「写真を楽しむ生活」のページ頭です

写真を楽しむ生活

写真が好きなすべての人に役立つ情報クリップ。写真展情報は"日本最強"!

2013年04月16日のアーカイブ

川崎誠写真展「石仏紀行」


会期:4月10日(水)〜4月22日(月)火休
会場:ペンタックスフォーラム(東京都新宿区)
http://www.pentax.jp/forum/2013/04/20130410.html


第8回ぐらふぃか望写真展「それぞれの四季 私のベストショット」


会期:4月17日(水)〜4月22日(月)火休
会場:ペンタックスフォーラム(東京都新宿区)
http://www.pentax.jp/forum/2013/04/20130417.html


口枷屋モイラ・村田タマ二人展「少女ロイド -Girl’s Fiction-」


会期:4月17日(水)〜4月28日(日)月火休
会場:神保町画廊(東京都千代田区)
http://jinbochogarou.com/


木村透写真展「花旅」


会期:4月16日(火)〜4月22日(月)
会場:SPACE K代官山(東京都渋谷区)
http://www.space-k.info/info.html


fumiko imano 植物とあたし


会期:4月13日(土)〜6月2日(日)
会場:Figue hair&make(東京都渋谷区)
http://www.figue.jp/gallery/index.html


第6回目黒区写真美術協会展


会期:4月17日(水)〜4月21日(日)
会場:目黒区美術館 区民ギャラリー(東京都目黒区)
http://mmat.jp/public/exhibition/


「まちだ観光フォトコンテスト作品展」


JA町田市忠生支店フォトクラブ写真展


会期:4月17日(水)〜4月22日(月)火休
会場:町田市フォトサロン(東京都町田市)
http://www.phmuse.com/

第60回ニッコールフォトコンテスト入賞作品展


会期:4月17日(水)〜4月30日(火)
会場:ニコンプラザ仙台フォトギャラリー(仙台市青葉区)
http://www.nikon-image.com/support/showroom/sendai/schedule.htm

写真集でたどる入江泰吉の軌跡─前期(昭和20〜45年まで)─


会期:4月6日(土)〜6月30日(日)月休
会場:入江泰吉記念奈良市写真美術館(奈良市)
観覧料:一般500円、高大生200円、小中生100円
http://www1.kcn.ne.jp/%7Enaracmp/tenran/tenran_new.html


フォトグループまほろば


会期:4月17日(水)〜4月21日(日)
会場:入江泰吉記念奈良市写真美術館一般展示室(奈良市)
http://www1.kcn.ne.jp/%7Enaracmp/tenji/tenji_schedule.html


林佑紀写真展「Carve Gravity」


会期:4月17日(水)〜4月28日(日)月火休
会場:gallery CLASS(奈良市)
http://galleryclass.com/top.html


立命館大学写真部OB会写真展


会期:4月17日(水)〜4月23日(火)
会場:京都ぎゃらりい西利(京都市東山区)
http://www.nishiri.co.jp/topics/gallery/

第2回 NHK福島の桜 フォトコンテスト


(IMA ONLINE)
http://imaonline.jp/ud/contest/514accc91e2ffa0b3f000001


だいすきなふくしまの街かど写真コンテスト2013


(IMA ONLINE)
http://imaonline.jp/ud/contest/513560d61e2ffa388f000001


福島「花・街・道」フォトコンテスト


(IMA ONLINE)
http://imaonline.jp/ud/contest/514139e51e2ffa2088000001

気になるデジカメ長期リアルタイムレポート キヤノンEOS M【第6回】スクエア画面の対角線魚眼で遊んでみる


(デジカメWatch)
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/review/longterm/20130416_595985.html



20倍望遠ズーム・GPS・タッチパネル・Wi-Fi接続など豊富な機能を搭載! 「LUMIX TZ40」は全部入りコンデジの決定版となるか?


(マイナビニュース)
http://news.mynavi.jp/articles/2013/04/16/lumix_tz40/


ソニーの次の新製品発表は4月26日?


(デジカメinfo)
http://digicame-info.com/2013/04/426.html


リコーの新型GRのプロモーション動画が掲載


(デジカメinfo)
http://digicame-info.com/2013/04/gr.html


「RING CUBE」がリニューアルオープン ショールーム機能も強化


(デジカメWatch)
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20130415_595916.html


撮ってこ〜い。第48回 インドの色


(女子カメWatch)
http://www.watch.impress.co.jp/headline/docs/extra_watch/girlscamera/20130415_595537.html


デジカメプラス 週間トップ10:デジカメ春モデルが続々登場、注目株は


(ITmedia)
http://camera.itmedia.co.jp/dc/articles/1304/15/news081.html


目もくらむ高所で撮る男:ギャラリー


(WIRED)
http://wired.jp/2013/04/12/mustang-wanted-daredevil/


ネックストラップまでレゴで再現されたレゴ一眼レフ


(GIZMODO)
http://www.gizmodo.jp/2013/04/post_12080.html

戸田覚のPC進化論 「Surface RT」はあくまでも“タブレット”として使いたい


(NIKKEI TRENDY NET)
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/20130411/1048685/


Wi-Fi対応やiOS対応で使いやすくなったお手軽メモ印刷プリンタ カシオ「memopri MEP-F10」


(マイナビニュース)
http://news.mynavi.jp/articles/2013/04/12/casio/


没後30年、空前の「寺山修司現象」はなぜ起こったか


(NIKKEI TRENDY NET)
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/pickup/20130412/1048697/


三菱地所の新商業施設「マークイズ」1号店の見どころは?


(NIKKEI TRENDY NET)
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/20130412/1048705/

●「懲りない男」といわれているわたしは、またまた白雪姫映画DVDを見てしまった。日本では劇場未公開の「アドベンチャー・オブ・スノーホワイト」(2012、アメリカ)である。パッケージを見ると、弓矢を構えるあかぬけない娘が白雪姫で、とても高貴に見えない男が王子で、意地悪そうな熟女が黒の女王で、チャチなCG造形の魔獣と魔犬(?)が吼えている。まさしくこの通り、とってもチープな仕上がりである。有名タイトル便乗・模倣で知られる、B級オリジナルビデオ映画会社のアサイラムの制作だ。


全体にいい加減な作品だが、大問題は俳優のクオリティだ。鏡からは世界一美しいと賞賛される女王さまがナントモ。目つきが悪く口元のいやしい中年女で、美しさからはほど遠い。そのまんま魔法使いの老婆をやれといいたいくらいだ(お約束通り老婆に化ける。ただしリンゴはない)。


鏡からはその女王さまより美しいといわれる白雪姫は、顔の造作がでかい芋娘で、あろうことかブロンドで、うす水色の衣裳着たきり雀で、どこがお姫様やねん。まるで不細工なアリス。嗚呼、本家「スノーホワイト」は美しかったな、この二人。


本家では影の薄かった王子が、こちらではそこそこ活躍するが、衣裳は質素で、見た目はフィギュアの高橋大輔だから、王子らしい風格がない。もっとも、政略結婚で黒の女王に近づくのに、直前に白雪姫をみそめてあっさり乗り換える男だからな。エルフのリーダーは若き日の楽太郎だし、山の上で青い火を守るのは嶋田久作だし……そう見立てて楽しむ。


見せ場のひとつであるはずの魔獣と魔犬のCGはお粗末で、しかもこいつらは意外に弱い。登場人物も少ない。姫と王子とエルフ7人、後から助っ人が数人、女王側だって数10人だろう。整列した兵士群のシーンは静止画のようだ。ところが、ストーリーは意外におもしろい。BC級マニアにはおすすめだ。とくにラストの白雪姫と女王の個人戦のあっけなさに大笑い。(柴田)


http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00A21LI1M/dgcrcom-22/
「アドベンチャー・オブ・スノーホワイト」


●昨日の続き。地震自体は、建物が免震構造のためか、そんなに揺れはせず、何ひとつ落ちたり倒れたりせず。室内干しの竿がぎぃぎぃと揺れたぐらい。


免震とはいえ、長時間揺れ続けたらどうなるかはわからない。東日本大震災の時は、建物自体がきしみ、大きくスライドした。遊園地の子供向けアトラクションぐらいには。震源地から遠い大阪なのに。この時は倒れたものはあっただろうか。覚えていない。上階の奥様宅だと引き出しが少しだけ開いていたそうな。


今回、甥1号、3号は泣いたそうだ。2号は寝ていたらしい……。親戚はすぐに玄関のドアを開けに行ったとか。 (hammer.mule)


http://www.jssi.or.jp/menshin/m_kouzou.html
免震建築ビデオ。バンパーが古くなったり、想定以上の揺れ・時間だともたないが。

垣内博「東日本被災地の今」


会期:4月17日(水)〜4月26日(金)土日祝休
会場:ニコン名古屋サービスセンターフォトスクエア(名古屋市中区)
http://www.nikon-image.com/support/showroom/servicecenter/nagoya/photosquare.htm

YouTubeで見つけました!

広告
このページの上部にもどる

アクセス

いろいろな方法でアクセスできます!

Twitter

    Photos

    Tokyo AsakusaKagoshima_1Follow meMy photo世田谷線 松陰神社前駅 TOKYO JAPANFocusHears A Little, Sees A Lot03847DE2-83DA-4C95-A51E-6F58EA29D9BB