「写真を楽しむ生活」のページ頭です

写真を楽しむ生活

写真が好きなすべての人に役立つ情報クリップ。写真展情報は"日本最強"!

●なぜか枕元の棚にあって、夜寝る前や昼寝のとき、何度読んでも、どこから読んでもおもしろいのが瀧波ユカリの漫画「臨死!! 江古田ちゃん」第1巻(2006/講談社アフタヌーンKC)だ。買った覚えはないので、たぶん娘が置いていったのであろう。24歳独身フリーターでひとり暮らし、自宅では常に全裸、夜の仕事もしてて男関係はわりと積極的。女性の本音を露骨に公開し、女性読者の圧倒的支持を誇るとかいう(ホントか?)超絶4コマである。面白すぎる。


そんな中でこんな話。初めて泊まる男の部屋、男は眠っちゃったので、ひまだから本でも読むかと男の書棚を見ると、「一年で社長になれる本」「勝ち組はココが違う」「めざせWEBデザイナー!」「タイで悠々自適」「誰でも出来る株」「めざめよ!自分」「30歳までにすべきこと」なんて本ばかり、江古田ちゃんは思う「またつまらぬものを食ってしまった……」。たしかにつまらぬ男だが、気持ちはわからぬでもない。わたしもイージーなタイトルこそ避けたが、この種の本をいくつか読んだことがあり、いい歳になってから「イントラプルナー」の本を読み漁った。すべてまったく役に立たなかったけど。


そして最近、山本正明「奇跡の営業」なる本を図書館から借りて読んだ。新聞広告でとても気になった本だ。中堅ゼネコンの現場監督だった男が44歳にしてソニー生命の営業マンに転身、6年連続で全国最大の神戸中央支社でNO.1の成績を記録、50歳を越え二度の社長賞受賞、社内コンテストで4000人の営業職の頂点に立ち、新規契約はいまも途切れず、という奇跡の営業マンである。技術者あがりで口べたな男がどうして成功できたのか。このサクセスストーリーには興味津々である。「結論から言うと、『紹介』に焦点をあてた独自の営業スタイルを確立したからです」と筆者。


188ページ、完読に一時間もかかるまい。行間が広くて文字は多くないし、とくに大事なところはゴチック体だ。そこだけ読んでも意味はわかる。要は、アンケートをつくる、商品の説明後にアンケートを書いてもらう、たったこれだけで劇的にうまくいく、という。ホンマカイナ。なにしろ、この手の本では有名な(ビミョーな)サンマーク出版の発行だ。疑いながら読んだが、……おそれいりました。完全に納得できる。とくにライフプランナー現役には必読といっていい。直球ど真ん中である。ま、前期高齢者のわたしにはまったく関係ないけど。それよか、「臨死!! 江古田ちゃん」の続きを読みたいわ。(柴田)


http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4063144135/dgcrcom-22/
瀧波ユカリ「臨死!! 江古田ちゃん」
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4763132938/dgcrcom-22/
山本正明「奇跡の営業」


●iPhone水没。ポケットに入れていてトイレに落とす。電源がオンになっていた。画面が乱れ、縦線が入っていきやがて消えた。うわあああああ。取り上げてティッシュ類で拭く。隙間のものも吸い取る。気づくと、カメラのライトがつきっぱなし。電源を落とそうとしても反応なし。熱を帯びている。


ジップロックを用意して、ティッシュにくるみ乾燥剤を入れる。一時間ほどしてから見ると、ライトの電源は落ちており、本体の熱も下がっていた。落とした当初にはなかったカメラ部分に水滴がついている。続く。(hammer.mule)


http://www.riabou.net/entry/20100329/1269865739
同じだわ
http://yokohamanoren.blog.fc2.com/blog-entry-6.html
これこれ。ライト光ったまま


http://plaza.rakuten.co.jp/greatest29/diary/201206150000/
いまカメラ部分はこの状態。後日談なし。どうなったんだろう。このサイトで紹介されている商品面白いな
http://d.hatena.ne.jp/tocoto/20120520/p1
破損と水没の両方経験した不注意な人間がここにもいますよ〜

コメントをどうぞ

ご意見お待ちしております!

情報の誤り、リンク切れなどございましたら、お手数ですが、この欄もしくは情報提供フォームからお知らせください。

CAPTCHA


YouTubeで見つけました!

広告
このページの上部にもどる

アクセス

いろいろな方法でアクセスできます!