「写真を楽しむ生活」のページ頭です

写真を楽しむ生活

写真が好きなすべての人に役立つ情報クリップ。写真展情報は"日本最強"!

2013年02月05日のアーカイブ

岸幸太写真展「Things in there」


会期:2月6日(水)〜3月3日(日)月休
会場:photographers’ gallery/KULA PHOTO GALLERY(東京都新宿区)
http://www.pg-web.net/
http://pg-web.net/kula/


2012 年6 月29 日 宮城県石巻市南浜町



2012 年12 月12 日 岩手県上閉伊郡大槌町



女子美術大学写真展「撮る、採る、捕る」


会期:2月6日(水)〜2月25日(月)日祝休
会場:キヤノンSタワー 2Fオープンギャラリー(東京都港区)
http://cweb.canon.jp/gallery/archive/joshibi-toru/index.html


キヤノンフォトコレクション特別展PART1「時代を映す」


会期:1月31日(木)〜2月21日(木)日祝休
会場:キヤノンギャラリーS(東京都港区)
戦前・戦後の日本とアメリカ。大きく変化する街や人々の生活を写真家はどう見つめたのか。三者三様の眼差しを通して、時代の素顔に迫る。展示作品:石元泰博「シカゴ・シカゴ」、木村伊兵衛「秋田・東京」、林忠彦「カストリ時代」ほか
http://cweb.canon.jp/gallery/archive/collection-special2013/index.html


【CP+】「キヤノンギャラリーS 10周年記念展」記念セレモニーが開催 著名写真家7名が登壇。見どころを語る


(デジカメWatch)
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20130204_586286.html


ギャラリーフォトコレクション2013


会期:2月1日(金)〜3月30日(土)日祝休
会場:ノートンギャラリー(東京都港区)
http://www.nortongallery.jp/current.html


Lovely Hickey by MARCO


会期:2月2日(土)〜2月7日(木)
会場:ラップネットシップ(東京都渋谷区)
http://www.lapnet.jp/event/event_s130202/


安掛正仁写真展「大山ピンク館」


会期:2月6日(水)〜2月19日(火)日休
会場:Up40Gallery(東京都板橋区)
http://www3.ocn.ne.jp/~sunny3/osusumesyasinten2.htm


清永安雄写真展「BUENOS AIRES─ノスタルジックな街並が美しい「南米のパリ」─」


会期:12月5日(水)〜3月30日(土)日祝休 [会期延長]
会場:ギャラリーアルティザン(東京都文京区)
http://www.artisan-tokyo.com/news.html#buenos

松本立夫写真展「江ノ島電鉄の小さな旅」


会期:2月6日(水)〜3月3日(日)月火休 2/11開館・2/13休館
会場:ギャラリー北鎌倉物語(鎌倉市)
http://kitakamakura-monogatari.com/

朝日カルチャースクール橋本教室写真展


会期:2月6日(水)〜2月12日(火)
会場:京都ぎゃらりい西利(京都市東山区)
http://www.nishiri.co.jp/topics/gallery/


没後20年入江泰吉の心象風景「古色大和路」


会期:1月4日(金)〜3月31日(日)月休2/11開館・2/12休館
会場:入江泰吉記念奈良市写真美術館(奈良市)
観覧料:一般500円、高大生200円、小中生100円(高校以下、土曜日無料)
http://www1.kcn.ne.jp/%7Enaracmp/tenran/tenran_new.html


ペンタックスファミリー奈良支部


会期:2月6日(水)〜2月11日(月)
会場:入江泰吉記念奈良市写真美術館一般展示室(奈良市)
http://www1.kcn.ne.jp/%7Enaracmp/tenji/tenji_schedule.html


芸術家Mの舞台裏:福永一夫が撮った「森村泰昌」巡回展


会期:2月6日(水)〜2月24日(日)
会場:ビームス阿倍野(大阪市阿倍野区)
http://www.beams.co.jp/news/detail/1204
http://www.beams.co.jp/shops/detail/beams-abeno

CP+2013──シグマブースは新作レンズが大豊作


(マイナビニュース)
http://news.mynavi.jp/articles/2013/02/04/cpp_sigma/


CP+2013──コシナはマニュアルフォーカスの単焦点レンズがメイン


(マイナビニュース)
http://news.mynavi.jp/articles/2013/02/05/cpp_cosina/


CP+2013──タムロン、マイクロフォーサーズ高倍率ズーム「14-150mm F3.5-5.8 Di III VC」が注目の的


(マイナビニュース)
http://news.mynavi.jp/news/2013/02/04/139/


【CP+】SDアソシエーション、UHS-II対応カードのモックアップを初公開


(デジカメWatch)
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20130204_586301.html

伝統の銘玉に最新の技術をプラス! タムロン「SP90mm F/2.8 Di MACRO」


(NIKKEI TRENDY NET)
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/20130204/1047241/


切り貼りデジカメ実験室 ポラロイドのプリンター内蔵デジカメで「フォトモ」を作る


(デジカメWatch)
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/review/labo/20130205_586394.html


デジカメスナップ虎の巻:第1回「カメラアングル」を使い分けて写真に変化を与える


(ITmedia)
http://camera.itmedia.co.jp/dc/articles/1302/05/news033.html

【CP+】総来場者は前回比96.1%の6万2,597人


(デジカメWatch)
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20130204_586304.html


CP+を彩った女神たち 2013


(ITmedia)
http://camera.itmedia.co.jp/dc/articles/1302/04/news059.html


ニコンD4Xが2013年の秋に登場する?


ソニーが3月から4月にα38とα58、下半期にα78を発表?


(デジカメinfo)
http://digicame-info.com/


Taka’s Photo Diary 密室で撮られたポートレート


(IMA ONLINE)
http://imaonline.jp/list/feature


デジカメ全盛なのに韓国・中国で「チェキ」が大ブレイクの理由


(NIKKEI TRENDY NET)
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/pickup/20130201/1047197/


撮ってこ〜い。 第38回 マカオの壁


(女子カメ Watch)
http://www.watch.impress.co.jp/headline/docs/extra_watch/girlscamera/20130204_584885.html


「RING CUBE」ギャラリースペースが一時再開写真展「PENTAX K-5 IIsの世界」を開催


(デジカメWatch)
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20130204_586284.html


パナソニック、マイクロ分光素子を用いた高感度化技術を開発カラーフィルターのかわりに回折現象による色分離を利用


(デジカメWatch)
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20130204_586359.html


スマホの盗難・紛失対策、“まさかの落とし穴”に注意


(NIKKEI TRENDY NET)
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/pickup/20130130/1047141/


スマホカメラに足りないボケ味を絶妙にプラス! Androidアプリ「easyFocus」


(GIZMODO)
http://www.gizmodo.jp/2013/02/tabroid_easyfocus.html


カメラレンズっぽいデザインのUSB給電式ミニ加湿器「USB Camera Lens Humidifier」


(GIGAZINE)
http://gigazine.net/news/20130131-usb-camera-lens-humidifier/

「エロエロ草紙」など配信──文化庁 eBooks プロジェクトの可能性


(eBOOK USER)
http://ebook.itmedia.co.jp/ebook/articles/1302/05/news012.html


1万mAhで電池切れの心配なし! 大容量モバイルバッテリーはどれが良い?【前編】


(家電Watch)
http://kaden.watch.impress.co.jp/docs/column/fujilabo/20130205_585704.html


オムロン、脈拍をリアルタイムで表示し、無理なくジョギングできる脈拍計


(家電Watch)
http://kaden.watch.impress.co.jp/docs/news/20130205_586377.html


1000円でファーストクラス気分!?


(Daily Portal Z)
http://portal.nifty.com/kiji/130201159363_1.htm


まんまる大きいお月様!満月が昇る劇的瞬間をとらえたファンタジック映像


(カラパイア)
http://karapaia.livedoor.biz/archives/52116716.html

●「ジョニー・イングリシュ 気休めの報酬」DVDを見る。「Mr.ビーン」のローワン・アトキンソンによるスパイ・アクション・コメディである。前に「Mr.ビーン カンヌで大迷惑?!」DVDを見て、どうしてこれで大笑いできる人がいるのか不思議だった覚えがある。だから、この映画もあまり期待していなかったのだが、かなり面白かった。「007」製作50周年の記念すべき年にぶつけたお手軽なパロディだと思って見ていたら、どうしてどうしてしっかり作り込まれていて感心した。


ストーリーはわりとわかりやすい。どこが面白いのか意味不明の部分もあるのだが、それらもきちんと設計に基づいているらしい。特典メニューにある40分余の「未公開シーン/ロング・バージョン(17種)」は、オリヴァー・パーカー監督が、せっかく制作したシーンだが全体の流れの中ではカットしたシーンだと説明していた。アドリブのように見えるネタの数々も、綿密な設計があることを理解できた。とくに伏線がしっかり張られていて、後からあのシーンの意味はこれだったのかと納得させられた。


最大の見せ場はスリル満点の、車椅子と自動車によるチェイスシーンだ。ゴーカート用のエンジンを搭載した車椅子に乗ったジョニー・イングリシュが、ロンドンのあちこちの路上を暴走する。クライマックスシーンは、バッキンガム宮殿前の王室の儀式用道路ザ・マルを、まる一日借り切って撮影したという。よく撮影許可が出たものだ。さすが英国は粋なはからいをする。ジョニーが車椅子で逃走するのはストーリー上で意味があるが、よく実現させたものだと思う。日本だったら躊躇するところではないのか。


そして、東洋人の殺し屋ばあさんに何度も命を狙われ、そのばあさんと間違えて、一度ならず二度まで上司の母親を押さえ込んでトレイで頭をバンバン叩くという大失態を演じるのだが、これも伏線で、物語の最後の最後で、あろうことか「あのお方」に同じことを! さすが英国は粋なはからいを! ってそこまでやるのか。特典メニューの「NGシーン」「車イスのチェイス」、それからエンドロールにあるジョニーのとんでもない調理など“おまけ”も楽しい。邦題「気休めの報酬」とDVDカバーも傑作である。(柴田)


http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B006DWI8Z8/dgcrcom-22/
ジョニー・イングリッシュ-気休めの報酬


●モトヤさんのイベント『MOTOYA コラボレーションフェア』に行ってきた。印刷関係者のためのもので、入口付近は技術関連のブースが並び、中程には大型機械、奥には休憩所と派遣相談・登録、ポスター展『P-1グランプリ』。別会場ではセミナーが行われていた。


足を踏み入れて最初に思ったのは場違いかも、だった。み〜んなスーツ。男性ばかり。ミニスカートのコンパニオンはおらず。Web系イベントはみんなラフな格好だし、印刷系が「会社」なのに、Web系は「個人」「事務所」での参加で、女性の割合も多いように思う。印刷は個人では難しいお仕事だもんなぁ。派遣の登録希望者は会場に入ってこれたのだろうか。


目当ては家人が作ったポスター。が、途中のブース群が気になって、なかなか奥に行けない。印刷カテゴリとはいえ、今はWebサービスとの連携が多くなっていて、とても興味深いのだ。Web制作会社の出展もあった。


感熱式会員カード機械一式が買い取り式で、比較的安価であることを知ったり、3Dモデリングプリンタの簡易版が35万からあって驚いたり、EDICOLORの最新版を見たり、特殊印刷例や画像認識によるサイト誘導技術、AR関連技術などの話を聞いて満足しつつ帰宅したのであった。(hammer.mule)


http://www.motoya.co.jp/business/news/osakacollabo2013/
MOTOYA コラボレーションフェア
http://www.motoya.co.jp/business/collabo/
2011年の時の様子
http://www.motoya.co.jp/business/news2011/collabo2012osakat/
去年のポスター展。3位が好きだ。
http://www.motoya.co.jp/business/news/chrome/
Chrome OSにモトヤ書体が採用されました
http://ps.canon-its.jp/ec/
国産で日本語組版に強いエディカラー10。今なら24,000円

YouTubeで見つけました!

広告
このページの上部にもどる

アクセス

いろいろな方法でアクセスできます!

Twitter

    Photos

    Beside Osaka´s CastleKick!Expo Commemoration ParkExpo Commemoration ParkExpo Commemoration ParkExpo Commemoration ParkExpo Commemoration ParkCanon Girl