「写真を楽しむ生活」のページ頭です

写真を楽しむ生活

写真が好きなすべての人に役立つ情報クリップ。写真展情報は"日本最強"!

●「写真を楽しむ生活」を発行しているデジタルクリエイターズは、明日から8月20日(金)まで夏季休暇に入ります。その間、本誌は不定期に何号か発行します。8月の全国写真展カレンダーは8月3日(月)に掲載します。


●来年、大学のサイクリングクラブが創部50年となる。わたしは4代目だから相当な長老である。20周年のときには、出版社に入って9年目だったわたしが、記念誌「ぱんく」(つくづく不吉なタイトルである)を編集した。それから30年後に、再び記念誌の編集長を拝命した。これから約一年かけてつくるため、そろそろ企画をまとめなければならない。OB・OGは約500名だという。どうしたら全員参加させられるのか。20周年誌は和文タイプの縦組みでけっこう上品な出来だったと自負しているが、わたしの関わらない30周年、40周年誌は横組みのレポートみたいな、いささか貧相な冊子であった。再登板するからには、いままでの編集経験を総動員したすばらしいものをという意欲はある。だが恐れていた通り予算が問題で、もとより編集費ゼロは覚悟の上だが、デザイン費と印刷費を合わせてこれっぽちとは。こうなったら、ラフなデザインを自分でやって、仕上げだけをプロに任せて費用を浮かせるしかないのか。何年か前の夏休みに、こわごわInDesignにさわって、おおまかな仕組みを理解したつもりだが、もうすっかり忘れている。再挑戦の夏にしよう。Pagesで縦組みができれば楽チンなんだがなあ。いっそ、横組みにしちゃうか。文芸誌ではないのだから。いやいや、ぜったい縦組みという強いこだわりがある。きっと誰一人気にしていないと思うけど。さあ夏休みだ、今夜は「ビッグ・バグス・パニック」DVDを鑑賞する。巨大昆虫VS人類、生き残りをかけた戦いが……また、これかい。(柴田)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0033BSJ9M/dgcrcom-22/


●Magic Trackpadを購入したのは、MacBook Proでの快適さを知っていたから。そして利き腕(右手)がどんどん痛くなってきたから。LogicoolのM555bを購入。Bluetoothマウスの電池内蔵による重さでの疲れ、メーカーのドライバがOSと当たったり(その後バージョンアップで解消)、調整してもしっくりこないカーソルの動きなど、何度以前使っていたマウスに戻そうと思ったことか。動かない、やっと動くと違うところにカーソルが行ってしまう。戻そうとするとまた行き過ぎる。で、このMagic Trackpadの登場に飛びついた。細かな動き以外はキーボードの左側にあるMagic Trackpadで十分。傾斜は気にならない。キーボードのすぐ横に置かず、誤動作防止のため少し離して、体の中心に向くように斜めに置いている。簡単なことは左手にシフト。あ、クリックしなくてもタップで実行できるところもいいよ。力が要らない。あと欲しいのはテンキー機能とか、エンターやクローズド類。普段はショートカットを使っているが、簡単なブラウジングが左手だけで完結できたらなと。で、これに慣れてきたと思ったら、お台所で意識せずに、右手でコップをすすぎながら左手で資源ゴミの瓶に水を入れてシェイクしていて驚く。脳が刺激されたようだ。/左手が快適なもので、つい右手もどうにならないかなぁと。我慢だけでは成長しないのよ……。と、マウスのカスタマイズソフト「ステアーマウス」を思い出した。感度を調節したら、なんとまぁ、今までのカーソルの動きは何だったんでしょう? というぐらい微妙な動きが可能に。行き過ぎたりしない。止めたいところで止まる。同じ悩みのある方はぜひ。/毎日暑い日が続きます。お体ご自愛ください!(hammer.mule)
http://plentycom.jp/steermouse/
ステアーマウス。マジックドライバにも期待
http://www.apple.com/jp/magictrackpad/
Apple Wireless Keyboardの約半分。大きいので利き腕でなくても使える。

コメントをどうぞ

ご意見お待ちしております!

情報の誤り、リンク切れなどございましたら、お手数ですが、この欄もしくは情報提供フォームからお知らせください。

CAPTCHA


YouTubeで見つけました!

広告
このページの上部にもどる

アクセス

いろいろな方法でアクセスできます!