「写真を楽しむ生活」のページ頭です

写真を楽しむ生活

写真が好きなすべての人に役立つ情報クリップ。写真展情報は"日本最強"!

2013年09月19日のアーカイブ

“PHOTO IS”30,000人の写真展2013 松江会場


会期:9月20日(金)〜9月22日(日)
会場:イオン松江ショッピングセンター(松江市)
http://photo-is.jp/exhibition2013/index.html

ニコン、世界初の防水・耐衝撃レンズ交換式デジカメ「Nikon 1 AW1」防水レンズ2本をラインナップ


(デジカメWatch)
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20130919_616019.html
http://www.nikon.co.jp/news/2013/0919_aw1_01.htm


Nikon 1 AW1


パナソニック、「LUMIX DMC-GX7」をアップデート 電源ON時の安定性を向上


(デジカメWatch)
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20130918_615895.html


ガイドナンバー80の大光量クリップオンストロボ


(デジカメWatch)
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20130919_616007.html


ニッシンストロボの購入で、バッテリーマガジンがもらえるキャンペーン


(デジカメWatch)
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20130918_615849.html


バックパックにカメラストラップを掛ける「くびの負担がZEROフック」


(デジカメWatch)
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20130919_615917.html


70-200mm F2.8レンズを素早く出し入れできるポーチ


(デジカメWatch)
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20130919_615931.html


写真用紙ピクトリコプロに「ソフトグロスペーパー」が追加


(デジカメWatch)
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20130918_615824.html

気になるデジカメ長期リアルタイムレポート ライカM【第4回】新搭載の「測光センサー切替」を検証


(デジカメWatch)
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/review/longterm/20130919_615738.html


(デジカメWatchより)

(デジカメWatchより)



長期試用リポート:「FUJIFILM X-M1」第2回──Wi-Fiの使い心地、2本の標準ズーム


(ITmedia)
http://camera.itmedia.co.jp/dc/articles/1309/18/news047.html


(ITmediaより)

(ITmediaより)



試用レポート ハッセルブラッド Lunar


(アサヒカメラ.net)
http://dot.asahi.com/asahicameranet/info/trialreport/130918.html


(アサヒカメラより)

(アサヒカメラより)



キヤノンEOS 70D は熱心な動画ファンにはベストのカメラのひとつ


(デジカメinfo)
http://digicame-info.com/2013/09/eos-70d1.html

趣味のインターネット地図ウォッチ 第170回:月額945円で全国見放題、ゼンリン「住宅地図」スマホ版の詳しい話


(INTERNET Watch)
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/column/chizu/20130919_615935.html


ビジネスに役立つAndroidアプリ 好きなメディアを集めて雑誌風に読めるニュースリーダー「Flipboard」


(INTERNET Watch)
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/column/biz_a_app/20130918_615733.html


Panasonicロゴの新eneloopと新充電式EVOLTAの実力【前編】


(家電Watch)
http://kaden.watch.impress.co.jp/docs/column_review/kdnreview/20130919_615910.html


オムロン、10歩で姿勢をチェックできる歩行姿勢計「ウォークスキャン」〜“美しい姿勢”が腰痛や肩凝りを改善


(家電Watch)
http://kaden.watch.impress.co.jp/docs/news/20130919_615904.html


大型台風、洪水でクルマが水没! JAFが伝授する、イザという時に役立つ「脱出術」


(NIKKEI TRENDY NET)
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/pickup/20130918/1052264/


つまんで転がし1000回使えるスマホクリーナーが発売前から話題に


(NIKKEI TRENDY NET)
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/20130917/1052242/


長老を桶に乗せて担ぐ祭り


(Daily Portal Z)
http://portal.nifty.com/kiji/130918161818_1.htm

●夏休みに「いまさら見るDVD」その1は「アウトレイジ ビヨンド」。日本の役者はみんなヤクザを演じるのが好きなのだろう。かつては誠実な人、カッコいい人、善良な人を演じた役者が歳を重ねて、嬉々として悪い人を演じている。みなさんオーバーに凄んでいるが、これはお芝居だよって感じがしてあんまりこわくない。だって、バイオレンス・エンターテインメントだもの。


ただ一人、リアルに浮いている男がいた。貫禄がないうえに怒鳴り散らしてばかりいる。それでナンバー2の若頭ときた。やなやつだねえと思っていたが、ひどい殺されようであった。マル暴の小日向文世、いい人悪い人なにやらせてもうまいねえ、この人。この映画でズーッと仏頂面の長身の男は、おお「孤独のグルメ」松重豊ではないか。グルメとはえらく違う悪相だ。彼の存在する意味は大切なのに説明不足ではないかと思う。


前作を見ていないので、初めは人間関係に戸惑った。どうせヤクザの抗争話なんだから、最初に顔写真入りの相関図を出して解説して欲しかった。それをやっちゃあつまらないか。それでもそのうちなんとなく分かって来たが、すぐに裏切られる。わからないのはビートたけしという役者だ。この人のセリフは聞き取れないことが多い。表情から何も読み取れない。だから、なに考えているのかわからない不気味さが出る。そういう効果はあるが、本当にうまい役者なんだろうか。


若い頃のたけしの毒舌はよく聞こえたが、最近は滑舌が悪いせいか、聞きとるのに苦労する。テレビのバラエティでもそうだ。仕方なくボリュームを上げると、ほとんど平凡過ぎるか、観念的で意味不明なことを言ってる。なんだよ、全然おもしろくないぞ。トヨタのCMにも出ているが、それほどありがたい人なんだろうか。北野武という監督は評価できるけれど。


「いまさら見るDVD」その2は「テルマエ・ロマエ」。ヤマザキミノリの漫画を読んで、その奇想に驚愕したが、まさかの映画化には「まさか」としか言えなかった。主役の古代ローマ人に阿部寛というのは予想外にピッタリ。日本の銭湯にタイムスリップして来て、あらゆるものに驚き感動し考え込む滑稽なさまを、彼が糞真面目な表情で演ずるところがじつにおもしろい。しかしそのほかの、リアルなストリーとして流れているところはイマイチ。それにしても、日本人が西洋人を演じるのは、いくら演技がうまくても、たまらなく恥ずかしい。阿部寛はよかったけれど。(柴田)


http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00AM5VG2E/dgcrcom-22/
アウトレイジ ビヨンド


http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00948M70K/dgcrcom-22/
テルマエ・ロマエ


●MacのOfficeを使っている。お客様からのデータ受け渡しのために持ち、使わざるを得ない。Xの時は気にならなかったのだがXもそうだったかもしれない)、2011にしてから、Wordの一部のショートカットが出ず、不便していた。


「一部の」と書いたが、使えないのは、コピー、ペースト、保存などの大事なもの。幸いなことに、開いてコピーするためだったり、場合によっては別アプリで直接開いたりするので、マウス操作は数回。Officeのヘルプを見てもショートカットキーの表示・非表示などは見当たらず、作成機能はあるものの、基本的なものを、ユーザー側で登録しなきゃいけないの? と。


仕事が詰まって苛立っている時にコピペできず、あり得ないでしょ! と八つ当たり。再度ヘルプを見、ネット検索をし、そして見つけましたよ、原因と対策。ほんとありがたいわ、こういうことを書いてくれる人。


原因は「かな入力」。Wordを立ち上げる際に、ことえりが「ひらがな」になっていたらショートカットキーが消える。「英字」なら問題なし。なんてこと! 記事には同じように悩んでいた人のコメントがついている。MSでは対応するつもりはないらしい。


何度も後記で書いているけど、ローマ字入力より、かな入力の方が効率いいの(涙)。英文タイプから入ったから、英字キーの位置も知った上で、かな入力を自習したのだ。例えば、ファイルとfileを入力時に混同しなくていいのよ〜。かな入力は死語ならぬ滅機能になるのかしら……。(hammer.mule)


http://moon-phase.cocolog-nifty.com/blog/2012/04/office-word-fcb.html
Office: Wordでショートカットキーが無くなる


http://office.microsoft.com/ja-jp/mac-word-help/HA102927282.aspx
日本語の時用にショートカットキーのユーザー登録をしてみた。すべてを選択、保存はキー登録なし、コピーはなんとF3、ペーストはF4になっていたわ。

YouTubeで見つけました!

広告
このページの上部にもどる

アクセス

いろいろな方法でアクセスできます!