「写真を楽しむ生活」のページ頭です

写真を楽しむ生活

写真が好きなすべての人に役立つ情報クリップ。写真展情報は"日本最強"!

2012年04月25日のアーカイブ

国境なき子どもたち(KnK)主催「岩手 この空の下、明日への道を探して」


http://www.photo-sirius.net/
会期:4月26日(木)〜5月16日(水)日祝休
会場:AiDEM PHOTO GALLERY シリウス(東京都新宿区)


読売新聞写真部 写旬VI


http://www.kitamura.jp/photogallery/shinjuku/index.html
会期:4月26日(木)〜5月9日(水)日祝休
会場:Photo Gallery KITAMURA(東京都新宿区)


立川宏司写真展「雨幻IV」


http://www.sha-bunkyo.or.jp/gallery/port.html
会期:4月26日(木)〜5月1日(火)
会場:ポートレートギャラリー(東京都新宿区)


広瀬敦司写真展「東京の里山 狭山丘陵の四季」


http://olympus-imaging.jp/event_campaign/event/photo_exhibition/120426_hirose/
会期:4月26日(木)〜5月2日(水)日祝休
会場:オリンパスギャラリー東京(東京都千代田区)


キヤノン「写真家たちの日本紀行」2011


http://cweb.canon.jp/gallery/archive/canon-bsj-nihon-2011/index.html
会期:4月26日(木)〜5月9日(水)日祝休
会場:キヤノンギャラリー銀座(東京都中央区)


みんなの旅/旅で見つけたかわいいモノ100点の写真展


http://monogram.co.jp/gallery/index.php
会期:4月26日(木)〜5月6日(日)水休
会場:monogram(東京都目黒区)


港千尋「心の間」─Mind the Ma─/photographs and words


http://www.kurenboh.com/index.html
会期:4月25日(水)〜6月29日(金)完全予約制
会場:空蓮房(台東区 長応院内)


Another World 映像作家 宮崎淳の写真展


http://gendaiheights.sakura.ne.jp/
会期:4月26日(木)〜5月4日(金)水休
会場:現代HEIGHTS(東京都世田谷区)


Beauty – Flowers in Contemporary Photography


http://www.tokyoartmuseum.com/
会期:4月7日(土)〜6月24日(日)月火水休
会場:東京アートミュージアム(東京都調布市)
入場料:大人500円、大学生400円、高校生400円、小中学生300円

山本一写真展「襲景II」出会えた自然の色かさね


http://www.fujifilm.co.jp/photosalon/sendai/12042601.html
会期:4月26日(木)〜5月1日(火)
会場:富士フイルムフォトサロン仙台(仙台市青葉区)

小松美羽作品展「画家の原点回帰 〜ウガンダ〜」


< http://olympus-imaging.jp/event_campaign/event/photo_exhibition/120405_komatsu/ >
会期:4月19日(木)〜5月2日(水)日祝休
会場:オリンパスギャラリー大阪(大阪市西区)


清水淳「オリンパス水中写真教室写真展」


http://olympus-imaging.jp/event_campaign/olympusplaza/osaka/index.html#anc05
会期:4月26日(木)〜5月16日(水)日祝休
会場:オリンパスプラザ大阪オープンフォトスペース(大阪市西区)


川島小鳥写真展「RUN RUN まこと」


http://cweb.canon.jp/gallery/archive/kawashima-runrun/index.html
会期:4月26日(木)〜5月9日(水)日祝休
会場:キヤノンギャラリー梅田(大阪市北区)


juna21 丸山勇樹「光野」


http://www.nikon-image.com/activity/salon/exhibition/2012/05_osaka.htm#01


juna21 田中雄一郎「大サンパウロ」


http://www.nikon-image.com/activity/salon/exhibition/2012/05_osaka-bis.htm#01
会期:4月26日(木)〜5月2日(水)
会場:大阪ニコンサロン/ニコンサロンbis大阪(大阪市北区)

ねこ 岩合光昭写真展


http://www.fukuya-dept.co.jp/etc/hon_nekoShashinten12.html
会期:4月26日(木)〜5月8日(火)
会場:福屋八丁堀本店(広島市中区)
入場料:一般・大学生600円、中高生300円、小学生以下無料

EOS-1D X, EOS 5D Mark III × PIXUS PRO-1 特別企画展


野町和嘉「Under Ethiopian Skies」
http://cweb.canon.jp/gallery/archive/nomachi-ethiopia/index.html
会期:4月26日(木)〜5月8日(火)土日祝休
会場:キヤノンギャラリー福岡(福岡市博多区)

所幸則 Tokoro Yukinori


さて、[ところ]は「東京画」でのNYフォトフェスティバルの準備したり、上海からやって来ているキュレーターに「個園─中日現代美術交流展」に展示するための作品を渡したり、Niiyama’s Gallery and Sales Salonでのヌード作品の個展の準備にかかったり、所塾生との交流会をしたり、盛りだくさんすぎる日々を過ごしている。


もちろん[ところ]のプリント作業がもっとも時間がかかるので、時間をちゃんと確保していたのだが、こういう時に限ってハードディスクが妙な雰囲気になった。これがトラブル第一弾だった。


[ところ]は6台あるHDのうち、2台が認識しなくなって困っている。いや、困っているどころではない、恐怖に支配されているのだ。写真家にとって、いまやデータが命になってしまった。


今月は物入りなのでちょっと苦しい懐事情でもある。月末にはガツンとお金が入ってくるはずなので、それからHDを買いたいところではあるが、この恐怖には勝てない。というか、データの保護が最優先課題であるので仕方がない。


取りあえず、6TBのHDを買いデータをコピーする。これがまた時間がかかる。時間を効率よく使おうと、寝てる間にまとめて3TBほどコピーしようとしたのだが、5時間ほど経ってトイレに行くついでに覗いてみると、壊れているファイルがあったため、コピーが止まっていたりする。


どこまでコピーできたのかはっきりとしないために、結局200GBぐらいずつコピーを繰り返した。あー、もう本当に大変。


コピーがやっと5TBほど進んだので、プリントを開始できたのが3日目の昼からだった。あと2日後には個展用、NY用、なぜかこの3日の間にさっくり売れたヌード作品の、大きいサイズのプリントをやらなければならない。


頑張って4日目の朝方までには9割ほど順調にプリントをしていたのだけれど、最後の一枚という時になって、プリンターが認識しなくなった。エプソンの電話サポートを受け、いろいろいじってみたが復帰しない。


しかも、こういう時に限って大事なカメラを落下させてしまい、メーカーの人と会わないとどうにもならない。カメラを落とした[ところ]が悪いのだけれど、まさに「こういう時に限って」だらけなのだ。


それでもエプソンの人が夕方来てくれて、30分程で問題は解決した。それまでの2時間は生きた心地がしなかったので、一気にグターッとなってしまった。


昔「マーフィーの法則」というのが話題になったけれど、本当にこういう時に限って、起きて欲しくないことが起きるんだなと実感した数日間だった。だけど、こういう問題は解決するたびに達成感があるよね。


エプソンとシグマの方も、真剣に素早く問題解決してくれたし、それと3日前に名前を決めた「東京渋谷PHOTOフォトグラファーズ」のメンバーが、いい感じのテーマを見つけそうなのでうれしい。


「東京渋谷PHOTOフォトグラファーズ」とは、渋谷という街を個性的なアプローチで表現する写真家の集団で、主宰は[ところ]です。すでにサトウタケヒト、布施有輝、所幸則はそれぞれまったく違うアプローチで写真を撮っているが、そこへ更に違うアプローチの二人が加わった。あと二人もきっと自分のアプローチでやってくるだろう。


渋谷を個性的に撮っていると思う写真家は、ぜひ[ところ]にコンタクトして下さい。共感できたら参加してもらいたいと思っています。興味のある方は、[ところ]のHPからメールください。もしくはFacebookのメッセージでもいいですよ。


秋には第一弾の展示を、アオガエルという渋谷のちいさな電車の中で始めたいと思っています。来年の春にはもっと大きな場所でやる予定。


「東京画」は東京を描き出すプロジェクト。僕も共感し参加しているし、「東京画」が参加するNYフォトフェスティバルにも、日本選抜作家として現地に行ってきます。「東京画」はこれからますます面白い展開になって行くと思うので、とても楽しみです。


中国で最高の美術大学がある杭州のモダンアートギャラリーで、中国と日本を代表する現代美術家のグループ展が開催され、[ところ]も参加します。
「個園─中日現代美術交流展」
展覧会場:人可芸術中心 Renka Art Center(中国杭州市)
< http://www.renkeart.com/ >
期間:4月21日(土)〜5月20日(日)
日本側アーティスト:草間彌生、荒木経惟、所幸則、端聡、岡部昌生


所幸則個展「1second─ほんとうにあったように思えてしまう事」
会期:5月10日(木)〜6月9日(土)13:00〜18:30
土12:00〜18:00 日月火休
会場:Niiyama’s Gallery and sales Salon(東京都港区元赤坂1-5-20 ロイヤル赤坂サルーン 709 TEL.03-6447-1500)
http://cosmos-akasaka.sub.jp/


曖昧な人の記憶、現実とは実は曖昧なもの。確かにあったと思っている記憶も現実も「本当にあったように思えてしまう事」なのかもしれない。僕が現実に見て残したいと思って撮った美しいヌード作品を展示します。


◎ミュージックライフ+ 空想レコード美術館 VOL.8 THE WHO
IS ALRIGHT(iphone/ipad用デジタルフリーマガジン)
写真家所幸則が架空のTHE WHOのアルバムを作っています。[ところ]のインタヴューがとても面白いです。音楽と[ところ]と写真を絡めた切り口が斬新です。
ここで簡単な解説がみられます。
http://www.shinko-music.co.jp/musiclifeplus/
ここでダウンロードできます。
< http://itunes.apple.com/jp/app/music-life/id406608067?mt=8 >


【ところ・ゆきのり】写真家
CHIAROSCUARO所幸則 < http://tokoroyukinori.seesaa.net/ >
所幸則公式サイト  < http://tokoroyukinori.com/ >

富士フイルム、「FUJIFILM X-Pro1」とレンズなどのファームウェアを更新


(デジカメWatch)
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20120424_528884.html


富士フイルム、「HS30EXR」「F770EXR」「F660EXR」「Z1000EXR」「Z110」のファームウェアを更新


(デジカメWatch)
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20120424_528894.html


キヤノン、「EOS-1D Mark IV」「EOS 5D Mark III」の最新ファームウェア


(デジカメWatch)
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20120424_528804.html


ニコンの充電池「EN-EL15」に、発熱・外装変形の恐れ〜D800、Nikon 1 V1などに同梱。回収交換を実施


(デジカメWatch)
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20120424_528837.html


GODOX、フィルター径37mmや46mm径のレンズにも装着できるLEDリングライト


(デジカメWatch)
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20120424_528882.html


ZELENPOL、「FUJIFILM X-Pro1」用の本革ボディケース・ストラップセット


(デジカメWatch)
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20120424_528790.html

オリンパス「OM-D E-M5」、雨でも撮れる一眼は精細感や高感度に満足


(NIKKEI TRENDY NET)
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/special/20120424/1040600/



タムロンSP 24-70mm F2.8 Di VC USDは光学性能がとても優秀でコストパフォーマンスは抜群


(デジカメinfo)
http://digicame-info.com/2012/04/sp-24-70mm-f28-di-vc-usd-1.html

デジカメ写真をiPhoneに即時転送! 3つの方法を徹底比較してみた


(ITmedia)
http://camera.itmedia.co.jp/dc/articles/1204/24/news064.html


【特別企画】デジカメ+スマートフォンの今(後編)〜Eye-Fi、FlashAir、AirStashをチェック


(デジカメWatch)
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/review/special/20120425_528857.html


「Eye-Fi」のスマホ連携がとっても楽になった


(ケータイWatch)
http://k-tai.impress.co.jp/docs/column/todays_goods/20120425_528132.html


「AGFA」ブランドに参入するジェネラル・イメージング・ジャパンの狙い


(デジカメWatch)
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/interview/20120425_528030.html


ハイスピードがすごい! カシオEXILIM ZR20ならミニ四駆をスローで、連写で、自由自在に撮れる


(GIZMODO)
http://www.gizmodo.jp/2012/04/exilim_zr20_highspeed.html


あの映画のあのシーンの撮影場所を訪れ同じ構図で写真を撮ってみた


(カラパイア)
http://karapaia.livedoor.biz/archives/52079741.html


世界が息をのんだ美しさ。足利フラワーパークの「藤の花ガーデン」がジャパニーズ風流!と世界で話題に


(カラパイア)
http://karapaia.livedoor.biz/archives/52076473.html


ヴィンテージのカメラを再利用したレトロで個性的なiPhoneドック


(GIZMODO)
http://gigazine.net/news/20120424-iphone-dock/


エグルストンがコレクターに訴えられる! いまも続く単独オークションの衝撃


(The Short Epic)
http://gallerist.cocolog-nifty.com/epic/2012/04/post-d885.html


週刊アンケート 〜結果発表:GWに撮影旅行する?


(デジカメWatch)
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/enquete/20120424_528658.html


写真展へ行ってみよう


(Art Photo Site)
http://www.artphoto-site.com/guidetext_1.html


ソニーNEX-F3は上に180度開く新型の液晶モニタを採用?


(デジカメinfo)
< http://digicame-info.com/ >

日めくりスタイルの別冊付き、お掃除ガイドブックが好調


(NIKKEI TRENDY NET)
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/20120420/1040573/


日本でも価格の議論が広がる? 米国司法省アップル提訴の行方


(NIKKEI TRENDY NET)
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/20120424/1040595/


進化する老舗コールマン! ランタンも寝袋もサバイブ力抜群


(NIKKEI TRENDY NET)
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/20120423/1040588/


「日本初」が目白押し! “インカブーム”到来の兆し


(NIKKEI TRENDY NET)
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/pickup/20120418/1040551/


キャットアイ「VELO WIRELESS+ サイクルコンピュータ CC-VT210W」〜取り付けが簡単なワイヤレスサイクルコンピュータ


(家電Watch)
http://kaden.watch.impress.co.jp/docs/column_review/yajreview/20120424_528612.html

●息子がわたしのところに来て、小声で「しかし、あんたの奥さんは口達者で辛辣で容赦がないね〜」と言う。お前の母だろうが。いやまったく、そうなのだ。数10年一緒に暮らしてきたが、ここ数年はささいなことで口喧嘩することも度々で、いつも必ず敗戦の屈辱を味わう。妻にこういう才能があったなんて、若い頃は気がつかなかった。リリー・フランキーとみうらじゅんの「どうやらオレたち、いずれ死ぬっつーじゃないですか」(扶桑社)での、女との喧嘩についてのふたりのやりとりがおもしろい。


M:女の人との喧嘩はよくないよ。極力、喧嘩しないように、機嫌をとって生きていくのが男でしょ。それでも怒りが収まらないときは、黙って外に出て「うわーっ」って叫ぶんだ(笑)。そうやって少し冷静になってさ、「なぜ怒っているのか」を自分に問いただすんですよ。何が怖いって、そもそも口じゃ勝てない相手に勝負して、思ってもないことを言ってしまう自分が怖いんだから。L:男友達とやるみたいに、女の人とも計算ずくで喧嘩できないもんですかね? M:できないねえ。女の人は、男と違う角度や視点から言ってくるからね。


まさしくその通りだ。妻の機嫌を窺いながら生きるのが男であり、口論では圧倒的に不利な状態でヘタなことを言ってしまい、ますますドツボに嵌るのが常である。でも最近いいテクニックをおぼえた。松岡修造の名言に「怒りを覚えたら頭の中で歌をうたう」があるが、喧嘩の最中これをやるとなかなか効く。「♪聞き分けのない女の頬をひとつふたつはり倒して〜」で始まるカサブランカダンディでもいいし、「♪うさぎ追いしかの山〜」でもいい。夫という立場の人、イザという時お試しください。(柴田)


●iOSアプリの「はりがな」で遊んでみた。まにフェスに出展してくださったブリリアントサービスさんのゲーム。見ず知らずの人と、もじぴったん。もじぴったん的なのは昔からあるらしいので、もじぴったんと書くのは気がひけるな。配られる6枚のひらがなのカードを並べて言葉を作る。ひらがなにはそれぞれ点数がつけられていて、使いにくい「に」などは4点、使いやすい「く」などは1点。ただし「ゆ」が1点なのは納得いかない。


縦横に単語が成立したり、文字数が多いほど得点は高くなる。色枠のコマにはボーナス特典がつき、それもカウントされて高得点になる。最初に起動した時は、オートマッチングされた相手がプレイしてくれなくて、一度も遊べないまま三日目に強制終了させた。先日の相手は、結構マメに返してくれて、平均して3時間に一度ぐらいはプレイできた。気の長いゲームだ。アドオンでアップグレードすれば、一度に遊べるボードが増える。一人用があればなぁと思うが、この気の長さがちょうど良いのかも。/4日かけてゲーム終了。勝った。さぁ次の人とゲームをと思ったが、5時間経っても番が回ってこない。また強制終了か?(hammer.mule)
http://itunes.apple.com/jp/app/harigana/id502735751?mt=8 
はりがな
http://blog.dgcr.com/mt/dgcr/archives/2012/04/25/images/harigana2.jpg
すきるはあるのに、こるくがない。えいしゃがあるのに、えいしょはない。

YouTubeで見つけました!

広告
このページの上部にもどる

アクセス

いろいろな方法でアクセスできます!

Twitter

    Photos

    IMG_8395-1riGoing For The Cover ShotHello"Another"World - Out-of-body - Android apps - FreeIMG_8391-1ri20180218_DSC0052020180218_DSC0052320180218_DSC0051420180218_DSC00526