「写真を楽しむ生活」のページ頭です

写真を楽しむ生活

写真が好きなすべての人に役立つ情報クリップ。写真展情報は"日本最強"!

2010年06月15日のアーカイブ

鈴木則裕写真展「とまり木」


http://www2.ttcn.ne.jp/%7Emoon26/
会期:6月16日(水)〜6月30日(水)月休
会場:gallery Bar 26日の月(東京都新宿区)


根岸基弘写真展「一回休み」


http://www.phobbit.com/kodojitop.html
会期:6月16日(水)〜6月30日(水)日休
会場:新宿ゴールデン街[こどじ](東京都新宿区)


加藤公和写真展「dancingdolls」


http://uotomo.jp/koten.html
会期:6月16日(水)〜6月23日(水)
会場:LA CAMERA(東京都世田谷区)


佐藤昭一写真展「皇居逍遥」


6人展写真作品展


http://www.phmuse.com/
会期:6月16日(水)〜6月21日(月)
会場:町田市フォトサロン(町田市)

ニッコールクラブ札幌支部「ニッコールクラブ札幌支部展」


http://www.nikon-image.com/jpn/support/showroom/servicecenter/sapporo/event.htm
会期:6月16日(水)〜6月30日(水)
会場:ニコン札幌サービスセンターフォトスクエア(札幌市北区)


「桜」フォトコンテスト入賞作品展


http://e-910.jp/
会期:6月16日(水)〜6月30日(水)日休
会場:フォトプラザ910″ギャラリー(北海道帯広市)

ニッコールクラブいわき支部 写団ONAHAMA第一回写真展「彩りへの挑戦」


http://iwasas.web.fc2.com/
会期:6月16日(水)〜6月20日(日)
会場:いわき市暮らしの伝承館(いわき市)

船越博美写真展「1+X」


http://mephotogallery.com/exhibition.html
会期:6月16日(水)〜6月28日(月)
会場:エムイーフォトギャラリー(福岡市博多区)


西彩実写真展「説明」


http://www.nikon-image.com/jpn/support/showroom/servicecenter/fukuoka/event.htm
会期:6月16日(水)〜6月30日(水)土日祝休
会場:ニコン福岡サービスセンターフォトスクエア(福岡市博多区)


ひろしまin OKINAWA 石内都展


http://sakima.jp/exhibition-next.html
http://sakima.jp/event.html
会期:6月16日(水)〜8月9日(月)火休
会場:佐喜眞美術館(沖縄県宜野湾市)
入館料:大人700円、中高生600円、小人300円
◇対談「身体と記憶」石内都、山城知佳子
6月19日(土)15:00〜
◇シンポジウム「記録と記憶をめぐって おきなわ/ひろしま/ながさき」石内都、東松照明、比嘉豊光、土屋誠一
6月20日(日)15:00〜
◇アーティストトーク「石内都 自作を語る」
7月3日(土)16:30〜

おかだよういち


2月から8回、数か月に渡って技術的な小難しい話を続けてきましたので、この辺で旬な話題を。と言うことで、今回は先月28日に発売になったばかりで話題のiPadと、写真を絡めた話をしてみましょう。


と、その前に更に新鮮な、日本時間今朝早くにWWDCで発表になったばかりのiPhone4に関して、カメラまわりのことを書いておきます。


この連載でも、いままで何度もiPhoneのカメラ&カメラアプリのことに触れています。その中では「iPhoneのカメラはしょぼいのでそれを逆手に取って、他の高性能なカメラでは撮れない感じのトイカメラ風に撮るのを楽しみましょう」と書いていましたが、今回発表されたばかりのiPhone4のカメラはかなり進化していますよ。


・5 megapixel sensor
・backside illuminated sensor
・1.75μm size pixels
・5x digital zome
・tap to focus
・LED flash
・720p at 30fps HD video recording


と、ジョブズ氏のプレゼンにあります。まず、5メガピクセルで、しかも裏面照射のセンサーになりました。裏面照射CMOSセンサーは、ソニーやリコーの最新デジカメ等に採用され始めたもので、通常のものと比べると暗い場所に強く、高感度でもノイズの少ない写真が撮れるのが特徴です。
http://bit.ly/5hnimq


コンパクトデジカメや、日本の携帯電話のカメラは、センサーが小さいにもかかわらず解像度を上げることに力を入れているので、800万画素とか1,000万画素とかが主流です。iPhone4のカメラは、同じサイズのセンサーで実用に必要充分な500万画素に抑えることで、光を取り込むひとつひとつの画素を1.75μmと大きくできるので、より暗い場所に強いということになります。早く実機で試し撮りしてみたくなりますよね!


その他にも、LEDのフラッシュも付いたり、指で触った所でピントが合ったり、720pのHD動画が撮れて、しかもその場で編集してすぐにネットにアップして共有できるなど、嬉しい機能がてんこ盛りです。もともとGPSは搭載されていますので、写真や動画にジオタグを付けるのはお手のものですし、これ以上のコンパクトデジカメは他にないんじゃないかなと思える新型iPhoneです。
http://www.apple.com/jp/iphone/


そんなiPhone4が今月24日発売ですよ! iPad発売から1か月経ってないのに。


そのiPad、先月28日に発売され、一般のニュースやワイドショーなどでも紹介されるなど、一部のギークだけでなく、普段あまりデジタルガジェットに興味を持たない人達までiPadの話題をするほどです。わたしも予約できなかったにもかかわらず、ちょうど出張で東京にいたので28日当日ソフトバンク表参道店でうまく手にいれることが出来ました。


iPadにはカメラが付いていませんので、単体では写真で遊ぶことはできませんが、別売りのiPad Camera Connection Kitを使って、デジカメで撮った写真を取り込めば一気に用途が広がります。
http://store.apple.com/jp/product/MC531ZM/A


SDカード用とUSB用と2種類ありますので、SDであればそのまま挿し、一眼レフなどCFカードのカメラはメモリリーダーを使うか、カメラを直接USBで繋ぎます。
http://flic.kr/p/88pdtE


すると、メモリカードに入っている写真のサムネイル画像が表示されます。
http://flic.kr/p/88z2M7


凄いのはJpeg画像だけでなく、RAWで撮ったものもちゃんと読み込んで、サムネイル画像が見られるとこです。
http://flic.kr/p/88vMYH ←一番下の最期の画像


ただし、注意が必要なのは、JpegもRAWもiPadで閲覧する写真はiPad用に最適化された画像で、実画像ではありません。ですから、等倍に拡大してピントのチェックとかの用途では使えません。あくまで構図やライティングのチェックなどに限られますが、今までクライアントさんやモデルさんと、カメラ背面の小さな液晶を見るために頭を寄せ合ってチェックしていたことを思うと、iPadで画像のチェックが出来るのは画期的です。


画像チェック以外にも、JpegやRAWデータがそのまま読み込まれるので、メモリの予備がない場合のデータの避難場所として、簡易的なフォトストーレッジにも使えそうです。


一回の撮影で32GBのカードを何枚も使うような強者には、本格的な専用のストーレッジをお勧めしますが、普通の撮影なら32GBまたは64GBのiPadでも充分事足りるのではないでしょうか。


iPadで写真を見るのはとても楽しくて、クライアントやモデルさんに見せる場合、とてもインパクトありますから喜ばれます。


写真はアルバムやイベントごとに束になっていて、指二本で写真をつかんで広げると、実際に重なった写真が広がるギミックで直感的に操作できます。
http://flic.kr/p/88pGGj


そして、ボタンをタップするだけで、エフェクトと音楽が付いたステキなスライドショーが始まります。作品ポートフォリオを人にプレゼンするのに強力な武器になりますよ!
http://flic.kr/p/88zeuU


まだまだ発売直後ということもあり、写真編集アプリなど定番という感じのものは出揃っていませんが、RAWデータを読み込めるということもありますし、今後RAWデータを現像するようなアプリも出てくるかもしれません。新しいiPhone4とうまく連携するようなアプリも期待できますし、今後も目が離せないですね。またアプリに関しては面白いものを発見したら、追って紹介しようと思っています。


【おかだよういち/WEB&DTP デザイナー+フォトグラファー】
http://s-style-arts.info/
okada@s-style-arts.com
<twitter:http://twitter.com/okada41>


またiPhone4の行列が出来るのでしょうか? とにかく3Gを丸2年使ったので、速攻新しいのに買い替えたいです。

第26回東川町国際写真フェスティバル(東川町フォトフェスタ


2010)写真インディペンデンス展 出品参加要項
http://www.town.higashikawa.hokkaido.jp/phototown/photofesta/topics/inde2010/
主催:東川町写真の町実行委員会 協力:日本カメラ(予定)
会期:7月31日(土)〜9月6日(月)
開催場所:写真の町 東川町文化ギャラリー
募集定員:17名(先着) 応募開始:6月21日(月)9:00〜
応募資格:居住地・年齢・性別・プロ・アマの如何を問わずどなたでも応募できます。7月28日(水)〜30日(金)までに来町、ご自身で展示作業の出来る方、8月1日(日)10:00〜12:00開催の出会いと合評の集いに参加できる方。
申し込み:サイト参照

コシナ、「Distagon T* 2/35」キヤノン用とニコン用CPU内蔵版を24日に発売


(デジカメWatch)
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20100614_374311.html


コシナ、Makro-Planar T*「2/50」「2/100」のニコン用CPU内蔵版を24日に発売


(デジカメWatch)
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20100614_374310.html


コシナ、「15mm View Finder M」を6月24日に発売


(デジカメWatch)
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20100614_374301.html


オリンパスプラザ大阪、「M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4-5.6」を先行展示 〜ペンシリーズでオールドレンズを試せる「レンズBar」も設置


(デジカメWatch)
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20100614_374389.html


三晃精機、ソニー「NEX」用のライカMマウントアダプター


(デジカメWatch)
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20100614_374358.html


「Eye-Fi X2」ファームウェアと「Eye-Fi Center」最新版が公開


(デジカメWatch)
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20100614_374300.html


ロアス、カメラに合わせて伸縮する本革デジカメケース


(デジカメWatch)
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20100614_374282.html


水深3mまでOK! LEDライト付きHD動画対応『USB水中ビデオカメラEX』


(ガジェット通信)
http://getnews.jp/archives/63577

PENTAX 645Dレビュー:杉本流レンズシステム構築計画・実写編


(GANREF)
http://ganref.jp/magazines/index/1/0/369


ソニーDT30mm F2.8 Macro SAMは価格を考えれば立派な性能


(デジカメinfo)
http://digicame-info.com/2010/06/dt30mm-f28-macro-sam.html


記録メディア転送速度テスト シリコンパワー「SP016GBCFC600V10」(CF 600x)


(デジカメWatch)
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/review/speedtest/20100615_373783.html


雨を味方にする──梅雨どきの撮影テクニックと便利アイテム


(デジカメWatch)
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/review/special/20100614_371282.html

「IXY 30S」と夜の動物園で


(ITmedia)
http://camera.itmedia.co.jp/dc/articles/1006/14/news081.html


「世界最小」防水カメラ


(ITmedia)
http://camera.itmedia.co.jp/dc/articles/1006/14/news080.html

ニコン「D3X」「D3S」が国際宇宙ステーションロシア区画で採用


(デジカメWatch)
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20100614_374348.html

「COMMERCIAL PHOTO(コマーシャル・フォト)」2010年07月号


COMMERCIAL PHOTO (コマーシャル・フォト) 2010年 07月号 [雑誌]
著者:
アマゾンレビュー
欲しいものリストに
青木健二/大貫卓也×映画「FLOWERS」/広告クリエイターが仕掛ける“まちおこし”プロジェクト/日本の広告クリエイティブの明日を考える 緊急座談会企画
http://www.genkosha.co.jp/cp/
→アマゾンで購入するなら
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B003MX3CW0/dgcrcom-22/


「ここにも、こけが… たくさんのふしぎ傑作集」越智典子、伊沢正名


ここにも、こけが… (たくさんのふしぎ傑作集)
著者:
アマゾンレビュー
欲しいものリストに
身近な場所で見つかる「こけ」。その姿は4億年も前から、ほとんど変わっていないのです。独特で精緻な美しさと不思議な生態、その生活史に迫ります。
http://www.fukuinkan.co.jp/magadetails.php?goods_id=11621
→アマゾンで購入するなら
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/483402556X/dgcrcom-22/


「世界の駅・日本の駅」小池滋、青木栄一、和久田康雄


世界の駅・日本の駅
著者:
アマゾンレビュー
欲しいものリストに
啄木がふるさとを懐かしみ求め、帝国主義をとる欧米列強が権力誇示の装置として用い、大手私鉄会社が集客のための宣伝媒体として用いた鉄道駅。時代・地域に応じて多様なイメージを集束してきた鉄道駅を丹念に読み解く11章。
http://www.yushokan.co.jp/list_shoseki.html
→アマゾンで購入するなら
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4903487385/dgcrcom-22/

ボイジャー荻野氏に聞く iPhone/iPad規制と、これからの電子書籍


(ASCII.jp)
http://ascii.jp/elem/000/000/529/529708/


Apple「iPad Wi-Fi/32GB」ソフトウェア編 〜まさに七変化のマイ・ノート!


(PC Watch)
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/column/nishikawa/20100615_374357.html


ビジネスで活用進むiPad、レストランや製薬会社でも


(ITmedia)
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1006/15/news011.html


iPadとホームサーバーの連携 PDFやビデオを再生できる環境を作る


(INTERNET Watch)
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/column/shimizu/20100615_374420.html


クリエイションツールとしてのiPad・iPhoneの使い分け方


(マイコミジャーナル)
http://journal.mycom.co.jp/articles/2010/06/15/iphoneipad/


「はやぶさ」が光輝き、散っていく NASAが空撮映像を公開


(ITmedia)
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1006/14/news076.html


GoogleストリートビューにW杯のスタジアム画像、選手と同じ目線で360度


(INTERNET Watch)
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20100614_374395.html


昭文社の地図ソフト新製品をエリアごとに切り売り、ダウンロード提供開始


(INTERNET Watch)
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20100614_374332.html


一度使ったらやめられない! iPhone&Xperia向け地図アプリがスゴイ理由


(nikkei TRENDY net)
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/pickup/20100614/1032099/


iPod touch&iPadでもラジオが聴ける! 最新「radiko」アプリの実力は?


(nikkei TRENDY net)
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/pickup/20100607/1032044/


梅雨に勝つ! 使って驚く「ハイテク折り畳み傘」大集合


(nikkei TRENDY net)
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/special/20100604/1032013/


リプトンに教えてもらった“ティーバッグでも美味しい”紅茶のいれ方(応用編)


(ガジェット通信)
http://getnews.jp/archives/60855


ユニクロ、スポーツとtwitterを連動させた新Webサイト『SPORTWEET』公開


(マイコミジャーナル)
http://journal.mycom.co.jp/news/2010/06/14/031/

2010-6-15

2010/06/15

●鈴木輝一郎「もしも義経にケータイがあったなら」を読む(新潮選書、2005)。キャッチーなタイトルに引かれて、だいぶ前に買って積んでおいたものだ。もし義経に携帯電話があったとして、壇ノ浦合戦直前、船の上から頼朝に「あ、オレオレ、オレだよ。参っちゃったよ〜、梶原が『どうしても先陣やらせろ』って聞かなくってさぁ。ホレ、平氏だって平知盛だって平宗盛もいて、安徳天皇もいるんだから、オレが先頭立たなきゃ、形になんねぇよな。え? オレが戦死したらどうする、って? 陸には範頼のアニキがいるしさ。(略)おーい、梶原、アニキが電話出てるから、ちょっとかわれや。アニキから言われりゃ納得するだろ、お前」なんて言ったかも(それにしても義経、不良少年か)。といった荒唐無稽な内容の本ではない。そもそも、義経とケータイが中心テーマではない。あの義経がどうして失脚したかを、現代の経営・人事理論で読み解くという興味深いアプローチなのだ。売らんがための偽装タイトルだ(うまいけど)。組織においては、上司への詳細な報告、迅速な連絡、緻密な相談は不可欠なのだ。つまり、わたしも会社員時代によく言われて、よく守らなかったホウレンソウの重要さを、義経の思考・行動と対照しながら考察する。組織のたとえ方はハテナな部分もあるが、義経が頼朝の代官として平家と戦って勝利し、その後の挫折に至る顛末をわかりやすく
描写している。義経の時代の歴史を知る本としておすすめ。また、新人サラリーマンが読むと役に立つかもしれない。/2日続けていい朝だったなあ。 (柴田)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4106101246/dgcrcom-22/


●日本が勝った〜! 最初ちらっと見て、あまりな試合展開と徹夜続きのため寝ることにした。歯磨きしていたら、隣家から歓声とともに拍手が聞こえたので慌ててテレビをつけた。うぉー! 先制点! でもまたすぐに消してベッドに。朝、ベッドでiPhoneを見て結果を知り、Oha!4からはじまり、チャンネルはしご。ゴールシーンは何度見ても嬉しいね。寝ちゃってごめんなさい。/お隣さん夫妻はサッカー好き。お正月に東京に行き、応援しているチームが違うからと別スタンドで見るほど。こういう人たち好きだわ〜。/新しいマウスにした。LogicoolのBluetoothマウス「M555b」。そのマウスで酔う。マウスに酔うではない。自分の知っているマウスの感覚と画面の動きが違うと酔う。本当に吐きそうになった。マウスポインタが思ったところで止まらない。行き過ぎてしまう。追随加速係数をいじってみたが、どうも思ったようにならない。移動スピードは以前使っていたマウスと同じになったが、止めたいところで止まらない。初心者がパソコンを難しいと言う理由がわかる気がした。「はい、左上のボタンをクリックしてウィンドウを閉じてください」と言われても、なかなかボタンにたどり着けず、そのうちに「まだできないんですか?」という視線をもらうようなイメージ。とにかく慣れるしかないのかなぁ。他人のパソコンを使っても、こんなにマウスで苦労することはないんだが。近くから近く、横のボタンとか、プルダウンメニューなんかがとても苦しい。ゆっくり移動する時の感覚がほんと気持ち悪い。行き過ぎるってことは、今後慣れたら、小さな動きで済むことになるわけなんだけど。マウスパッド変えてみようかなぁ。(hammer.mule)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B002DGSNX0/dgcrcom-22/
レビューで購入を決めた

YouTubeで見つけました!

広告
このページの上部にもどる

アクセス

いろいろな方法でアクセスできます!

Twitter

    Photos

    My CollectionHakodate Night ViewsKonica Kanpa!Go with your gut!Live Paint at Design FestaArtist Recording Live Painting ProcessOn Assignmentカシェ・バルジ | ACRU