「写真を楽しむ生活」のページ頭です

写真を楽しむ生活

写真が好きなすべての人に役立つ情報クリップ。写真展情報は"日本最強"!

2013年10月15日のアーカイブ

後藤俊夫写真展「拓魂残影」


会期:10月15日(火)〜10月28日(月)


平野直子写真展「都会の顔」


会期:10月15日(火)〜10月21日(月)
会場:新宿ニコンサロン 新宿ニコンサロンbis21(東京都新宿区)
http://www.nikon-image.com/activity/salon/exhibition/2013/10_shinjyuku.htm#02
http://www.nikon-image.com/activity/salon/exhibition/2013/10_bis.htm#03


田村博「雑景〜連れ〜」


会期:10月16日(水)〜10月31日(木)月休
会場:Gallery Bar 26日の月(東京都新宿区)
http://www.cl.bb4u.ne.jp/~moon26/


三日月企画「旅景」男旅


会期:10月15日(火)〜10月20日(日)月休
会場:三日月ギャラリー(東京都新宿区)
http://www.cl.bb4u.ne.jp/~mikaduki/


市川泰憲「僕の佐原 Bokehの探求」


会期:10月16日(水)〜10月31日(木)日休
会場:新宿ゴールデン街[こどじ](東京都新宿区)
http://www.phobbit.com/kodojitop.html


中谷吉隆写真展─1966~1975─「道 東」


会期:10月8日(火)〜11月4日(月)月休
会場:JCIIフォトサロン(東京都千代田区)
http://www.jcii-cameramuseum.jp/


第43回医家写真展


会期:10月16日(水)〜10月20日(日)
会場:JCIIクラブ25(東京都千代田区)
http://www.jcii-cameramuseum.jp/


GRバトン写真家リレー 第四走者 岩本直子写真展「日々を編むように」


会期:10月16日(水)〜10月28日(月)
会場:リコーイメージングスクエア銀座(東京都中央区)
http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/community/squareginza/


菅原一剛写真展「Blue」


会期:10月16日(水)〜10月23日(水)
会場:ときの忘れもの(東京都港区)
http://www.tokinowasuremono.com/artist-001-tenrankai/index.html


菅原一剛写真展「Daylight」


会期:10月16日(水)〜10月23日(水)日祝休
会場:ギャラリー360°(東京都港区)
http://www.360.co.jp/j/exhibition.html


Portraits


Richard Avedon/Robert Doisneau/Mario Giacomelli/Man Rayほか
会期:10月3日(木)〜10月28日(月)
会場:ノートンギャラリー(東京都港区)火水休
http://imaonline.jp/ud/exhibition/524e1a866a8d1e11c1000002


植田正治の道楽カメラ


会期:10月16日(水)〜11月17日(日)火休
会場:アツコバルー arts drinks talk(東京都渋谷区)
入場料:500円(with a drink)
http://l-amusee.com/atsukobarouh/


森村泰昌「レンブラントの部屋、再び」


会期:10月12日(土)〜10月23日(水)月休 10/14開館 10/15休
会場:原美術館(東京都品川区)
入場料:一般1000円、大高生700円、小中生500円
http://www.haramuseum.or.jp/jp/common/pressrelease/pdf/hara/jp_hara_pr_Morimura_130920.pdf
http://www.haramuseum.or.jp/generalTop.html

笹崎正明「来夢展 Part-7」


会期:10月16日(水)〜10月29日(火)
会場:ニコンプラザ仙台フォトギャラリー(仙台市青葉区)
http://www.nikon-image.com/support/showroom/sendai/schedule.htm

テラウチマサト写真展「恋する山 富士山」


会期:10月1日(火)〜10月31日(木)
会場:河口湖オルゴールの森美術館(山梨県河口湖町)
入場料:大人1300円、大高生1100円、小中生800円
http://www.kawaguchikomusicforest.jp/forms/info/info.aspx?info_id=31443

彩光写真展


会期:10月16日(水)〜10月22日(火)
会場:京都ぎゃらりい西利(京都市東山区)
http://www.nishiri.co.jp/topics/gallery/


アビィ企画グループ展「VQ PHOTO FESTIVAL」


会期:10月16日(水)〜10月20日(日)
会場:ギャラリー・アビィ(大阪市中央区)
http://g-avi.com/


伸之助写真展「どこでもドアスコープ展」


会期:10月16日(水)〜10月20日(日)
会場:BEATS GALLERY(大阪市中央区)
http://www.beats-gallery.com/

明石哲也一燈台の「点と線」


会期:10月16日(水)〜10月3日(木)
会場:ニコン福岡サービスセンターフォトスクエア(福岡市博多区)
http://www.nikon-image.com/support/showroom/servicecenter/fukuoka/photosquare.htm

ソニー、「新α」告知のティーザー広告ページを公開「誰も作らなかったカメラ」10月16日(水)に正式発表か


(デジカメWatch)
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20131013_619352.html


レンズスタイルカメラQXをマウントできる「Xperia Z1」専用ケース


(デジカメWatch)
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20131011_618982.html


京都ブランド「SOU・SOU」コラボデザインの和柄デジカメ がま口ポーチとのセットも


(女子カメWatch)
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/girlscamera/news/20131011_619197.html


和柄デジカメ がま口ポーチとのセット

和柄デジカメ がま口ポーチとのセット



110やインスタマチックフィルム対応のスキャナ


(デジカメWatch)
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20131011_619154.html

気になるデジカメ長期リアルタイムレポート PENTAX Q7【第8回】カスタムイメージとフィルター効果を組み合わせる!


(デジカメWatch)
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/review/longterm/20131015_619186.html


PENTAX Q7(デジカメWatch)

PENTAX Q7(デジカメWatch)



交換レンズ百景:低価格望遠ズームがとらえた原色の風景──キヤノン「EF-S55-250mm F4-5.6 IS STM」


(ITmedia)
http://camera.itmedia.co.jp/dc/articles/1310/11/news066.html


EF-S55-250mm F4-5.6 IS STM(ITmedia)

EF-S55-250mm F4-5.6 IS STM(ITmedia)



写真で見る、ニコン「D610」


(ITmedia)
http://camera.itmedia.co.jp/dc/articles/1310/11/news128.html


D610(ITmedia)

D610(ITmedia)



レビュー:EVFを搭載した熟成のハイエンドコンパクト ニコン「COOLPIX P7800」


(ITmedia)
http://camera.itmedia.co.jp/dc/articles/1310/11/news065.html


COOLPIX P7800(ITmedia)

COOLPIX P7800(ITmedia)



OLYMPUS OM-D E-M1|SHOOTING REPORT


(PHOTO YODOBASHI)
http://photo.yodobashi.com/gear/olympus/cameras/e_m1/index.html


スマホで10倍ズームが使えるレンズ型デジカメ


(All About)
http://allabout.co.jp/gm/gc/427971/?NLV=CN000083-177

「旅するアクリュ in TOKYO」開催。写真展と“手仕事展”新作カメラバッグ、ストラップ、店舗限定製品など受注販売も


(女子カメWatch)
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/girlscamera/news/20131012_618643.html


「特撮カメラ」で特撮画像を撮影してみよう


(All About)
http://allabout.co.jp/gm/gc/431602/


荻窪圭の“這いつくばって猫に近づけ” 第325回 iPhone 5sの連写とスローモーション動画で子猫を堪能する


(ASCII)
http://ascii.jp/elem/000/000/833/833148/


荻窪圭のiPhoneカメラ講座:第29回 iOS7で便利になった写真のシェア


(ITmedia)
http://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/1310/15/news060.html


ソニー、リニアPCMとフルHD対応“ミュージックビデオレコーダー”「HDR-MV1」


(ITmedia)
http://camera.itmedia.co.jp/dc/articles/1310/10/news089.html


インクジェット複合機、キヤノンにブラザーが急接近──ヨドバシに聞く


(NIKKEI TRENDY NET)
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/20131011/1052861/


有名人のお宝カメラ 栗本慎一郎さん 軽量で手ブレ補正機能が便利なデジタルカメラ


(アサヒカメラ.net)
http://dot.asahi.com/asahicameranet/column/otakara/2013092400022.html

リンク集 見逃し対策も充実! 2013年秋(10月)のアニメ新番組


(INTERNET Watch)
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/link/20131011_619017.html


A4を3つ折りして持ち歩ける携帯用ファイル


(家電Watch)
http://kaden.watch.impress.co.jp/docs/column_review/yajreview/20131015_619175.html


シャープは“ともだち家電”で“スマートホーム”を目指す!


(NIKKEI TRENDY NET)
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/20131011/1052857/

●水間政憲「朝日新聞が報道した『日韓併合』の真実」 韓国が主張する『七奪』は日本の『七恩』だった」を読む(徳間書店/2010)。朝日新聞というと、「つけ火して煙喜ぶ朝日新聞」と揶揄される通り、反日が社是のような偏向した報道ばかりやらかしているが、こちらの朝日新聞は、筆者が国会図書館のマイクロフィルムの中から発掘した、日本が朝鮮半島を統治した1910年の5年後、1915年から1945年まで発行された「大阪朝日新聞・朝鮮版」である。膨大な報道史料をわかりやすく配列し、「日韓併合」の真実をあらわにしている。


韓国が主張する、日本による「七奪」とは、主権、国王、人命、国語、姓氏、土地、資源である。それぞれが悪質な言いがかりで、戦後の都市伝説に過ぎないことは、すでに明らかになっている。日本人研究者ばかりか、韓国人学者も研究の成果を発表し、少なからず本が出版されている。新聞報道によれば「七奪」が日本による「七恩」どころか、ことごとく朝鮮人に恩恵を与えていた事実が証明された。


「大阪朝日新聞・朝鮮版」でわかったこと。証明されたことのいくつか。朝鮮半島に残された日本の莫大な遺産、慰安婦は当時合法だった売春婦のこと、朝鮮人悪徳業者が強制連行の真犯人、戦時徴用された245人だけが強制連行の真実、「言葉を奪った」どころかハングルを広め教えたのは日本、朝鮮人女性の人権を守ったのは日本、農地収奪どころか農業の発展に貢献、総督府が守った朝鮮文化と文化史、半島の緑化に努めた日本、「創氏改名」は強制ではなかった、「竹島は日本領」を示す韓国の古地図。すべて知っている。でも明らかな証拠を見たのは初めてかもしれない。


新聞の他に、朝鮮半島からの「不法入国者問題」についての国会審議の全文や、吉田茂がマッカーサーに宛てた書簡を読むと、「強制連行」どころか密航までして日本を目指した朝鮮人の実態がよくわかる。吉田は「私はこれらの朝鮮人がすべて、彼らの生国の半島に送り返されることを欲するものです」とし、その理由を述べているのも興味深い。掲載された新聞の切り抜きは本文が小さすぎるので、誕生日に銀行がくれたライト付き天眼鏡で読む。


筆者はあとがきで「『大阪朝日新聞・朝鮮版』を通読することで、戦前、朝鮮半島で生活していた日本人と我々日本人が、なんら変わない民族性であることに安堵し」と書く。本当にそうだ。我々は民族性に誇りを抱く。もし、日本以外の国が植民地化したら、どんな悲惨な半島になったことか。この本を読んで、日本人、在日韓国・朝鮮人が冷静でいられようか。中韓捏造史観に蹂躙された日本人よ、これが真実だ、覚醒せよ、毅然とせよ。(柴田)


http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4198629900/dgcrcom-22/
水間政憲「朝日新聞が報道した『日韓併合』の真実」


●時計を検索していて、安すぎるショップをいくつか見つけた。メーカーに連絡しようと思ったが、「重要なお知らせ」に、製品が届かないショップがあるという警告があったのでやめた。いたちごっこなんだろう。その手のサイトに共通する、怪しい部分を発見。


会社概要はある。独自ドメインとっているくせに、メールアドレスはhotmailやgmailというフリーメールで、電話番号なし。ひとつは創業が明治14年に従業員数が14,712名、売り上げが2,837億円とあって怪しさ倍増。どんな大企業なんだよ!


創業年で検索したら、サイトで販売している時計のメーカーサイトがひっかかった。うわ、ひどい。ドメイン名だと、中国のドメイン管理会社が出てきたわ。続く。(hammer.mule)


http://www.ceramicascastro.com/index.php?route=information/information&information_id=4
こんなサイトには高すぎる売り上げ。社名が「セイコー正規品株式会社」


https://www.google.co.jp/search?q=%22%E3%82%BB%E3%82%A4%E3%82%B3%E3%83%BC%E6%AD%A3%E8%A6%8F%E5%93%81%E6%A0%AA%E5%BC%8F%E4%BC%9A%E7%A4%BE%22
notfoundになる場合は、googleから行ってみてください。


http://www.seiko.co.jp/corporate/information/index.php
ピタリと合った創業年や従業員数。セイコーホールディングス

YouTubeで見つけました!

広告
このページの上部にもどる

アクセス

いろいろな方法でアクセスできます!

Twitter

    Photos

    Beside Osaka´s CastleKick!Expo Commemoration ParkExpo Commemoration ParkExpo Commemoration Parkpeace signExpo Commemoration ParkExpo Commemoration Park