「写真を楽しむ生活」のページ頭です

写真を楽しむ生活

写真が好きなすべての人に役立つ情報クリップ。写真展情報は"日本最強"!

2010年09月21日のアーカイブ

平地勲作品展「温泉芸者 〜信州別所温泉〜」


http://www.jcii-cameramuseum.jp/
会期:8月31日(火)〜9月26日(日)月休
会場:JCIIフォトサロン(東京都千代田区)


銀座レリーズ写真展 ’10「光」


http://www.jcii-cameramuseum.jp/
会期:9月22日(水)〜9月26日(日)
会場:JCIIクラブ25(東京都千代田)


細江英公・人間ロダン展


http://www.ricoh.co.jp/dc/ringcube/event/rodin_2010.html
会期:9月22日(水)〜10月17日(日)火休
会場:RING CUBE(東京都中央区)
◇トークショー 9月23日(木・祝)


2010年秋のAJCC写真展「クラシックカメラで撮る楽しみ」


http://www.ajcc.gr.jp/sub1.htm#sakuhinten
会期:9月20日(月)〜9月26日(日)
会場:松島ギャラリー(東京都中央区/銀座松屋向かい)


8×10カメラな仲間たち写真展2010


http://tokyo8x10.org/
会期:9月22日(水)〜9月30日(木)
会場:元麻布ギャラリー(東京都港区)


月刊「COMMERCIAL PHOTO」企画100Photographers 2010「Love & Peace」展


http://www.genkosha.co.jp/cp/information/654.html
会期:9月21日(火)〜9月30日(木)日祝休
会場:APA本部ギャラリー(東京都港区)


伊藤昭一写真展「遊びの場所」


http://www.wawon.jp/
会期:9月22日(水)〜9月26日(日)
会場:ギャラリーわをん(東京都北区)


ぐるっぺ光と花第21回写真展「花めぐり」


http://www.city.nerima.tokyo.jp/annai/fukei/sodan/tenji.html
会期:9月22日(水)〜9月26日(日)
会場:練馬区立花とみどりの相談所(東京都練馬区)


まちだ写好会秋の作品展


http://www.phmuse.com/
会期:9月22日(水)〜9月27日(月)
会場:町田市フォトサロン(東京都町田市)

2010横浜フォトネイチャー写真展〜自然風景写真四季の彩り


http://kanack-hall.jp/cgis/exhibit.cgi?PerformPlaceCategoryNo=15
会期:9月22日(水)〜9月27日(月)
会場:かなっくホール ギャラリー(横浜市神奈川区)

日本山岳写真協会南信支「貌・季節の中で」


http://www13.ocn.ne.jp/~japahonb/kyoukaisyasinten.htm
会期:9月22日(水)〜9月26日(日)
会場:長野県伊那文化会館(長野県伊那市)


ババシャヨコカワ写真展「東京マダムボサツ」


http://www.ban-std.com/
会期:9月22日(水)〜10月11日(月)月火休/最終日の月は開催
会場:Ban Photo Gallery(愛知県春日井市)

2010 16th グループ光彩写真展


http://www.nishiri.co.jp/topics/gallery/
会期:9月22日(水)〜9月28日(火)
会場:京都ぎゃらりい西利(京都市東山区四)

山野雄樹写真展「cosmo」


http://mephotogallery.com/exhibition.html
会期:9月22日(水)〜9月27日(月)
会場:エムイーフォトギャラリー(福岡市博多区)

おかだよういち


前々回のNo.40で「最新デジカメ2010版」と題して、この秋発売の注目コンパクトデジカメをご紹介しました。そして、今回はデジタル一眼編です。


ちょうど本日、2010年9月21日から26日(現地時間)にかけて、ドイツのケルンのコンベンションセンターで開催される世界最大の映像機器見本市「フォトキナ2010」に合わせて、先週あたりから各社からデジタル一眼やレンズの新製品の発表があり、魅力的な機種がいっぱいです。
http://www.koelnmesse.jp/photokina/


その中でも一番気になるカメラをご紹介します。毎度のことながら、偏ったチョイスで申し訳ないのですが、普段あまり手にしないメーカーのカメラに関してあれこれ論評することは出来ないので、お許し頂きたいと思います。


ニコンD7000(2010年10月29日発売予定)
http://www.nikon-image.com/products/camera/slr/digital/d7000/



ニコンの型番の桁数と、ユーザー層を結びつけて読み解くことはもはや不可能だと、昔からのニコンユーザーである私が思うのですから、どういうルールに基づいて機種名が決まっているのかは、ニコンの開発者にお聞きするしかないのですが、7000という四桁番号から連想する入門機・初心者向けとは全然違う、かなりハイスペックなカメラです。


ニコンのデジタル一眼レフは、センサーがほぼ35mmフィルムサイズのFXフォーマットと、その約3分の2のサイズのセンサーを使うDXフォーマットがあり、このD7000は小さい方のセンサーを使ったDXフォーマットのカメラです。


比較対象となるニコンのカメラは、2008年9月発売のD90と昨年2009年8月28日発売のD300sです。発売当初の価格はD90が12万円前後、D300sが22万円前後に対し、D7000が14万円前後という予想なので、D90の後継という位置付けのような感じですが、中身は限りなくD300sに近く、機能によってはD300sよりも性能が良い部分も多く、非常にコストパフォーマンスが高いカメラです。


ニコンはD300sをDXフォーマットのフラッグシップとしていて、D7000が出てもそれは変わらないとのことですが、一般に使う機能や大きさと金額を考えると、この2台が並んでいたら誰もがD7000を選ぶ気がします。D7000が優っている部分を細く見てみましょう。


有効画素数:D7000 約1,620万画素/D300s 約1,230万画素
測光方式:D7000 2016分割RGBセンサー/D300s 1005分割RGBセンサー
感度:D7000 ISO100〜25600/D300s ISO100〜6400
Dムービー:D7000 1,920×1,080ピクセル(24fps)/D300s 1,280×720ピクセル(24fps)
撮影可能枚数:D7000 1,050枚/D300s 約950枚
重量:D7000 約690g/D300s 約810g


このように上位機種のD300sよりも高性能に加え、プロが仕事で使うのには必須の防塵・防滴マグネシウム合金採用ボディーや、視野率100%のファインダーなどプロのサブ機として充分使える仕様になっています。こんなハイスペックプロ仕様のカメラが14万円前後(量販店のポイント割引とか考えると、実質12.5万円ほど)で買えるのですから、これからデジタル一眼レフを買おうと考えている人は候補に入れてみてはいかがでしょうか。


かつてフィルムの時は、ニコンF3が1980年発売、F4が1988年発売、F5が1996年発売、F6が2004年発売とフラッグシップモデルでも8年程度の間隔がありました。時間がゆったり流れているというか、ひとつの機種を10年近く使い込む贅沢というか…。


そう考えると、デジタル時代の今、メーカーはもの凄い開発スピードを迫られ、ユーザーは数10万で買ったカメラが1年でもう見劣りがする古い機種になってしまって残念な気持ちになる。どっちが幸せなのか、ちょっと考えてしまいますね。


【おかだよういち/WEB&DTP デザイナー+フォトグラファー】
http://s-style-arts.info/ okada@s-style-arts.com
<twitter:http://twitter.com/okada41>


平成の大修理が始まっている姫路城。お城を囲う素屋根の工事が日々進んでいます。
http://flic.kr/p/8BByiF

アートイベント「TOKYO PHOTO 2010」が開幕


(デジカメWatch)
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20100917_394579.html


京都ロイヤルホテル&スパがギャラリーを開設。外国人カメラマンによる撮影教室も


(デジカメWatch)
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20100917_394570.html

ペンタックス、最高連写7コマ/秒のデジタル一眼レフ「K-5」を国内発表 〜AF精度を向上、ISO51200やフルHD動画記録に対応


(デジカメWatch)
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20100921_395252.html



ペンタックス、AFモーター搭載の高倍率ズームレンズ「DA 18-135mm F3.5-5.6 ED AL [IF] DC WR」


(デジカメWatch)
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20100921_394640.html



富士フイルム、APS-Cセンサー搭載の「FinePix X100」を海外で開発発表


(デジカメWatch)
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20100920_395259.html



【フォトキナ】オリンパスが「ZUIKO DIGITAL」レンズ搭載の高級コンパクトを開発発表


(デジカメWatch)
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20100921_395266.html


【フォトキナ】カシオ、“HDR ART”搭載の「EXILIM EX-ZR10」発表 〜GPS・マップ内蔵デジカメ「EX-H20G」も


(デジカメWatch)
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20100921_395270.html


【フォトキナ】サムスン、「NX100」のローンチイベントを開催


(デジカメWatch)
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20100921_395268.html


ロモジャパン、魚眼レンズを搭載したフィルムカメラ「Hello Kitty Fisheye」


(マイコミジャーナル)
http://journal.mycom.co.jp/news/2010/09/17/061/index.html



ニッシンジャパン、ワイヤレスTTLリモートを備えた「Di622 Mark II」


(デジカメWatch)
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20100921_394627.html


コージェンメディア、USBメモリーやHDDに画像を自動バックアップするソフト


(デジカメWatch)
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20100917_394566.html


キング、平紐タイプの本革製ハンドストラップ


(デジカメWatch)
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20100917_394619.html


ユーエヌ、防水ハウジング向け遮光フード「水中モニタリングPRO」


(デジカメWatch)
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20100917_394574.html


「ARNUVO」「CIESTA」ブランドの新ネックストラップ


(デジカメWatch)
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20100917_394588.html

気になるデジカメ長期リアルタイムレポート ペンタックスK-7【第3回】カスタムイメージ「リバーサルフィルム」を検証する


(デジカメWatch)
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/review/longterm/20100917_394327.html


秋の巡航を“自慢”するなら、フルハイビジョンの「Xacti DMX-CA100」がいいみたい


(ITmedia)
http://camera.itmedia.co.jp/dc/articles/1009/17/news106.html


「COOLPIX S1100pj」のプロジェクター機能で遊んでいたら、意外と何でもスクリーンとして使えることに気づいた


(マイコミジャーナル)
http://journal.mycom.co.jp/articles/2010/09/17/coolpix1100pj/index.html

デジタルカメラ総合販売ランキング(2010年8月30日〜9月6日)充実するミドルクラス、今秋の人気機種は?


(ITmedia)
http://camera.itmedia.co.jp/dc/articles/1009/17/news093.html


SD+USB両方OK──「iPad カメラコネクションキット」


(ITmedia)
http://camera.itmedia.co.jp/dc/articles/1009/17/news063.html


荻窪圭の“這いつくばって猫に近づけ” 第167回 こんなところで寝ますか? 我が家の猫の好きな場所


(ASCII.jp)
http://ascii.jp/elem/000/000/555/555145/

キヤノン、最新モデル「EOS 60D」の無料貸し出しサービス毎週30名限定


(マイコミジャーナル)
http://journal.mycom.co.jp/news/2010/09/17/088/index.html


お題に答えて「D3100」レンズキットが当たる! ニコン、Twitterキャンペーン


(マイコミジャーナル)
http://journal.mycom.co.jp/news/2010/09/17/068/index.html


Warning: file_get_contents(http://ecs.amazonaws.jp/onca/xml?AWSAccessKeyId=0EV1EG67ZP9G5VM8J5R2&AssociateTag=dgcrcom-22&IdType=ASIN&ItemId=B0041LO05U&Operation=ItemLookup&ResponseGroup=Large&Service=AWSECommerceService&Timestamp=2017-10-23T15%3A05%3A57Z&Version=2009-03-31&Signature=p2u%2BeimFPz%2BH4GP55HjiNKnTjDZyDsauZ5t14hkkTeM%3D): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 503 Service Unavailable in /home/sites/heteml/users/z/a/c/zacke/web/photo_blog/wp-content/plugins/Mitsurin/Mitsurin.php on line 255

「アサヒカメラ」2010年10月号


アサヒカメラ 2010年 10月号 [雑誌]
著者:
アマゾンレビュー
欲しいものリストに
2010年秋の新製品は中級機が熱い 一眼レフの大逆襲!/最新デジタルの機能を駆使して表現する「秋の歌」が聞こえる写真/ああ、スーパーカメラ再検証/外付けストロボが必要だ!
http://opendoors.asahi.com/camera/
→アマゾンで購入するなら
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0041EEMPA/dgcrcom-22/


「カメラマン」2010年10月号


カメラマン 2010年 10月号 [雑誌]
著者:
アマゾンレビュー
欲しいものリストに
最強のミドル、魅惑のエントリー 詳細解説&インプレッション/紅葉&秋の草花 撮影の鉄則/カメラバック専科/日本の色彩り「紅色」/「そこに込める、想い。」佐々木啓太
http://motormagazine.co.jp/2010/09/_201010_2.html
→アマゾンで購入するなら
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0041HJQ3U/dgcrcom-22/


「CAPA」2010年10月号


CAPA (キャパ) 2010年 10月号 [雑誌]
著者:
アマゾンレビュー
欲しいものリストに
秋の新製品大特集/竹内敏信「秋光一会」、米美知子「秋めく樹々に」/風景紅葉写真初めて撮り Q&A22/秋の月/“走り”をカッコよく撮る!/液晶モニター選び!/ドキュメント・南極
http://capacamera.net/capa/
→アマゾンで購入するなら
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0041LNZHY/dgcrcom-22/


「デジキャパ!」2010年10月号


デジキャパ ! 2010年 10月号 [雑誌]
著者:
アマゾンレビュー
欲しいものリストに
とっておきの紅葉撮影術/2010秋の新製品一眼&コンパクト42機種全紹介/被写体をぶらすか? 止めるか? シャッター速度徹底活用テクニック/付録:デジキャパ!検定[初級編]
http://capacamera.net/dcapa/
→アマゾンで購入するなら
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0041LO05U/dgcrcom-22/


「デジタルカメラマガジン」2010年10月号


デジタルカメラマガジン 2010年 10月号 [雑誌]
著者:
アマゾンレビュー
欲しいものリストに
2010年デジタル一眼最新事情「世代交代。」/この風景、あなたならどう撮る?/全国24カ所紅葉めぐり プロの写真家が教えるきれいな紅葉の撮り方/コシナ NOKTON 25mm F0.95
http://ganref.jp/magazine/dcm/mag/10_10/
→アマゾンで購入するなら
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0041LO04Q/dgcrcom-22/


「日本カメラ」2010年10月号


日本カメラ 2010年 10月号 [雑誌]
著者:
アマゾンレビュー
欲しいものリストに
正統派から派生種まで! 各社ぞくぞく新種襲来! どっと出た! 一眼レフの逆襲/最新デジタルで秋色完全征服・パーフェクトマスターガイド/付録:フォトペーパー厳選ガイドブック
http://www.nippon-camera.com/monthly.php
→アマゾンで購入するなら
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0041LNZPG/dgcrcom-22/
→Fujisanで年間購読。送料無料、1%OFF
http://www.fujisan.co.jp/Product/1954/ap-dgcr


「フォトテクニックデジタル」2010年10月号


フォトテクニックデジタル 2010年 10月号 [雑誌]
著者:
アマゾンレビュー
欲しいものリストに
風景写真家監修“ドリル”でモノにする露出決定の勘どころ/35.50.85mmレンズを使いこなせ 単焦点レンズで撮ればポートレートは絶対うまくなる!/谷村美月、福田花音(スマイレージ)
http://www.genkosha.co.jp/pd/
→アマゾンで購入するなら
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00414ZGVY/dgcrcom-22/


「フォトコン」2010年10月号


フォトコン 2010年 10月号 [雑誌]
著者:
アマゾンレビュー
欲しいものリストに
色彩も感情もコントロールするPLフィルター術/Sモード主義で動きをつかめ/何を基準に写真を読み解くのか 写真を読む力/撮りに行こう! 佐賀県/人気写真家が今年も行く紅葉スポット
http://www.photo-con.com/1010/index.html
→アマゾンで購入するなら
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0041LO078/dgcrcom-22/
→Fujisanで年間購読。送料無料、最大8%OFF
http://www.fujisan.co.jp/Product/1975/ap-dgcr


「カメラ日和」2010年11月号 Vol.33


カメラ日和 2010年 11月号 [雑誌] VOL.33
著者:
アマゾンレビュー
欲しいものリストに
猫づくし。/原風景を映す映画『マザーウォーター』の世界/長嶺輝明先生の写真講座/写真集がお手本のしゃしん教室
http://www.camerabiyori.com/contents.htm
→アマゾンで購入するなら
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0041HJQW6/dgcrcom-22/


「ビデオ SALON(サロン)」2010年10月号


ビデオ SALON (サロン) 2010年 10月号 [雑誌]
著者:
アマゾンレビュー
欲しいものリストに
デジタル一眼ムービー大収穫。2010年秋、気になるモデルが増えてきた!/家庭用3Dカメラシステムの登場で日本でも大ブレイク! か?/ナレーション収録のためのお買い得マイク選び/EOS 60Dで夏の終わりの東北をドキュメンタリー的に撮る
http://www.genkosha.co.jp/vs/
→アマゾンで購入するなら
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00414ZH9A/dgcrcom-22/


「DAYS JAPAN」2010年10月号


DAYS JAPAN (デイズ ジャパン) 2010年 10月号 [雑誌]
著者:
アマゾンレビュー
欲しいものリストに
特集:基地はなくせる/パキスタン 原因は森林破壊か? 犠牲者2千人に/タイ 兵器を海に沈めて漁場を作る/死刑大国日本 刑場をマスコミに公開/石打刑求刑の女性を救おうとする運動拡大
http://www.daysjapan.net/
→アマゾンで購入するなら
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00424KPGE/dgcrcom-22/
→Fujisanで年間購読。送料無料、22%OFF!!
http://www.fujisan.co.jp/Product/1281680978/ap-dgcr

やじうまWatch 100均のヘンなアイテムを紹介する「100均フリーダム」展示会 ほか


(INTERNET Watch)
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/yajiuma/20100921_395277.html


成田に行くならどっち?「成田エクスプレスVS新型スカイライナー」徹底乗り比べ


(nikkei TRENDY net)
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/pickup/20100910/1032905/

2010-9-21

2010/09/21

●外国のBC級映画を見て大抵は、わはは、なんじゃこれは、バカだねえで済むのだが、国産のダメ映画を見ると寛大な気持ちにはなれないわたしである。連休に「鎧 サムライゾンビ」と「巨乳ドラゴン 温泉ゾンビVSストリッパー5」DVD(借りる時ちょっと恥ずかしかった)を見て、あ〜あ、予想通りのダメダメぶりに見ていて疲れ切った。とくに前者。「ゾンビ史上最強。戦国死霊隊が蘇る!」というキャッチフレーズの、デッドエンド・サバイバル・ショッカー(なんじゃ、それ)。禁断の地に踏み入った、4人家族・3人の強盗・2人の警察官が、甦った落ち武者ゾンビ(わずか数人)に襲われ、次々と首をはねられる話で、物語としては分かりやすく常識的なオチもあり、上手く作ればそうとう面白くなるはずだが、この映画ときたらゾンビ出現の怖さ、不気味さがほとんどないのが致命的。役者たちもどうしょうもなくヘタ。はじめは酒井順子みたいな感じの母親(荻野目慶子)が、後半戦う女に変わるあたりで期待したが、中途半端で残念。意味なく不死身ないしだ壱成など、リアルな映画のはずが(?)ほとんどコメディの珍作。AV女優の蒼井そら、かすみりさが、さびれた温泉町に甦ったゾンビ(こっちはかなりの数)に、チェンソーや日本刀で立ち向かうのが「巨乳ドラゴン」で、エロよりグロの要素が多いホラーコメディ。ばかばかしいストーリーにヘタな役者ばかりで、ゾンビときたら中学生の仮装行列ほどのお粗末さで、怖さまるでなし。ここまでダメダメだとかえって気持ちいい。この2本、続けて見るならこの順で。って、……見る人いるかな。(柴田)
http://www.cinemacafe.net/official/yoroi-zombie/
「鎧 サムライゾンビ」公式サイト
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00267L6WG/dgcrcom-22/
→アマゾンで「鎧 サムライゾンビ」を見る(レビュー5件)
http://kyonyu-dragon.com/
「巨乳ドラゴン 温泉ゾンビVSストリッパー5」公式サイト
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B003O5VCUA/dgcrcom-22/
→アマゾンで「巨乳ドラゴン 温泉ゾンビVSストリッパー5」
を見る(レビュー5件)


●尖閣諸島問題。この問題が起こる前、中国で取材をしてきた方と雑談していて聞いたこと。とにかく中国人は謝らない。自分が悪いとわかっていても謝らない。120%自分に非があっても謝らない。明らかな証拠が目の前にあっても謝らない。なんだっけ、盗品がその人の手の中にあっても、これは不思議な力が〜とか、何とか嘘をつくらしい。とにかくメンツが大事。議論を交わすことによって、君のいい分もわかる、俺が折れてあげよう、今回は君をたてよう、というような流れになるらしい(明らかに向こうのせいなのに)。うーん、ちょっと違うかな……折れ方のニュアンスはちょっと違っていたかも。なので謝らなくていいんだとのこと。謝ることより、議論でひかないことの方が大切みたい。言い合うのに慣れてるから、少々きつく言っても問題ないらしい。まぁ今回のは議論すると何らかの譲歩を求められるだろうから(無をちょっとでも有にできたら向こうとしては大成功)、事務的にする方が良さそう。向こうが大げさに騒いで国際法廷に出る事になったら、今まで宙ぶらりんだったことが一気に解決したりして…。中国でも上の階級は(共産国だけどね)、トップクラスの教育を海外で受けているから、そのあたりのメンタリティはわかっているはずなんだけど。あとその人の話によると、日本の有名大学の大学院に留学している中国人の数を知ると、日本の未来は暗いのだとか。ある大学院は半分以上が中国人。日本は領土が狭く、資源のない国で(いや、出たからもめているのだが)、人材が資本。知恵や真面目さ、勤勉さ、工夫を重ねるところなど(だから技術が育つ)、教育が大切なのに、その肝心な頭脳まで海外に絶賛輸出中なんだとさ。/そういや中国って今でも侵略(表現は違うかも)やってるんだったっけ……日本に住んでいるとそういうこと忘れるわ。 (hammer.mule)
http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/senkaku/
尖閣諸島の領有権についての基本見解(外務省)

YouTubeで見つけました!

広告
このページの上部にもどる

アクセス

いろいろな方法でアクセスできます!

Twitter

    Photos

    Daily Tourists.AshikagaPICT0336Osaka, JapanKyoto TowerKyoto Cinema Districtyellowsunday morning