「写真を楽しむ生活」のページ頭です

写真を楽しむ生活

写真が好きなすべての人に役立つ情報クリップ。写真展情報は"日本最強"!

編集後記………5月23日(木)

2013/05/23コメント

●DOPPELGANGER(ドッペルギャンガー)202 blackmaxが到着した。[20インチアルミフレーム折りたたみ自転車、シマノ7段変速、ライト/カギ標準装備、SGマーク付属]という製品である。大きな段ボール箱の中に折り畳まれた状態で格納してある。この製品は初期不良があるという情報が少なくないので、用心して梱包箱は捨てずにとってある。箱に入った状態ではかなり重かったが、裸にしてみると12.3kgと、同じサイズの他社折りたたみ自転車と比べると軽い。


組み立ては超簡単である。折り畳まれた前フレームと後フレームを開いて結合する。ハンドルステムを起こして乗車できる状態に立てる。サドルの高さを調整して締め付ける。すべてクイックリリースレバーを使い楽々できる作業だから、3分間で完了。あとは右側のペダルを取り付ける。工具を使うのはここだけだ。簡単な組み立て説明書が付くが、読まなくても大丈夫だ。


ジェットブラックのフレームに、フラッシュオレンジのパーツがとってもカッコいい。いちおう各部の締め付けを確認してから、家の周りでテストランしてみたら、やはり不具合を見つけてしまった。ハンドルとタイヤの中心が合っていない。リア7段変速だが、変速がいまひとつスムーズにいかない。これらはけっこう面倒な調整が必要だ。でも初期不良とは言えないので、自分でやるしかない。


それにしてもカッコいいデザインの自転車である。いい歳した男が乗るには派手だと、妻から責められたらどうしようと心配だったが、シックでいいじゃないのと褒められてホッとした。小6女子が喜んで、わたしが乗りたいと言う。それにしても安い自転車である。これで約18,000円とは誰も思わないだろう。ビーズという会社が、中国製のフレームにシマノの変速機などのパーツを組み合わせてつくった国産品(?)である。ネット通販に特化しているから破格に安い。すぐ壊れてもあきらめがつく値段といえる。お気楽に乗ろう。(柴田)


http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0026S6FLW/dgcrcom-22/
これです DOPPELGANGER 202 blackmax


●宝塚歌劇の『ベルサイユのばら』。代表作ではあるが、時代遅れであり、舞台装置を派手に使った演出でもなく、原作を知らなければ、筋のわかりにくい作品だ。代表作とは書いたが、その時々のスターの持ち味によって脚本や演出は多少変わる。今年はじめに上演されたのは「オスカルとアンドレ編」で、いまやっているのは「フェルゼン編」である。宝塚大劇場での公演では、他組のトップスターらが期間限定で特別出演している。


宝塚歌劇といっても、組が違えば色が全然違う。その時々のスターらによっても組の個性は変わる。ダンスのうまいトップがいたら、踊りの○(組)、芝居のうまいトップがいたら、芝居の○(組)と呼ばれたりする。


人事はそれを意識しているように思えることはあるし、ダンスのうまいトップがいれば、必然的に難しい振り付けが増え、結果的にダンスがうまくなり、芝居のうまいトップがいれば、下級生らはそれを自然と学ぶため、伝統的な組色として定着していく。(続く)(hammer.mule)

コメントをどうぞ

ご意見お待ちしております!

情報の誤り、リンク切れなどございましたら、お手数ですが、この欄もしくは情報提供フォームからお知らせください。

YouTubeで見つけました!

広告
このページの上部にもどる

アクセス

いろいろな方法でアクセスできます!

Twitter

    Photos

    Kagoshima_1Follow meMy photo世田谷線 松陰神社前駅 TOKYO JAPANFocusHears A Little, Sees A Lot03847DE2-83DA-4C95-A51E-6F58EA29D9BBFEF29A8B-C209-438B-97C3-C878498177F2