「写真を楽しむ生活」のページ頭です

写真を楽しむ生活

写真が好きなすべての人に役立つ情報クリップ。写真展情報は"日本最強"!

NHK大阪文化センター矢野教室写真展


http://www.fujifilm.co.jp/photosalon/osaka/10042301.html


米花尚士写真展「時の止まった街角・イエメン 素顔に出会う旅」


http://www.fujifilm.co.jp/photosalon/osaka/10042302.html


フォトサークル花輪REI写真展「花」


http://www.fujifilm.co.jp/photosalon/osaka/10042303.html
会期:4月23日(金)〜4月29日(木)
会場:富士フイルムフォトサロン大阪(大阪市中央区)


写真家中山岩太 私は美しいものが好きだ。 レトロモダン・神戸


http://www.artm.pref.hyogo.jp/exhibition/t_1004/index.html
会期:4月17日(土)〜5月30日(日)月休 5/3開館 5/6休館
会場:兵庫県立美術館(神戸市中央区)
観覧料:一般1,200円、大学生900円、高校生・65歳以上600円、
中学生以下無料


内容:兵庫県ゆかりの写真家である中山岩太(1895-1949)は、日本の芸術写真の地位を確立した写真家のひとりです。福岡・柳川に生まれた中山は、1915(大正4)年、東京美術学校(現在の東京藝術大学)に新設された臨時写真科に入学し、同校卒業後はニューヨークやパリなど海外で写真の研鑽を積むとともに、当時の欧米の最先端の美術運動を経験しました。帰国後は芦屋を拠点とし、「芦屋カメラクラブ」を創設し新興写真のジャンルで活躍するとともに、神戸大丸で写真スタジオを開設、ポートレイト写真の名手としてその名を知られました。また、コマーシャル写真や観光写真、スタジオ写真の分野でも、日本の写真史に残る先鋭的な表現を多く残しました。本展では、中山岩太の業績を二部構成によって振り返ります。(サイトより)


モダニズムの光華「芦屋カメラクラブ」


http://www.ashiya-web.or.jp/museum/jp/exhibition/next/20100417_ex1_ACC.html
会期:4月17日(土)〜6月20日(日)月休 5/3開館 5/6休館
会場:芦屋市立美術博物館(兵庫県芦屋市)
観覧料:一般300円、大高生200円、中学生以下無料
◇記念撮影会「中山岩太のカメラで思い出をつくる」
日時:5月5日(水・祝)、5月9日(日)いずれも14:00〜15:00
内容:中山岩太が実際にスタジオで使用していた大型カメラで、永田徹氏(株式会社ハナヤ勘兵衛撮影部長)が記念撮影します。再現された当時の背景幕を使い、1930年代へタイムスリップした写真が、その日のうちに持ち帰れます。
定員:10名(当日先着順)
撮影費:500円(観覧料含む)

“写真家中山岩太 私は美しいものが好きだ。 レトロモダン・神戸”には2 レスポンス

  1. 写真家中山岩太 私は美しいものが好きだ。 レトロモダン・神戸 http://bit.ly/aQq2Hw

  2. 写真家中山岩太 私は美しいものが好きだ。 レトロモダン・神戸 http://bit.ly/aQq2Hw

コメントをどうぞ

ご意見お待ちしております!

情報の誤り、リンク切れなどございましたら、お手数ですが、この欄もしくは情報提供フォームからお知らせください。

CAPTCHA


YouTubeで見つけました!

広告
このページの上部にもどる

アクセス

いろいろな方法でアクセスできます!