「写真を楽しむ生活」のページ頭です

写真を楽しむ生活

写真が好きなすべての人に役立つ情報クリップ。写真展情報は"日本最強"!

●ASIAGRAPHのついでに、ゆりかもめで2か所行きたいところがあった。しかし、ゆりかもめは運賃が高い。新橋→テレコムセンター→豊洲→台場→新橋のコースで、その度に切符を買うと1400円もかかる。そこで役に立ったのは一日乗車券800円だった。差額でお昼代が出た。日本科学技術館を出て、テレコムセンターから豊洲に向かう。運良く先頭車両の最前列の席が空いていたので坐る。傾斜のゆるいジェットコースターの先頭みたいな感じで、ここからの眺めは最高である。あいにくの曇天だったが、開発中のパノラマが存分に見渡せた。豊洲は、ららぽーと豊洲の東急ハンズが目的地。ここにYS-11の実車が展示されているはず。だが、あったのはYS-11G(Xグレード)が1台だけ。しかも高いところに展示されていて、下ろしてもらえない。見上げるだけ。折り畳みではないYS-11G(ライト)と比較して、実際にさわってみたかっただけに残念。次に向かったのは、台場のホテルグランパシフィックLE DAIBAの3階にあるGALLERY21。初めて行くのだが、めったに足を踏み入れることのない高級ホテルはやはり苦手だ。巨大な円筒形の内部を一周する重厚なギャラリーで、ここで行われる写真展は評価が高い。このギャラリーで来年4月、5月に所幸則さんの個展が開かれる。河西春奈写真展「地図をつくる」が開催中だったが、難解なモノクロ写真で早々と退散。帰りのゆりかもめは、ぜひあの最高の席に座りたかったが混んでいて果たせず。お台場海浜公園から芝浦ふ頭に至る途中には、線路が完全に円を描く個所がある。ここはぜひ最前列で体験したかった。晴れた冬の日に、カメラを持ってお台場を歩き回りたい。(柴田)


●「小学五年生」「小学六年生」休刊。読んでいたので悲しい。目次を見ると、子供の頃に読んでいたものとは別物のようだ……。/世の中はWindows7や、新DSの噂に沸いているのだろうが、私はといえば、やっとお玉や、ベランダや玄関用の履物を買い、生活が便利になったな〜としみじみ。いや、まだ買えていないものもあるのだが。アイロン台は欲しいものは高すぎるので通販で実物を見ないまま注文は躊躇、安いのだと足りない機能があってこれまた悩むところ。カトラリーは親のものがロングセラーで未だに個別追加注文できるところが羨ましくて、同じようなものをと考えているうちに、徒歩3分のドン・キホーテ(!)で、間に合わせのものを買ってしまった……。最初入るのが怖かった、って書いたらお店の人に怒られるけど、色の氾濫と情報の多さ、密度の高さに圧倒されて冒険するみたいだったよ。何でも売っていてびっくり。コーナンに行かなきゃ〜、いつ行けるだろうと困っていた物干竿を見つけた時には、これで乾燥機でのしわしわ服から脱出できる、など小さな幸せを感じたものだ。乾燥機はおまかせモードだとシャツやジーンズはしわしわ。ネットに入れても同じ。しかしタオル類の仕上がりはふわふわで気持ちいい。購入時状態の2〜3倍の厚さになるよん。(hammer.mule)
http://netkun.com/magazine/sho5/ しんちゃんも泣いてる
http://netkun.com/2009model/  読者モデル!
http://www.donki.com/  正確にはドン・キホーテなのね
http://www.hc-kohnan.com/  宝塚歌劇チケットプレゼント
http://blog.dgcr.com/mt/dgcr/archives/20091016140200.html
今週金曜日! お金も手間もかからずにカラマネ環境
<http://www.dtp-booster.com/vol09

“2009-10-27”には1レスポンス

  1. 2009-10-27http://bit.ly/rEcG1

コメントをどうぞ

ご意見お待ちしております!

情報の誤り、リンク切れなどございましたら、お手数ですが、この欄もしくは情報提供フォームからお知らせください。

CAPTCHA


YouTubeで見つけました!

広告
このページの上部にもどる

アクセス

いろいろな方法でアクセスできます!