「写真を楽しむ生活」のページ頭です

写真を楽しむ生活

写真が好きなすべての人に役立つ情報クリップ。写真展情報は"日本最強"!

●16日、野田首相が福島原発が「冷温停止状態」に達したとして、事故の収束を目指した工程表のステップ2を完了したと宣言した。記者会見で「事故は収束した」と自分の手柄のように言っていたが、記者の「収束という言葉は被災地では容認できない空気が強い。違和感はないのか」との質問には直接答えられなかった。今もなお原子炉内の状況把握は難航している。いわゆる「冷温停止」と今回の「冷温停止状態」はまったく違う定義である。発生時の危機的状況をかろうじて脱したとはいえ、まだ途中経過であり、収束といえる状態にはない。さらに除染、健康管理、賠償、避難住民の帰還などの課題が山積するなかで、あっさり用いる言葉ではない。一区切りがついたかのような印象を与えるパフォーマンスは国民に対する欺瞞である。米CNNテレビ電子版では「日本政府は画期的な出来事としようとしているが、現実は違う。過去、約半年間の原発の安全性に関する状況は基本的に変わっていない」などと懐疑的な見方を伝えている。そもそも「収束」とはどういう意味か。「おさまりがつくこと。おさまりをつけること。(岩波第四版)」である。なにひとつおさまっていないではないか。ところで「収束」と同じ発音で「終息」がある。新解さん(新明解国語辞典)によれば「[やんでほしいと思っていた混乱や状態]などがすっかり終わること」である。例:野田政権が終息した(笑)(柴田)


●以前テプラSR3700Pを買ったと書いた。本当は別のラベルプリンターを買おうと決めていたが、このラベルプリンターのカートリッジのラインナップから上質紙シールが消えてしまった。このメーカーは宛名印刷用プリンターを発売していて、そちらに集約してしまったようだ。ラベルプリンターが欲しい一番の理由は、もちろん整理。メインはクリアファイルの内側から、透明シールに印刷した鏡文字を貼るため。もうひとつの理由は宛名印刷。請求書類は窓開き封筒をずっと利用している。お手伝いしてくれていた人が、封筒の宛名と中身を取り違えてから、二度と同じミスをしないようにと窓開き封筒に。が、これを利用できないような場面がある。封筒のサイズのためだったり、送付書類が相手方のフォーマットのもので住所欄がなかったり。手書きだとちょっと、と思うが、封筒に直接印刷できない場合。シート状の宛名ラベルを使うほどではない(1枚の印刷のために何度もプリンターに通したくない)、いちいちはがしやすいフィルムに貼付けての印刷も、とか考えてしまい、一枚だけ印刷できたらいいよなぁと考えていたのだ。で、ラベルプリンターの上質紙シール。感熱紙だからインク不要。Macなため最大印刷幅24mmのSR3700Pしか選択肢はなく、ギュッとした表示にはなるが、とりあえず住所ラベルの機能は果たす。フリーや小さな会社なら、36mmぐらい(24mmでも)の印刷ができるラベルプリンターで十分かもよ〜!(hammer.mule)
http://www.kingjim.co.jp/products/tepra/detail/_id_SR3700P
テプラSR3700P
http://www.kingjim.co.jp/products/tepra/detail/_id_SR3900P
テプラSR3900P
http://www.kingjim.co.jp/products/tepra/cartridge_pro/09
上質紙ラベル。オートカッターつきのプリンターで

“編集後記………12月19日(月)”には1レスポンス

  1. 編集後記………12月19日(月) http://t.co/0w3kpIz8

コメントをどうぞ

ご意見お待ちしております!

情報の誤り、リンク切れなどございましたら、お手数ですが、この欄もしくは情報提供フォームからお知らせください。

CAPTCHA


YouTubeで見つけました!

広告
このページの上部にもどる

アクセス

いろいろな方法でアクセスできます!