「写真を楽しむ生活」のページ頭です

写真を楽しむ生活

写真が好きなすべての人に役立つ情報クリップ。写真展情報は"日本最強"!

●テレビの「お笑い」がまるでおもしろくない。S-1、M-1、R-1、キングオブコントなど、いちおう見始めるものの、あまりのつまらなさ、居心地の悪さに途中でいやになって、すべて決勝まで見たことがない。たまたま読んだ東野圭吾「毒笑小説」(集英社文庫、1999)の巻末で東野と京極夏彦が「お笑い」小説について対談していて、それがテレビの「お笑い」と通じるものがあって興味深かった。──芝居などもそうだが、笑わせるのはテクニックとして泣かせるより断然むずかしい。読み返してみて、自分ではずしたなと思ったときの恥ずかしさったらない。読んでて寒かったときはゾーッと引いて手の打ちようがない。「ああ、こいつ、面白くないヤツだ」と思われるのがすごく怖い。ギャグには体力が必要で、途中でテンションが下がるともうダメ。結局、他人の不幸で人間は笑う。笑いの底に悪意あり。感動と笑いは紙一重。危険なのは笑いのツボの周辺にはシラけるというでっかいツボがある。要は「あ、バカだ!」と言って笑える、そのバカのパンチがどれだけあるかということだ。「お前、これギャグ、はずしているぞ」と言われたら、店を畳んでかえりますみたいな感じになっちゃう。──などなど、納得出来る話だ。翻ってテレビの「お笑い」を見ると、覚悟が足りないというか、才能がないというか(それで苦節数十年とは悲しい)、中途半端なのばかり。フリップ持って出てくる芸人はとくに。それにしてもS-1グランプリ、もちろん途中で見るのやめたけど、ずいぶんぬるいイベントだった。ばかげた賞金金額1億円、それにつりあわない芸、これはソフトバンクのばらまきだ。まあ、史上最低のばらまき、血税のむだ遣い、子ども手当よりは罪がないが。(柴田)


●昨日書いたiPhoneでradikoが……。「iRadiko」アクセスできず。「ラジ朗」は今のところ大丈夫。AMラジオを久々に聴いて、音声だけでここまで表現しますか、と感動していたのになぁ。地域外では聴けなくする公式アプリが近日中に配信されるらしいが、それまで待ちなさいと。もう、ラジオの地域枠とっぱらえばいいのに。音楽を全国放送するから? 地域密着CMの効果がないから? CMだけ地域別に差し替えるとかって難しい? 今の数秒遅れを15秒遅れとかでもいいしさぁ。ネットしている番組なら、それぞれの地域でCMのない時は音楽流れていたりするよね。朝や昼間は地域放送の方が絶対便利だから自然とそっち選局すると思う。FMや深夜は番組自体で選びそうだけど。ラジオに面白いコンテンツがあるとわかれば、聞く人増えると思うよ〜。radikoの存続については、地域拡大方向の方が良い結果を生むと思うので頑張って欲しいなぁ。元から地域外でも雑音混じりで聴けていたんだし、ワールドバンドラジオ(持ってる)使えば、その範囲も広がる。音楽業界はラジオ盛り上がった方がいいよね。テレビや携帯コンテンツだと偶然音楽が耳に入ることなんて少ないよ。音楽番組見ない人だと、CMか主題歌程度。(hammer.mule)
http://k-tai.impress.co.jp/docs/news/20100407_359577.html
radikoのiPhoneアプリに協議会が難色、近日公式アプリ配信
http://www.sony.jp/radio/lineup/r-worldreceiver.html
ワールドバンドレシーバー

コメントをどうぞ

ご意見お待ちしております!

情報の誤り、リンク切れなどございましたら、お手数ですが、この欄もしくは情報提供フォームからお知らせください。

CAPTCHA


YouTubeで見つけました!

広告
このページの上部にもどる

アクセス

いろいろな方法でアクセスできます!