「写真を楽しむ生活」のページ頭です

写真を楽しむ生活

写真が好きなすべての人に役立つ情報クリップ。写真展情報は"日本最強"!

●科学少年だった頃は、原発をすばらしいテクノロジーだと信奉していたが、そのうち無関心になった。広瀬隆を読むようになってから、原発はヤバイのではないかと、かなり反原発になっていた。3.11からしばらくは何も考えられなくて呆然としていた。ただ今は、あまりにも感情的な原発バッシングに付和雷同するのを潔しとしない偏屈老人となっている。だから、藤沢数希の「『反原発』の不都合な真実」(新潮社新書、2012)には共感するところが多い。


3.11以降、報道の多くは原発を悪と決めつけ、反原発が正義だという論調が横行している。マスコミは、原発の危険性や放射能の恐怖を煽る人たちによる、感情的で不毛な議論ばかり垂れ流している。この感情論は容易に普通の人々を蝕み、国家の根幹に関わるエネルギー政策が歪められようとしている。いま原発を放棄することで大変な不利益を被るのは国民である。そんな感情論を超えた議論のために、筆者は原子力技術、放射線と健康被害、経済的影響などを検討し、あるべきエネルギー政策を提言している。反原発の人がいま最も読むべき本である。


そういえば脱原発という言葉もあったっけ。反原発とはニュアンスが違って、根っこは同じでも多少冷静な感じがする。現実にここまで原発依存型の社会が出来上がっているのだから、それをいま全面停止させるわけにはいかない。原発を稼動させつつ、将来の脱原発を目指すという考え方が妥当だと思う。それが原発依存型の社会を生きて来た者の責任ではないのか。いまのわたしは原発推進派ではなく、原発反対派でもない。日本に蓄積されてきた、世界トップレベルの原子力に関する貴重な知識や技術が失われて行くのを絶対に阻止したい派かな。科学少年に戻った?(柴田)


http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4106104571/dgcrcom-22/
→アマゾンで見る(レビュー27件)


●Notabilityを速攻購入。普段はアナログノートを常用。iPhoneでフリック入力することもあるが、待ってもらうのは何なので、ノートにミミズのような字で殴り書き。図でメモりたい時もあるので試してみたい。一冊に何でも書き込んでいる。そこらの紙にメモると紛失するので、一冊に集約しているのだが、当然検索性が低い。持ち歩かない前のノートに書いてあるものは参照できない。このアプリならジャンル分けできるし、Dropbox同期できる。オフライン参照もできるらしいCatchも試してみようっと。


広告のない雑誌はつまらない。ほぼ広告なDAZZLEという雑誌が無料で送られてくるのだが、これが楽しみ。きれいな写真とレイアウト。最近はほとんど雑誌を買うことがなくなっているから、新しい商品、ブランドなどを知るきっかけになっている。化粧品のサンプルがついてきたことも。知ると欲しくなる。知らないと欲しくならない。経済回らないのは知る機会が減ったから?/Winny開発者の金子氏の会社「Skeed」と、NHN Japan子会社の「データホテル」とで共同開発した「クラウド コネクト」が気になる。(hammer.mule)


http://adweb.nikkeibp.co.jp/adweb/mad/daz/daz_mda.html
DAZZLE
http://www.suzukikenichi.com/blog/matt-cutts-says-feature-to-disavow-bad-links-in-webmaster-tools-is-coming/
Google、「リンクを無効化する機能をウェブマスターツールに搭
載予定」
http://googlewebmastercentral-ja.blogspot.jp/2012/06/blog-post_04.html
ウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)
とは
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1206/12/news076.html
ファイルをTCPの30倍で転送。独自プロトコルによる高速通信

“編集後記………6月13日(水)”には1レスポンス

  1. 編集後記………6月13日(水) http://t.co/0QnS7GAp

コメントをどうぞ

ご意見お待ちしております!

情報の誤り、リンク切れなどございましたら、お手数ですが、この欄もしくは情報提供フォームからお知らせください。

CAPTCHA


YouTubeで見つけました!

広告
このページの上部にもどる

アクセス

いろいろな方法でアクセスできます!