「写真を楽しむ生活」のページ頭です

写真を楽しむ生活

写真が好きなすべての人に役立つ情報クリップ。写真展情報は"日本最強"!

●昨日、「医療保険は入ってはいけない!」という本を読んで、医療保険を解約したと書いたが、その判断を後押ししたもう一冊の本がある。岩瀬大輔「生命保険のカラクリ」(文春新書)で、この本はモニタで読んだ。まるごと一冊PDF版を、無料ダウンロードできたからだ。しかも登録不要、印刷もOKであった。なかなか大胆なトライだと思う。新書は昨年出版されて、相当売れたらしい。版元はいちおう元がとれているから、筆者の期間限定フリー化提案に賛成したのだろう。新書判の本の体裁そのままだから、組版もきれいで読みやすい。130%拡大で読むとじつに快適だ。紙の本よりずっとスピーディに読めた。最近、新聞や雑誌の記事を参考にテキストを書くとき、ひとまずスキャンしてPDFにすることが多い。ツインモニタの左側で表示し、右側のJeditXで書く。視線は左右に動くだけだ。手元の印刷物を見て、モニターで書いて、また手元に戻り、またモニタへといった書き方よりはるかに楽だ。無料ダウンロードしたもう一つの本が、小林祐一郎&できるシリーズ編集部「クラウドコンピューティング」(インプレス)である。「できるシリーズ」は一貫してデザインがヘタなので手にとる気にもならないのだが、このPDFは夏休みに我慢して読もうかと思っている。(柴田)
http://www.j-cast.com/mono/2010/02/28061120.html
文春が「常識破りの冒険」 ネットで新書「無料公開」(JCAST)


●CSS Nite in Osaka(略してCNiO?)の次のイベント「iPhone/iPadアプリ制作特集 シリーズファイナル」の話を聞いた。最初、スピーカーの多様さが意外で、内容を聞いてみて、ああなるほど、これならWebサイト制作者は聞いておいて損はないなぁと思った。インターフェイス……フリックとかは、開発環境上にライブラリとしてあって、ドラッグ&ドロップで仕込めちゃう。Adobe Flashみたいな感覚で作れるよ〜、というお話が実演込みで見られるよ。これから依頼は増えるだろうと思いつつも敬遠していた人は、食わず嫌いなくなるかも。開発環境まではとても、という人なら、Webアプリがあるやん、と。JavaScriptやHTML5でできる
ことはいっぱいある(HTML5は未知数)。WebブラウザでFlashゲームをしていた感じ。ブックマークをホーム画面に登録すれば、通常アプリと同様にタップ一つで呼び出せる。かっこよくて凝った写真サイトをiPhoneやiPadで見せちゃう、なんてのができるかも。そしてAndroidのお話も聞けるらしい。おら、なんだかワクワクしてきたぞ。 (hammer.mule)
http://osaka.cssnite.jp/vol23/  シリーズファイナル

コメントをどうぞ

ご意見お待ちしております!

情報の誤り、リンク切れなどございましたら、お手数ですが、この欄もしくは情報提供フォームからお知らせください。

CAPTCHA


YouTubeで見つけました!

広告
このページの上部にもどる

アクセス

いろいろな方法でアクセスできます!