「写真を楽しむ生活」のページ頭です

写真を楽しむ生活

写真が好きなすべての人に役立つ情報クリップ。写真展情報は"日本最強"!

2013年04月23日のアーカイブ

上杉満生写真展「凜とし、麗しく」


会期:4月24日(水)〜5月6日(月)火休
会場:ペンタックスフォーラム(東京都新宿区)
http://www.pentax.jp/forum/2013/04/20130424.html


第32回土門拳賞受賞作品展 亀山亮「AFRIKA WAR JOURNAL」


会期:4月24日(水)〜5月7日(火)
会場:銀座ニコンサロン(東京都中央区)
http://www.nikon-image.com/activity/salon/exhibition/2013/04_ginza.htm#03


小野啓写真展「NEW TEXT」


会期:4月24日(水)〜5月12日(日)月火休
会場:72 Gallery(東京都中央区)
◇5月4日(土)小野啓×飯沢耕太郎トークイベント
http://tip.or.jp/newtext_onokei.html


朝日新聞社・全日本写真連盟「第73回国際写真サロン」


会期:4月16日(火)〜5月16日(木)日祝休(4/30〜5/2は開館)
会場:キヤノンSタワー 2Fオープンギャラリー(東京都港区)
http://cweb.canon.jp/gallery/shinagawa/open-gallery.html


田沼武能写真展「シルクロード 心の旅」


会期:4月24日(水)〜5月27日(月)日祝休
会場:キヤノンギャラリーS(東京都港区)
http://cweb.canon.jp/gallery/archive/tanuma-silkroad/index.html


第5回十四私展「私の光、私の影」


会期:4月23日(火)〜4月28日(日)
会場:ギャラリー・ルデコ(東京都渋谷区)
http://ledeco.net/


佐久間里美展「In a Landscape」


会期:4月20日(土)〜5月26日(日)月火休
会場:POETIC SCAPE(東京都目黒区)
http://blog.photta-lot.com/


ローリー・シモンズ展「The Love Doll: Days 9-35」


会期:4月20日(土)〜5月25日(土)
会場:小山登美夫ギャラリー(東京都江東区)
http://www.tomiokoyamagallery.com/ja/#


ほっとけ水曜会「ほっとけ水曜会写真展」


松島義行「花おぼろ」


会期:4月24日(水)〜4月29日(月)
会場:町田市フォトサロン(東京都町田市)
http://www.phmuse.com/

ミウラ写真塾フィールドノート 6th Page


〜往きつ戻りつ東海道〜
会期:4月24日(水)〜4月29日(月)
会場:かなっくホール ギャラリー(横浜市神奈川区)
http://kanack-hall.jp/info/gallery/

写心悠遊会 第11回写真展


会期:4月24日(水)〜4月30日(火)
会場:京都ぎゃらりい西利(京都市東山区)
http://www.nishiri.co.jp/topics/gallery/


写真倶楽部 ジャック&ベティ


会期:4月24日(水)〜4月29日(月)
会場:入江泰吉記念奈良市写真美術館一般展示室(奈良市)
http://www1.kcn.ne.jp/%7Enaracmp/tenji/tenji_schedule.html


『ブローニー写真』展。


前川遊助 西川善康 松本尚大 Yasuyuki Imura
会期:4月23日(火)〜4月28日(日)
会場:Kobe 819 Gallery(神戸市中央区)
http://kobe819.net/exhibition

まずISO感度を確認しよう


岡田陽一


関西では桜も散ってしばらく経ちゴールデンウィーク目前ですが、結構寒い日もあって体調管理が大変な今日このごろです。


さて、みなさんはデジタル一眼レフやミラーレス一眼などで撮影する時に、まず何を設定しますか?


絞り? シャッタースピード? 最近では、色をナチュラルやビビッド、モノクロなどにする設定や、ミニチュア風などにエフェクトをかける設定などもあります。「このシーンはこんな感じに撮りたい!」って感じたら、まずはピクチャーエフェクトの設定をするのかもしれません。


最近のデジカメは設定項目もたくさんあるので、どうなんだろうと色々と考えてみたのですが、やっぱり一番最初に設定するのは、「ISO感度」じゃないのかと思います。


ISO感度はほとんどのカメラで自動設定になっているので、普段あまり意識しないかもしれません。最近のデジカメは、暗い場所でシャッタースピードが遅くブレやすいシチュエーションになると、自動でISO感度を高く設定するようになっているものが多いです。


なので、設定項目としては忘れがちですが、実は重要なのでちょっと注目してみましょう。


フィルムで撮ってた時代。写真を撮ろうと思うとまず、カメラ屋
さんに行ってフィルムを買います。24枚撮り、36枚撮りのチョイ
スもありますが、フィルムを選ぶ時にISO感度を見て購入してい
ました。


晴れた日の屋外で撮影する時は、ISO100のフィルム、屋内で撮ることが多い日はISO400、夜や暗い場所で撮る場合はISO1600など。そう、フィルムの時代、撮影する際は最初に必ずISOを設定していたのでした。


ということは、デジタルになっても基本は同じです。以前、仲間と神戸花鳥園に花や鳥を撮影に行きました。望遠レンズを付けて、鳥が飛んでいるシーンを撮影しようと思うと、どうしても速いシャッターを切りたくなります。


そんな時はまず、なるべくISO感度を高く設定しておかないと、シャッタースピードを速いところに設定できません。また、花を撮る時に背景をぼかしたい場合も同様です。


逆に、鳥が飛んでるシーンでも躍動感を表現するために意図的に少しぶらして撮ったり、流し撮りをする場合は、少しシャッタースピードを遅くするのですが、絞りとの兼ね合いもあるので、まずはISO感度を先ほどより低めに設定するといいかもしれません。


では、ISO感度って何かおさらいです。


デジタルカメラの場合、ISO感度とはセンサーが光をとらえる能力を表す値です。デジカメはセンサーに当たった光を電気信号に変えて処理します。ISO感度を上げることは、電気信号を増幅することです。ISO感度を2倍にすると電気信号は2倍になります。


ISO感度の設定を200から400に2倍にすると光の量が半分でよくなるので、露出値で1段分(絞りだと1段開ける、シャッターだと1段速く)設定できます。


電気信号を増幅するのですから、当然弊害もあります。ノイズが乗ってきますので、画像が荒れて汚くなってきます。ISO感度は低いほどきれいな画像が得られます。


ノイズの入り方はセンサーの大きさにも関わってきます。iPhoneやコンデジの小さなセンサーでは当然光を受ける量が少ないので、高感度になるとノイズが目立ちます。逆にデジタル一眼レフなど大きなセンサーであれば、その分たくさん光を受けるので、感度を上げても比較的ノイズは目立ちません。


普段は、オートで撮影していても、いざ「こんな写真が撮りたい!」と思った時は、絞りやシャッタースピードを調節する前に、まずISO感度を確認するように心がけると、意図した写真が撮りやすくなると思います。


では、ISO感度について参考になるリンクを紹介しておきますね。


「デジタルカメラにおけるISOとは? 高いとどうなる?」
<http://allabout.co.jp/gm/gc/19762/ >
「ISO感度と写りの関係を理解する」
http://camera.itmedia.co.jp/dc/articles/1007/02/news024.html
「デジカメのISO感度とは?」
http://dcdb.nf4hou.com/kinou/iso.html
「ISO感度とは」
http://diji1.ehoh.net/contents/iso.html
「ISO感度」
http://ja.wikipedia.org/wiki/ISO%E6%84%9F%E5%BA%A6


【岡田陽一 株式会社ふわっと 代表取締役 ディレクター+フォトグラファー】
okada@fuwhat.com <Twitter:http://twitter.com/okada41>


6月30日(日)に開催する「CSS Nite in KOBE, Vol.2〜デザイン再考(サイコー!)では、
イベントの主旨にご賛同いただける企業・団体・個人のみなさまからのご協賛を募集しています。神戸・関西のWebを一緒に盛り上げてくださるみなさんの応援をお待ちしております! 協賛のメリットなど詳しくはこちら…
http://cssnite-kobe.jp/sponsor.html

キヤノン、「EOS 5D Mark III」のファームウェア公開を30日に決定


(デジカメWatch)
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20130422_596982.html


RAYQUAL、コンタックスC/ニコンSレンズ用マウントアダプター


(デジカメWatch)
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20130422_596949.html


Funny、「FUJIFILM X20」用レザーケース


(デジカメWatch)
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20130422_596917.html

ファーストインプレッション リコーGR GR DIGITAL IV、GR1と外観比較


(デジカメWatch)
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/review/impression/20130423_596993.html


話題の新型「GR」、プロはしっとりした画質に注目していた!


(NIKKEI TRENDY NET)
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/pickup/20130422/1048862/


ソニーE20mm F2.8はまずまず良好な性能


(デジカメinfo)
http://digicame-info.com/2013/04/e20mm-f28.html

山形豪・自然写真撮影紀:ナミビアへの誘い その3 ヒンバ族


(ITmedia)
http://camera.itmedia.co.jp/dc/articles/1304/22/news108.html


【撮ってこ〜い。】第49回 窓の中のひと


(女子カメWatch)
http://www.watch.impress.co.jp/headline/docs/extra_watch/girlscamera/20130422_595955.html


デジタルカメラ総合販売ランキング(4月8日〜4月14日):「EOS」シリーズが強みを見せるランキング、60Dも再ランクイン


(ITmedia)
http://camera.itmedia.co.jp/dc/articles/1304/22/news104.html


見たまんまが撮れる。「ミタマンマメガネ」


(GIZMODO)
http://www.gizmodo.jp/2013/04/post_12147.html


暗闇のなかでも快適に操作! PC用LEDライト


(GIZMODO)
http://www.gizmodo.jp/2013/04/pcled_1.html

ワンプッシュで開く蛍光ペンが初回出荷分ほぼ完売


(NIKKEI TRENDY NET)
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/20130410/1048636/


オルファ「マグネタッチ」〜果物の皮むきや郵便物の開封に! 水で洗える超小型カッター


(家電Watch)
http://kaden.watch.impress.co.jp/docs/column_review/yajreview/20130423_596948.html


東芝LED照明のCMでやっぱり涙腺崩壊。


(GIZMODO)
http://www.gizmodo.jp/2013/04/ledcm_1.html

●昔の美少女ホラーといえば……ということで、もう美少女の顔も内容も忘れていた「キャリー」(1976)と「サスペリア」(1977)のDVDをレンタルして、二晩続けて見た(なにやってるんだか)。ところが、わたしの思いこみはみごとに外れた。キャリーは冴えない陰気娘で、とても美少女とは言えないし、「サスペリア」のスージーはいちおう美少女系ではあるが、眉が濃く、いつも目を見開いている。美少女ホラーという括りでは外れだな。「昔の」というのだけが当たり。


「サスペリア」はショッキング・ホラーの大ヒット作で、「決して、ひとりでは見ないでください」という映画公開時のキャッチフレーズを思い出す。しかし、今見ると恐怖度も残酷度もたいしたことはない。売り物であった恐怖を表す音楽がうっとうしく、実際の音響との境界がない。息を殺して部屋を廊下を進むときは、リアルな音だけのほうが効果的なのに、ジャンジャカ音楽や効果音が流れるのはどうにも不可解だ。主役の美少女をこれでもかというくらい徹底的に怖い目にあわせるべきなのに、それほどでもない。


「キャリー」はとにかく主役のキャリーに魅力がない。内気でのろまでやぼったい(化粧すると多少はかわいくなるが)。そういう物語だから適役ともいえるが、見映えしないこと夥しい。むしろ宗教狂いの母親のほうが美人である。かわいそうなこの二人だが、演技が評価されてアカデミー賞にノミネートされた。最後のカタストロフィ、前に見たときはもっと凄かった記憶がある。それにしても、弱い者に対する底知れぬ悪意といったら……。超常現象より普通の人の悪意のほうが怖い。男より女のほうが罪深い。


「キャリー」はリメイク版ができていて、日本公開は11月とか。予告編を見ると、こっちのキャリーはかなりの美人で、とても「いじめられっこ」らしくない。クライマックスはなんだかスカッと爽快に見える。scariest movies top30とかいう記事をどこかで見たが、6位に「キャリー」が入っていた。1位は「ローズマリーの赤ちゃん」、以下「ドーン・オブ・ザ・デッド」「エクソシスト」「The Ring」「ハロウィン」……次のテーマは「昔の恐怖映画」とするか。しかし、レンタルショップでは「旧作100円」が、けしからんことに軒並み値上げされているのだ。 (柴田)


http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0048BP002/dgcrcom-22/
サスペリア
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000HOJSL6/dgcrcom-22/
キャリー
http://www.youtube.com/watch?v=VCpnRZUzbcE
キャリー リメイク 予告編


○昨日のエクセル話。Windows版Dreamweaverだと.xlsxをそのまま開くことができるらしい。知らなかった〜! 「.xlsxはOpenDocument Format(ODF)ですよ」との指摘をいただきました。ありがとうございます。日々の業務に直結している勉強優先で、エクセルは後回しになっています。もっと勉強しなきゃですね。


とか書いてるけれど、勉強時間がとれているかというと疑問。ちょっとずつ前進しているとは思っているが、キャパオーバー。キャパはまだ増やせるはずなので、心理面でのハードルがうんぬんかんぬん。とにかく時間の使い方と体力をつけるのと段取りと要領と容量〜。(hammer.mule)

YouTubeで見つけました!

広告
このページの上部にもどる

アクセス

いろいろな方法でアクセスできます!

Twitter

    Photos

    Tokyo AsakusaKagoshima_1Follow meMy photo世田谷線 松陰神社前駅 TOKYO JAPANFocusHears A Little, Sees A Lot8551B75A-9C75-4015-A953-EB6C8C3ECE95