「写真を楽しむ生活」のページ頭です

写真を楽しむ生活

写真が好きなすべての人に役立つ情報クリップ。写真展情報は"日本最強"!

●「写真を楽しむ生活」Webサイトでは、写真展情報で画像を掲載できます。目立ちます。ぜひ送って下さい。サイズは長辺が800ピクセル程度が最適です。もちろん掲載は無料です。
photo@dgcr.com


●「写真を楽しむ生活」創刊以来、ずっと言い続けて来た「もっと写真家に愛情を持ったサイトにしてくれー」という要求がようやく通って(と勝手に思う)、キヤノンギャラリーのサイトがリニューアルされた。従来は、毎月の写真展情報は会期と作家名・タイトルしか掲載されていなかった(1件だけ小さな写真が付いたが)。天下のキヤノンのこのすげない扱いを、この欄で何度も嘆いたものだった。それが、つい先日すっかり変わっていた。シンプルなレイアウトで、会期、作家名、タイトル、それにDMの画像と簡単な説明が加わった。各写真展の画像はDMの1点きりで、作家自身のコメントがないのはまだ物足りないが、それでもどんな内容の写真展であるかはよく分かる。さらに、開館時間、休館日、所在地、交通案内、電話番号のギャラリー基本情報はページのトップにバッチリ掲載(これが重要)。その上、キヤノンギャラリーで今まで開催された写真展のアーカイブもセットされた。全国7会場の情報も一目で分かる。これでようやく、他の写真メーカーのギャラリーサイトと並んだ。見やすさでは一番かな。ついでに言うが、オリンパスギャラリーの写真展一覧は、東京と大阪を一緒に掲載しているのでちょっと見にくい。ニコンギャラリーのように、縦軸にカレンダー、横軸に東京と大阪を分離配置しすればすっきりすると思う。この要求は通るか?(柴田)
http://cweb.canon.jp/gallery/ginza/index.html
キヤノンギャラリー銀座
http://olympus-imaging.jp/event_campaign/event/photo_exhibition/
オリンパスギャラリー 写真展一覧
http://www.nikon-image.com/activity/salon/schedule/
ニコンギャラリー


●最近の流れから、Webサイトも3Dで見るようになったりしないだろうなぁと、ふと思った。3D対応モニタ(ブラウザ)とか。そういやARはある。ショッピングサイトでARってのは遠い世界の話ではないだろう。あああ。そうだった、エイプリルフールでYahoo!の3D化にまんまとひっかかったんだった。思い出した。/Catalyst CS5からHTML5に書き出せたらいいなぁ。/手作りiPadの記事、好きだ〜!(hammer.mule)
http://www.youtube.com/watch?v=oAeVC8-ftjU
ARで初音ミク(2008年)
http://www.youtube.com/watch?v=dbm0TSthp5o
シールド発動(2008年)
http://r25.yahoo.co.jp/fushigi/jikenbo_detail/?id=20100401-00001965-r25
エイプリルフールで大手サイトが3D化でカブりまくる
http://b.hatena.ne.jp/articles/201002/795
進化した「HTML5」ってどんなもの?(2月時点)
http://clockmaker.jp/blog/2010/02/flash-vs-html5/
Flashだとここまでできる! HTML5とFlashの機能比較(2月時点)
http://www.moongift.jp/2010/04/paintweb/
ペイントもHTML5で。「状況はどんどんと変わってきている」
http://www.w3.org/TR/html5/  HTML5
http://jilion.com/sublime/video  HTML5 Video Player

コメントをどうぞ

ご意見お待ちしております!

情報の誤り、リンク切れなどございましたら、お手数ですが、この欄もしくは情報提供フォームからお知らせください。

CAPTCHA


YouTubeで見つけました!

広告
このページの上部にもどる

アクセス

いろいろな方法でアクセスできます!