「写真を楽しむ生活」のページ頭です

写真を楽しむ生活

写真が好きなすべての人に役立つ情報クリップ。写真展情報は"日本最強"!

●米澤穂信「インシテミル」を読む(文藝春秋2007、最近文庫化)。クローズド・サークルを舞台とした殺人ゲームがテーマのミステリ。時給112,000円で1週間、ある人文科学実験の被験者、というアルバイトに採用された12人の男女は、地下につくられた暗鬼館に招かれる。主催者の設定した条件下で7日間過ごすだけの仕事だというが、じつは被験者同士が殺し合い、犯人を当てるゲームだった。施設の見取り図とか、被験者に示される「十戒」とか、武器の文芸的解説とか、ルールブックにあるこまごまとした規定とか、なにやらめんどうくさい。ミステリマニアならたぶん、これら設定をニヤニヤしながら読み進めるだろうが、ミステリをあまり読まないわたしは困惑する。ところが、主役・結城理久彦の主観描写や場面の説明がわかりやすく、それに乗ればぐいぐい読み進めていけるのだった。2日で読了、満足。タイトルの「インシテミル」の意味は、ミステリに“淫してみる”で、作者の自負と自嘲が含まれているという。10月に映画が公開される。タイトルにはわかりやすく「7日間のデス・ゲーム」の副題が付き、「究極の心理戦、参加者10名決定!」とある。あら、2人減ってるわ。綾瀬はるかが浮世離れした正真正銘のお嬢様役かい、ちょっと違うかも。(柴田)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4163246908/dgcrcom-22/
→「インシテミル」をアマゾンで見る(レビュー53件)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4167773708/dgcrcom-22/
→「インシテミル(文春文庫)」をアマゾンで見る(レビュー53件)
http://wwws.warnerbros.co.jp/incitemill/
映画「インシテミル 7日間のデス・ゲーム」公式サイト
http://getnews.jp/archives/76820
時給11万2千円のアルバイトがある! しかも働くのは3時間だけ
(ガジェット通信)


●急に涼しくなって、着る服がない。去年、今年のはじめは何を着ていたのか思い出せず。いつものことさ。/仕事でいっぱいいっぱい。なのでまとめサイトから抜粋。わたしゃMacだ、Macだと日頃から話しているのに、Windowsでのトラブル質問は結構ある。電話なんかだと、画面が見られないから、なんとなく想像しながら答える。MacでもWindowsでも初心者トラブルは同じようなもんだし、ソフトウェアでできそうなこと、できなさそうなことは想像がつく。できそうなことなら、右クリックかメニューに項目がないか探してもらえばいい。システム絡みなら……と、そっちの解決に良さげな「彼女のパソコンの調子が悪いときに見るところ」。/うわ、これ何年か前に見たよ「プログラマークエスト」。あるあるで爆笑した。いや、笑えないけど笑った。「仕様変更」は全滅の呪文。クライアントと営業は、この呪文の恐ろしさを知らなかったりする。(hammer.mule)
http://anond.hatelabo.jp/20100907043542
彼女のパソコンの調子が悪いときに見るところ
http://nikuch.blog42.fc2.com/blog-entry-513.html
プログラマークエスト
http://desktop2ch.net/news/1284552630/
中国は「日本はどんなことをしたら怒るのか、どこまで許されるのか」を試しているらしい
http://404nots.blog88.fc2.com/blog-entry-1228.html
やっぱ高いものは違うなと思ったこと思わなかったこと
http://suiseisekisuisui.blog107.fc2.com/blog-entry-1430.html
J( ‘ー`)し「たかしへ。カーチャンが独自にOSをつくって見ました。」

“2010-9-16”には1レスポンス

コメントをどうぞ

ご意見お待ちしております!

情報の誤り、リンク切れなどございましたら、お手数ですが、この欄もしくは情報提供フォームからお知らせください。

CAPTCHA


YouTubeで見つけました!

広告
このページの上部にもどる

アクセス

いろいろな方法でアクセスできます!