「写真を楽しむ生活」のページ頭です

写真を楽しむ生活

写真が好きなすべての人に役立つ情報クリップ。写真展情報は"日本最強"!

2011年11月29日のアーカイブ

「DAYS JAPANが選んだ3.11」-VISA震災写真展-


http://www.konicaminolta.jp/plaza/schedule/2011december/daysjapan/
会期:11月30日(水)〜12月15日(木)
会場:コニカミノルタプラザ ギャラリー(東京都新宿区)
内容:2011年8月末から9月初めにフランス・南仏のペルピニャンで開催された世界最大のフォトジャーナリズムの祭典、VISA。今回、「DAYS JAPAN が選んだ震災写真展」としてVISA で開催され、世界中のメディアが注目した作品49点を展示する。


わくわく写真教室「美しの富士」


http://www.pentax.jp/forum/2011/10/20111130_2.html


第9回フォトパラダイス・アカデミー写真展


http://www.pentax.jp/forum/2011/10/20111130.html
会期:11月30日(水)〜12月5日(月)火休
会場:ペンタックスフォーラム(東京都新宿区)


山本顕史写真展「ユキオト」


http://www.ricoh.co.jp/dc/ringcube/event/yukioto.html
会期:11月30日(水)〜12月11日(日)火休
会場:RING CUBE(東京都中央区)


花の会町田支部10周年記念写真展「花紀行」


http://www.phmuse.com/
会期:11月30日(水)〜12月5日(月)火休
会場:町田市フォトサロン(町田市)

写真展フォト自然の会


http://www.nishiri.co.jp/topics/gallery/
会期:11月30日(水)〜12月6日(火)
会場:京都ぎゃらりい西利(京都市東山区)


「eros展」vol.2-Group photo exhibition-


http://one-plus-1.net/exhibition/eros2/index.html
会期:11月30日(水)〜12月11日(日)火休
会場:ONE PLUS 1 gallery(大阪市北区)

「蒼山日菜 KIRIE展 〜沈思黙考 La Contemplation〜」


http://www.konicaminolta.jp/plaza/schedule/2011december/kirie/
会期:11月30日(水)〜12月15日(木)
会場:コニカミノルタプラザ ギャラリー(東京都新宿区)
内容:切り絵作家・蒼山日菜(あおやま・ひな)氏が、自然や環境、蝶や花、鳥など動植物をテーマに制作した、世界にたったひとつしかない作品を展示する。


編み師203gowの「へんなあみもの」展


http://www.konicaminolta.jp/plaza/schedule/2011december/amimono/
会期:11月30日(水)〜12月15日(木)
会場:コニカミノルタプラザ ギャラリー(東京都新宿区)
内容:ごくありふれた日常のなかの、あんなモノやこんなモノが、もしも編み物で出来ていたら? 毛糸とかぎ針1本で、どんなモノでも自在に創り出す編み師203gowのユニークな作品の数々を展示する。

第15回電塾全国大会


http://www.denjuku.gr.jp/index.htm
日時:12月3日(土)9:30分受付開始 10:00開始 18:15終了 8:45〜21:00 別開場にて懇親会
会場:スタジオエビス3階1スタ・6スタの2スタジオ
会費:無料(別会場で実施の懇親会は実費)電塾会員限定(運営委員、会友、サポーター登録会員に限定。当日までにWEBで会員登録した人を含む。また、会員、及び運営委員がエスコートしてきた場合も入場可)


J-WAVE 「HELLO WORLD」と「DMC-GX1」のコラボワークショップが開催


(ITmedia)
http://camera.itmedia.co.jp/dc/articles/1111/28/news104.html

おかだよういち


iPhoneの話題が続いてすいません。最近、日常的に撮る写真は本当にiPhoneばかりになってしまっています。本格的な用途の一眼レフか、普段いつも持ち歩いているiPhoneかのどちらかで、その中間的な位置付けのコンデジがどうも中途半端で、持ち歩く頻度が減っています。


今回は、そのiPhoneに取り付けるレンズを先日購入したのでご紹介します。


olloclipという製品で、片方にFisheye(魚眼)もう片方にWide-Angle(広角)とMacro(マクロ)が付いています。
http://www.olloclip.com/index.html


海外の製品なので注文は英語ですが、二種類ある色のどちらかを選び、購入する個数と届け先の住所などを入力するだけなので簡単です。支払いもクレジットカードかPayPalでできます。本体が$69.95と通常送料$14.00で合計$83.95。わたしが購入した時はPayPalの決済で6,559円でした。円高なのでずいぶんお得に感じます。


注文してから5日ほどで届きました。封筒を開けるとこんな感じでレンズ本体と簡単な説明書、レンズを入れる小さなポーチが入っていました。
http://flic.kr/p/aMfoEc


両端にレンズが付いていて、真ん中の部分にiPhoneを差し込んで使用します。
http://flic.kr/p/aMeYdP


さて、ここで問題が発生。あまりにもiPhoneの厚みにジャストサイズなので、iPhoneにカバーを装着しているとレンズが取り付けられません。レンズを取り付けてガタガタ、グラグラしないように本当に厚みぴったりのサイズで作られているようです。


わたしが使用しているiPhoneのカバーは、TUNEWEARのEggShellという厚さ0.75ミリの卵の殻のように薄いものですが、それでもこのレンズには厚すぎでした。
http://amzn.to/vtiRd5


かと言って、カバーなしで使ってみると、やはり電波の受信状態が悪くなるというiPhone固有の問題※があるので、仕方なくカバーをレンズの形に合わせてカットしました。元々薄いのでカッターとはさみを使って少しずつ丁寧に切ればわりと簡単にできました。後はヤスリで微調整。
http://flic.kr/p/aMjrWr


※注:iPhone4の電波問題とカバー
iPhone4の発売後に、電波の入り方が著しく悪いとの苦情が殺到しました。iPhone4は側面周囲がアンテナになっている設計のために、手で持つと絶縁され、電波の入りが悪くなるのが原因で、当時アップルもそれを認め、購入者全員に無料でカバーを配布、既にカバーを購入済みの人にはキャッシュバックという対応をすることで対応しました。
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1007/17/news005.html


これでカバーを付けていてもレンズを取り付けることができます。
http://flic.kr/p/aMkx8Z


では、どれくらい広角に写るかを比べてみましょう。同じ位置から撮影しています。


iPhoneそのまま
http://flic.kr/p/aMfJUM


olloclip Wide-Angle
http://flic.kr/p/aMfKaK


olloclip Fisheye
http://flic.kr/p/aMfKrR


iPhoneそのままのレンズよりもかなりワイドで撮れていますよね。


Wide-Angleの方のレンズが、先だけ取り外せるようになっています。外すとMacroになって、被写体から12〜15ミリまで寄って接写することができます。


iPhoneそのままだと、これくらいで既にピントが合いません。
http://flic.kr/p/aMfNZ6


olloclip Macroで撮るとここまでクロースアップでもピントが合っています。
http://flic.kr/p/aMfMAa


同じ位置でMacroを外すとまったくピンぼけです。
http://flic.kr/p/aMfNF8


写真だけでなく、もちろんiPhoneで動画を撮る場合もこれを使って広角や魚眼のムービーになるので、いつもとは違う面白い映像が撮れるんじゃないかと思います。


iPhoneの色々なカメラアプリと組み合わせて撮影すると、さらに表現が増えて楽しいガジェットですよ。


YouTubeにプロモーションムービーがありますのでご覧ください。
http://youtu.be/74HP-_2_nD0


【おかだよういち/WEB&DTP デザイナー+フォトグラファー】
http://s-style-arts.com/ okada@s-style-arts.com
<twitter:http://twitter.com/okada41>


あと4回日曜日をすごして、5回目の日曜日はもうお正月ですよ。容赦ない時間の進み方ですよね。速すぎます。

リコー、未発表のGXR「16M 24-85mm」カメラユニットをシルエットで公開 〜APS-CサイズCMOSセンサー搭載。2012年初頭リリース


(デジカメWatch)
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20111128_494083.html


「グリップスワニー」ブランドのカメラストラップが限定発売


(デジカメWatch)
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20111128_494002.html


シンクタンクフォト、“早くしろ”という意味のショルダーバッグ「フバフバハイニー」など


(デジカメWatch)
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20111128_494039.html


シンクタンクフォト、レンズ用ポーチ「レンズチェンジャー」のアップデート版


(デジカメWatch)
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20111128_494026.html


シンクタンフォト、折り畳んで収納できるスキンタイプのレンズポーチ


(デジカメWatch)
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20111128_494064.html


シンクタンクフォト、高級コンパクトデジカメやデジタル一眼レフカメラのアクセサリー用のポーチ


(デジカメWatch)
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20111128_494041.html


シンクタンクフォト、クリップオンストロボ用など各種ポーチ


(デジカメWatch)
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20111128_494058.html


シンクタンクフォト、「スピードベルト」に装着できるショルダーベルト


(デジカメWatch)
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20111128_494031.html


ケンコー・トキナー、子どもの散歩やイベント撮影を意識した小型バッグ


(デジカメWatch)
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20111128_494011.html

【新製品レビュー】カシオEXILIM EX-ZR200 〜カシオらしい機能が盛りだくさんのシリーズ最新モデル


(デジカメWatch)
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/review/newproduct/20111129_494097.html



長期試用リポート:「Nikon 1 J1」第2回──多彩な高速連写機能を試す


(ITmedia)
http://camera.itmedia.co.jp/dc/articles/1111/29/news016.html



ソニー α77 実写レポート


(GANREF)
http://ganref.jp/items/camera/sony/2157#imp_428



「GX1」レンズキットが仕事に使えそうなので実際に買ってきてフォトレビュー


(GIGAZINE)
http://gigazine.net/news/20111126_gx1_photo_review/



ミラーレス一眼デジカメ「GX1」の実際の使い勝手をムービー&実写レビュー


(GIGAZINE)
http://gigazine.net/news/20111127_gx1_movie_review/

3Dがスゲー! ソニーのデジタル双眼鏡「DEV-3」


(ASCII)
http://ascii.jp/elem/000/000/651/651892/


iPad2のカメラが光学6倍ズームになる専用望遠レンズケース


(GIGAZINE)
http://gigazine.net/news/20111128_ipad2-zoom-lens-case/

不変のスタイル+意外な再発見! クオバディス手帳2012年版


(NIKKEI TRENDY NET)
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/20111125/1038747/


“スマホ時代の文房具”になれるのか──ポメラ「DM100」の存在価値とは


(ITmedia)
http://bizmakoto.jp/bizid/articles/1111/29/news017.html


エレコム「USB充電機能付き電源タップT-UA01-11200」〜コンセントと高出力USBを同時に使える電源ハブ


(家電Watch)
http://kaden.watch.impress.co.jp/docs/column_review/yajreview/20111129_493988.html


すべてひらがな表記の地図「かなまっぷ」、ゼンリンデータコムが実験公開


(INTERNET Watch)
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20111128_494057.html


スマホ時代の中国ニセモノ作り力を再考する


(ASCII)
http://ascii.jp/elem/000/000/652/652075/

●太田光「向田邦子の陽射し」を読む(文芸春秋、2011)。「最強の向田論、最高の入門書」という惹句に、何言ってやがると思った。だが、新版「向田邦子全集」の月報に連載されたテキストとNHK教育テレビ「知るを楽しむ=向田邦子」での太田の講義録、向田和子との対談、太田の選んだ向田作品の小説とエッセイ10篇、映像シーンの10篇を収めた構成は過不足なく(この本の全体の1/3は向田邦子作品である)、読み終えたら確かにそのとおりであった。太田が向田邦子のそうとうな見巧者であることは間違いない。作品分析は的確で、わたしも何となく思っていたことがズバリ言語化されていて気持ちいい。「向田さんの作品は、不道徳である、と思う。」「向田さんの言葉は、本当の大人の悪だ。にもかかわらず、向田さんの作品は有害とされるどころか、逆に誰からも尊敬され続け、美しく、品があり、礼をわきまえた、正しい姿、といったイメージすらある。私はこれが、向田邦子の“恐ろしさ”だと思う。」みごとな解釈だ。向田は、愛、美、感動、悲しい、憎い、寂しい、悔しい、など感情を形容する便利な言葉を使わないという。初めて知った。向田小説をずいぶん読んだのに気がつかなかった。一時期夢中になったが、けっして読後感がいいわけではなく、いつのまにか遠ざけていた。太田は「向田邦子を読むと自信が持てて、楽しくなって」と書く。そうかな〜、では文庫本棚の奥の奥を捜索してみるか。(柴田)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4163743502/dgcrcom-22/
→アマゾンで見る(レビュー2件)


●便利な言葉ばかり使ってるぜ……。高校生ぐらいまでは、まわりの人たちに、あなたの使う単語の意味がわからないと言われ続け、お母さんみたい、先生みたいと言われ、年上の人たちには、よくこんな言葉知ってるねと言われていたのに、今や陳腐なボキャブラリーしか持ち合わせていない〜。感性よ感性、わかるでしょ、言いたいこと。(滝汗)/ネタなし。いや、あるけれど書くには調べものが必要になるので、書けず。仕事てんぱり中。まさかのスケジュール前倒し+予想外の出来事あり。睡眠不足と肩こり腰痛で体ボロボロ。突入前にひとときの休息と栄養補給をしたが、連日のインスタントとファストフード、冷凍食品で燃料切れ気味。急に冷え込む日々が続き、暖房つけると頭がぼーっとして眠くなるし(それでなくても睡眠不足)、着込むと肩こりがひどくなるし、着込んで体がどうにかなっても、手先が冷たくてしびれ気味。入力スピードが落ちる。で、そうだったわ、冬のお仕事ってこうだったわ、とじわじわ思い出してきている。夏と違い、夜中仕事がきつくなるんだったわ。床に気軽にごろ寝ができないんだったわ。ツライのぉ、とめげそうになっていたら、他の方か
らもっと大変そうな状況を聞き、そして過去の自分の仕事を思い出して、こんなのツラくなんてないもん! と奮い立たせている。ヘルプするぞ〜の声に助けられている。助けてもらえる自分は幸
せだっ。(hammer.mule)

YouTubeで見つけました!

広告
このページの上部にもどる

アクセス

いろいろな方法でアクセスできます!

Twitter

    Photos

    IMG_8395-1riGoing For The Cover ShotHello"Another"World - Out-of-body - Android apps - FreeIMG_8391-1ri20180218_DSC0052020180218_DSC0052320180218_DSC0051420180218_DSC00526