「写真を楽しむ生活」のページ頭です

写真を楽しむ生活

写真が好きなすべての人に役立つ情報クリップ。写真展情報は"日本最強"!

●電気事業連合会が「電気の源を考える」という、毎日約1/2ページを使った原子力発電の広告を開始した。企画・制作は読売新聞広告局である。各界の有名人(?)が読売の編集委員の質問(誘導)に答える形式で、10/24の第一回目は「環境とエネルギー自給率」をテーマに、勝間和代が登場した。この人が原子力発電に詳しいのかどうかは知らないが、それにしてもアバウトなことを言う。原子力発電を「怖いから嫌だ」と言う人も少なくありませんね、という問いに「これまでの実績をみる限り、原子力発電はCO2排出量が少ないですし、安全性もそれなりに信頼しています。安全性については『怖い』というような感情論で語るのではなく、統計データなどの客観的事実に基づいた議論をすべきでしょう。(略)実績を積み上げることで安全性をアピールしていくしかない」と応ずる。「それなりに信頼」とはどういうことだ。「統計データなどの客観的事実」とはどんなデータをいうのか。「実績を積み上げる」とは批判を感情論だからと受付けず、このまま原発を推進せよということなのか。「新幹線も飛行機も、はじめは乗ることを怖がる人が多かったと聞きますが、今は安全だと感じている人の方が多いでしょう」とまで言う。新幹線や飛行機を原発と同列にする無神経さ、あまりの無知に、この人が原子力発電を語る資格はないと断定する。「それなりに影響力ある」人なんだから、電事連の潤沢な金を使った広告で、こんないいかげんなことを言ってはいかんよ。(柴田)


●Twitterでいまだに「なう」を使ったことがない。気恥ずかしくて、敬遠しているのだ。と、隣の席のP氏が「なうはTwitter発祥ではないらしい」というページを見つけ知らせてくれた。そうなの? 「2004年暮れぐらいから一部で使われ始め、mixiなどを通じて伝搬していったものが、相性の良さからtwitterで広まったというのが正しいだろう」らしい。「どのようにtwitter上でポピュラリティを獲得していったのかは今後の研究を待ちたい」のだそうだ。/SOY CMS2。ベータテスター向けにダウンロードが開始されたよ。  (hammer.mule)
http://d.hatena.ne.jp/RRD/20090727/1248682147
なぜナウやnawではなく「なう」なのか〜twitterのなんとかなう問題
http://www.jmuk.org/diary/index.php/2009/08/02/origin-of-now/
「◯◯ナウ」の起源
http://www.soycms.net/soycms2/  SOY CMS2 ベータ
http://japan.internet.com/allnet/20101025/2.html
サイバー大学が「e-カレッジ」iPad版の配布を開始
http://www.youtube.com/doritosuk
マウスを使って360度見られるMovie。QTVR動画。

“2010-10-26”には1レスポンス

コメントをどうぞ

ご意見お待ちしております!

情報の誤り、リンク切れなどございましたら、お手数ですが、この欄もしくは情報提供フォームからお知らせください。

CAPTCHA


YouTubeで見つけました!

広告
このページの上部にもどる

アクセス

いろいろな方法でアクセスできます!