寝苦しい夜になるのは必至だ。(柴田)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4043913028/dgcrcom-22/


●サウスパークのFacebookの回。こわかった〜。教えてもらって、あんまり気乗りせずに見始めたら、最初、私がmixiに対して思っていたようなしんどさが描かれていて、そうなんだよな〜と見ていたら、なんだか変な方に。Facebookってそんな世界なの? アカウントは持ってて、ツイートを表示させてるけど、みんなmixi重視みたいで、のほほーんとしているよ。そういやこのアニメ、題材のせいか聞き取りやすいよ。Sさんありがとう……。/「ニコニコ生放送でリアルタイムに化粧」を見た。化粧ってここまでできるのかっ。いやまぁ、宝塚歌劇団の薄い顔の人が美少女になることは知っていたが……うわーーー! わたしゃ、つけまつげもビューラーもアイプチも持っていない。たまにマスカラつけて、ひどくなることがあるぐらい下手。弟子入りしたい……いやもう元が無理か……。つけまつげあたりから、アイドルだよ。可愛い〜! 化粧品会社はスポンサー契約に、出版社とテレビ局は企画を〜! (hammer.mule)
http://himado.in/20625
サウスパーク
http://getnews.jp/archives/67725
ビフォーアフターの差が凄いと話題に
http://alfalfalfa.com/archives/409644.html
価格2541万9000円のフェ○ーリの痛車が秋葉原に襲来

コメントをどうぞ

ご意見お待ちしております!

情報の誤り、リンク切れなどございましたら、お手数ですが、この欄もしくは情報提供フォームからお知らせください。

YouTubeで見つけました!

広告
このページの上部にもどる

アクセス

いろいろな方法でアクセスできます!

Twitter

    Photos

    2017 - HAL Volendam Cruise - Yokohama Hikawa Maru - Wedding DayAlley-natedFat-igueA hard day's nightLike a logNakasuThank you, come againYatai