「写真を楽しむ生活」のページ頭です

写真を楽しむ生活

写真が好きなすべての人に役立つ情報クリップ。写真展情報は"日本最強"!

2012年11月06日のアーカイブ

荒川利夫「彩の国 〜安らぎの里山〜」


会期:11月7日(水)〜11月19日(月)火休


佐々木貴範「釜石呑ん兵衛横丁 ─3.11 復興へ─」


会期:11月7日(水)〜11月12日(月)
会場:ペンタックスフォーラム(東京都新宿区)
http://www.pentax.jp/forum/2012/11/20121107.html
http://www.pentax.jp/forum/2012/11/20121107_2.html


鈴木吼五郎写真展「鉱山、プランテーション、縫製工場」


会期:11月7日(水)〜11月20日(火)
会場:銀座ニコンサロン(東京都中央区)
http://www.nikon-image.com/activity/salon/exhibition/2012/11_ginza.htm#02


マルコ・ベルナスキ写真展「バイオフィリア(生命愛)」シリーズ1:


会期:11月7日(水)〜11月25日(日)月火休
会場:72 Gallery(東京都中央区)
http://tip.or.jp/biophilia.html


川久保ジョイ「The colossus drive and the black sun」


会期:11月1日(木)〜11月18日(日)月休
会場:hpgrp GALLERY TOKYO(東京都渋谷区)
http://hpgrpgallery.com/tokyo/


第14回緑ヶ丘写真クラブ作品展


会期:11月7日(水)〜11月11日(日)
会場:目黒区美術館 区民ギャラリー(東京都目黒区)
http://mmat.jp/public/exhibition/


モノクロームの憧憬


「鶴見川」〜袋橋から源流の泉まで


会期:11月7日(水)〜11月12日(月)
会場:町田市フォトサロン(町田市)
http://www.phmuse.com/

松本立夫写真展「晩秋から初冬の彩 神代植物公園の花たち」


会期:11月7日(水)〜12月2日(日)月火休
会場:ギャラリー北鎌倉物語(鎌倉市)
http://kitakamakura-monogatari.com/

志賀理江子「螺旋海岸」


会期:11月7日(水)〜1月14日(月)
会場:せんだいメディアテーク 6fギャラリー(仙台市青葉区)
入場料:一般100円、高校生以下無料
http://www.smt.jp/rasenkaigan/
http://web.midc.jp/bunka/event/shousai.php?id=5884
http://www.smt.city.sendai.jp/event/calendar/2012/11/place.html?all

寺島和雄作品展「初めての個展」


会期:11月7日(水)〜11月13日(火)
会場:京都ぎゃらりい西利(京都市東山区)
http://www.nishiri.co.jp/topics/gallery/

上原ゼンジ


私が主宰する「bitgallery」に二つのコンテンツを追加した。ギャラリーと称しているが、奥付などもあり紙の本の構成を模しているので、WEB写真集といったほうがいいようなものだ。姉妹メルマガ「デジクリ」執筆者のGrowHairさんの写真など、現在9つの写真集が掲載されている。


しばらく更新していなかったのだが、今回加わったのは広瀬勉さんと那須潔さんの写真だ。広瀬さんはフォトセッションの同期で、1986年から2年間森山大道さんに写真を見ていただいた。


この時、先輩から一緒に現像の手ほどきを受け、写真にずぶずぶとはまってしまった経緯も同じなので、年下ではあるが同志的な意識を持っている。それと美学校で赤瀬川原平さんに習ったというところも一緒だ。


美学校では当時超芸術トマソンが課題の一つだったが、街歩きをする中で彼は穴あきブロックに惹かれ、いろんなパターンのブロックを探し、写真として記録していった。元々蒐集癖があったのだと思うが、その種類はどんどん増えてゆき「穴あきブロックの広瀬勉」として広く知られるようになっていった。


というのは冗談ではなく、トマソンから路上観察へと移行していく過程で、路上観察の1ジャンルとして認められ、展覧会に出展したり、テレビに出演したり、「塀帳」というブロック塀の写真ばかりを集めてた写真集が刊行されたりもした。


また展覧会では、ブロックのひとつひとつを実物大にプリントし、それを塀のように並べるという、けっこう迫力のある展示をしていた。


当時から「型録」という毎回違ったテーマで構成した冊子を作ったり、同じ型録という名を冠した写真展を続けており、こちらは現在開催中の「キヨスハルヒ」で59回目になるそうだ。


写真展にもかなりのバリエーションがあったのだが、たとえば友人の徳山君のアパートの部屋の中を複写し、原寸大に引き伸ばした写真を元の場所に再び張り、アパートの部屋自体を写真展会場にしてしまう、なんていうユニークな回もあった。


今回、WEB写真集としてまとめたのは、愛知県の清須市はるひ美術館で開催された写真展『猫の塀、渡る鳥。』での展示作からセレクトしたもの。ちょっとした違和感が感じられるような、不思議な雰囲気の写真をご覧下さい。


いま広瀬さんは高円寺駅のすぐそばで、写真の展示ができる「バー鳥渡」のマスターをしている。店の中が見えず、フラッとは入りづらい店なのだが、ぼったくりバーではないので、ご近所の人はどうぞ。夜毎写真に魅せられた人々が集っています。


http://bitgallery.info/hirose.html


◇『バー鳥渡』
東京都杉並区高円寺北2-4-8 2F TEL.03-3338-3331


SNSでの友人に依頼


那須さんとの出会いはSNS上だ。flickrなどで公開されている写真に惹かれたのだが、Facebookでの発言や「いいね!」の付け方を見るうちにシンパシーを覚えるようになった。


ただ、私は積極的にコミュニケーションをとるタイプの人間ではないので、まあなんとなく好みが会うなあ、と感じながらたまにコメントし合うというようなお付き合いをさせていただいている。


今までは面識のある人に「bitgallery」への参加をお願いしていたのだが、SNS上での知り合いに参加してもらったのは今回が初めて。いや、実際に写真展でお目にかかったこともあったそうだが、すっかり忘れてしまっていた。


このWEB写真集の作り方は人によって違う。基本的には私がチョイスしたり、順番を決めたりということをしたいと思っているのだが、中には自分のイメージが強い人がいて、そういう場合はこちらから、強く主張したりということはしない。私が好きな写真を、うまくサポートしながらWEB上で紹介していきたいと思っている。


ただ、那須さんの場合はほぼ私が独断で構成をしてしまった。flickr上に沢山アップされている写真にすべて目を通し、好きな写真を選び、順番を考え、タイトルを考え、表紙のデザインまでした。


「こんな感じで紹介したいんですが、いかがでしょう」と提案したものが通ったので、那須さんの写真であるが、私のフィルターも効いたWEB写真集になったというわけだ。


広瀬さんはフィルムのモノクロだが、那須さんはデジタルで撮影しモノクロ化している。デジタルなのに不思議な味わいのある描写だが、これはオールドレンズを使っているからだ。


その味わいがすごくいいんだけど、これは沢山あるレンズの中からどんなレンズを使うのかというセンスの問題だと思う。ただ古いレンズを使えばいいというわけではない。被写体や撮り方にもすごくマッチしていて好きなのだ。


http://bitgallery.info/nasu.html


Facebookが役に立った!


今回はワークショップの告知をさせて貰おうと思ったんだけど、ゼンラボ通信とFacebookで告知をしたら、数時間で定員になってしまった。Facebookでファンページを作っているのだが、やはり自分に興味を持ってくれた人が「いいね!」をしてくれているので、ピンポイントで伝わるということだな。Facebookの力を見直しました。


https://www.facebook.com/zenlabo


◇「デジカメ・オブスクラ」を作ってみよう!〜スクリーンに映るレトロなイメージを撮影する
(デジカメWatch)
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/review/special/20121019_566202.html


◇「こんな撮り方もあったんだ!アイディア写真術」
(インプレスジャパン)
http://www.impressjapan.jp/books/3273


【うえはらぜんじ】zenji@maminka.com < http://twitter.com/Zenji_Uehara >
上原ゼンジのWEBサイト
http://www.zenji.info/
Soratama – 宙玉レンズの専門サイト
http://www.soratama.org/
上原ゼンジ写真実験室のFacebookページ
https://www.facebook.com/zenlabo

「とっておきPhoto」今回からペンタックスとリコーの合同企画に


(デジカメWatch)
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20121105_570957.html

ニコン、2,410万画素になったフリーアングル機「D5200」〜新色“ブロンズ”もラインナップ


(デジカメWatch)
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20121106_571009.html



拡大レビューでお届け! – 速さ、表現力、撮影スタイル、どれもが新次元の「EXILIM EX-ZR1000」デビュー


(マイナビニュース)
http://news.mynavi.jp/articles/2012/11/06/zr1000/index.html



心地よさと描写にこだわった高級コンパクト オリンパス「STYLUS XZ-2」


(ITmedia)
http://camera.itmedia.co.jp/dc/articles/1211/06/news020.html



ファーストインプレッション:ファーストインプレッション:Nikon 1 V2


(デジカメWatch)
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/review/impression/20121106_570989.html



写真で見る「Nikon 1 V2」


(ITmedia)
http://camera.itmedia.co.jp/dc/articles/1211/05/news050.html

ペンタックスK-01がドイツのデザイン賞”German Design Award 2013″で金賞を受賞


(デジカメinfo)
http://digicame-info.com/2012/11/k-01german-design-award-2013.html


フーヴィ、ナノブロックでカスタマイズできるトイデジカメ


(デジカメWatch)
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20121105_570925.html


iPad miniならではのカメラ機能の使い道を考えた


(マイナビニュース)
http://news.mynavi.jp/articles/2012/11/06/ipadmini_camera/


撮ってこ〜い。〜第25回 やっぱり中国


(女子カメWatch)
http://www.watch.impress.co.jp/headline/docs/extra_watch/girlscamera/20121105_568929.html


INTERVIEW「写真すること」── 写真家・瀬尾浩司と女優・今宿麻美の場合


(ITmedia)
http://camera.itmedia.co.jp/dc/articles/1211/05/news018.html


カメラマンベストをかっこよく着たい


(Daily Portal Z)
http://portal.nifty.com/kiji/121105158207_1.htm


第二次世界大戦の亡霊たちが現世に蘇る。戦争時代に撮影された写真と今の写真を組み合わせて作った「戦争の亡霊」


(カラパイア)
http://karapaia.livedoor.biz/archives/52105817.html

100円ショップで「買っていいもの」「悪いもの」はコレだ!


(NIKKEI TRENDY NET)
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/pickup/20121101/1045083/


ついに発売! iPad miniに入れておきたい厳選アプリ


(NIKKEI TRENDY NET)
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/20121102/1045146/


日本市場に本格参入! 「Kindle」サービスファーストインプレッション


(INTERNET Watch)
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/special/20121105_570885.html


山口真弘の電子書籍タッチアンドトライ Amazon「Kindle Paperwhite」(ストア編)〜E Ink搭載の新型Kindleで日本版Kindleストアを使う


(PC Watch)
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/column/ebook/20121106_571025.html


東芝、電子書籍端末「BookPlace DB50」を直販で5,000円値下げ〜5,000ポイント付きで15,900円


(PC Watch)
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20121106_571019.html


「無料のサイトに本気のコンテンツは載らない」──インターネット雑誌「cakes」はWebを変えるか


(ITmedia)
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1211/06/news023.html


紙の手帳とアプリが同期!? 「スマホ連係文具」が進化!


(NIKKEI TRENDY NET)
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/pickup/20121023/1044797/

●江原啓之「予言」を読む(講談社、2012)。この本は筆者が霊媒(ミディアム)となって霊的世界から人類に向けたメッセージを伝えるために著するものである。また、スピリチュアリストとして、過去の予言や今回もたらされたメッセージをもとに、現代社会を分析し、浮き彫りにする研究書でもある、ということだ。


この人の著書はいくつか読んでいて、いつも素直に受け取ってきたが、世界情勢の話がこれほど多いのは初めてで、ちょっと違和感を覚えた。だが、スピリチュアリズムとはこの現世を生き抜くための霊的哲学である。故に世界を知ることは必要不可欠なのだ。


これからの数年間は世界中で、霊的世界から示されるまさに「最後通告」とも言える出来事が次々に起こるようだ。それらはけっして楽観できるものではない。むしろ「悪しき予言」ばかりである。でも、それが当たらない未来を築いていく、運命を変える努力もできるのが人類なのだという。


第二章の「これからの世界と日本の未来」を読むと、日本の脅威はやはり中国だと実感する。モラルの低い中国が、原発や核戦略をさらに推進するとどのようなことが起こるか。高速鉄道事故で調査も終わらないうちに車両を土中に埋めて証拠隠滅をはかったことを例にとれば、中国で核が暴走しそれを制御できないまま隠蔽されるといった事態も容易に想像できる。「中国で推進される原子力にかかわることには注意が必要でしょう」という啓示はリアルに恐ろしい。


本書の半分は人生論のようだ。人として生きる心構えについて、何度も読んだような気もする。人は死んでも無にはならない、「死して死なない」ことも理解した。だから死ぬことは少しもこわくないが、苦痛だけはいやだ。(柴田)


http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062174677/dgcrcom-22/
→アマゾンで見る(レビュー24件)


●続き。実物が届いた。思った通りの紙質、色、におい。主張しすぎないところがいい。背の部分が本のように印刷されていて、まぁこれはシールでも貼って保存すればいいのかも、とか、毎年ナンバリングされているから、ナンバリング通りに並べたらいいのかもと思ったり。


ガイドを読む。「キレイに使おうとしないで下さい。どんどん使ってボロボロにしましょう。」という一文が大好き。あと「スケジュールに変更はつきものです。どんどん修正してコッテリとしたページにして下さい。」とか「スケジュールの整理をメンドクサイ雑用と考えるのでなくて〜」とあるところも。ほんとメンドクサイんだもん。


左にスケジュール、右にタスク。タスク欄に複数の仕事をいくつかに分けて列記。これはこの日にしよう、これはこっち。あ、これじゃ間に合わない。これ先に聞いとかないと二度手間になる。汚い字でガシガシ、ザッ。汚して使おうと思っていても、新しいノートだと緊張する。


ヘタレなので、もらったフリクションペン0.5mmを出してくる。消せるのはいいな。3色セットのフリクションぺンが欲しくなった。ジャグリング第一弾を俯瞰すると、気持ちが落ち着いてきた。あくまで基本はGoogle Calendar。そしてOmniFocus。頭の整理と確認にyPad。早く使いこなせるようになりたい。(hammer.mule)


http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B008D9CGIY/dgcrcom-22/
3色ボールペン フリクションボール3。0.4mmのが欲しい。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B002DASYQW/dgcrcom-22/
0.4mmの明るい色味のものでマーキングするのも良さそう

YouTubeで見つけました!

広告
このページの上部にもどる

アクセス

いろいろな方法でアクセスできます!

Twitter

    Photos

    A Girl Takes PhotosA Girl Takes PhotosA Girl Takes PhotosA Girl Takes PhotosA Girl Takes PhotosA Girl Takes PhotosA Girl Takes PhotosA Girl Takes Photos