「写真を楽しむ生活」のページ頭です

写真を楽しむ生活

写真が好きなすべての人に役立つ情報クリップ。写真展情報は"日本最強"!

●台風一過でみごとに晴れた空。ここ10年間で最大級の台風の上陸と報道されていたので、さすがに不安があった。風雨の吹き荒れる夜中に、室内の水回りからボコッボコッという怪音が聞こえた。室内に汚水が噴き出す悪夢を見たが、夢で済んでよかった。心配だったのは荒川の水量である。この地ではなによりも洪水がこわい。ときどき国交省荒川下流河川事務所のライブカメラ映像を見て、水位情報もチェック、安全を確かめた。結局、台風18号のわが家の被害はというと、エアコン室外機カバーが隣家の庭まで飛んで行っただけだった。/メガネを新しくしてから、見え過ぎちゃって困るくらい。モニター上のこまかな文字も、身体を椅子の背もたれに預けたまま、確実に読めるのがうれしい。その上、ツインモニターを従来位置よりずっと後方にスライドできたので、机の上が広くなって快適だ。もっと早くからこのメガネにすればよかったと思う。ためしに前のメガネをかけてみると、この環境ではモニターの文字を読むのは苦しい。もう元には戻れない。しかし、モニターを見るのは快適だが、手元の辞書や印刷物を見る時はうっとおしい。新聞もそうだが、裸眼でないと読めない。その度に新しいメガネをはずす。印刷物を見ながらのテキスト入力が苦痛だ。でも、そのうちきっと眼が適応しちゃうんだろうな。それはますます目が悪くなるということだが。モニターの前以外ではこの見え過ぎメガネをかけない。人の顔というものはあまりクリアには見えないほうがいい。 (柴田)


●夢を見た。夜逃げしようと荷造りしているところに、クライアントから電話。修正はいつになるのか? と。当然ネットは繋がらない。すぐに修正しますと返事。夜逃げ先に早く移動してネットに繋げないと、と焦っているところで目が覚めた。目が覚めてからも、心臓ばくばく。夢だとわかっているのに落ち着かない。夜逃げだとしても、元データはこちらなんだから、修正はしないとあちらは困る、と思うところが……。今の引っ越し先で、一番最初にやったのは、荷解きでも生活必需品の購入でもなく、ネット接続とパソコン立ち上げだ。繋がっていなければ、緊急対応ができないから。ああ怖かった。/風邪ひいているのはバレエやっていないせいもあると思うんだな。もう二ヶ月休んでいるもん。体ばきばき。(hammer.mule)
http://www.dtp-booster.com/vol08/
おなじみ上原ゼンジさんのカラーマネージメントセミナー!
http://gs.dhw.ac.jp/event/090916.html
法律や契約の知識はありますか?

“2009-10-9”には1レスポンス

  1. 2009-10-9http://bit.ly/1FgOhc

コメントをどうぞ

ご意見お待ちしております!

情報の誤り、リンク切れなどございましたら、お手数ですが、この欄もしくは情報提供フォームからお知らせください。

CAPTCHA


YouTubeで見つけました!

広告
このページの上部にもどる

アクセス

いろいろな方法でアクセスできます!