「写真を楽しむ生活」のページ頭です

写真を楽しむ生活

写真が好きなすべての人に役立つ情報クリップ。写真展情報は"日本最強"!

2013年11月01日のアーカイブ

コニカミノルタプラザ環境企画展「鶴の居る村の四季」


〜鶴居・伊藤タンチョウサンクチュアリ展〜
会期:11月1日(金)〜11月15日(金)
会場:コニカミノルタプラザ ギャラリー(東京都新宿区)
http://www.konicaminolta.jp/plaza/schedule/2013november/gallery_a_131101.html


ANAT PARNASS写真展「夜気 : Stillness of Night」


会期:11月5日(火)〜11月18日(月)


ニッコールクラブやえす・しゃらく支部写真展「四季との出逢い」


会期:11月5日(火)〜11月11日(月)
会場:新宿ニコンサロン 新宿ニコンサロンbis21(東京都新宿区)
http://www.nikon-image.com/activity/salon/exhibition/2013/11_shinjyuku.htm#02
http://www.nikon-image.com/activity/salon/exhibition/2013/11_bis.htm#02


大久保恵写真展「夜を縫う」


会期:11月5日(火)〜11月17日(日)月休
会場:TOTEM POLE PHOTO GALLERY(東京都新宿区)
http://tppg.jp/member/okubo_megumi.html


大久保恵写真展「夜を縫う」

大久保恵写真展「夜を縫う」



水谷幹治写真展「EL DRADO」


会期:11月4日(月)〜11月23日(土)日休
会場:nagune(東京都新宿区)
http://www.nagune.jp/gallery/131104.html


グレート・ザ・歌舞伎町写真展「若松孝二」


会期:11月2日(土)〜12月14日(土)
会場:B GALLERY(東京都新宿区)
http://www.beams.co.jp/labels/detail/b-gallery


世界を見るとはどういうことか ─視覚障害者の撮った世界─


会期:11月4日(月)〜11月10日(日)
会場:プレイスM(東京都新宿区)
◇11月9日(土)トークイベント 尾崎大輔(写真家)×山口和彦(AFL会長)×タカザワケンジ(写真詳論家)
日時:11月9日(土)19:00〜
参加費:900円
定員:60名(要予約)
http://www.placem.com/schedule/2013/20131104/131104.html


岡 寿克「das gespenst」


会期:11月4日(月)〜11月10日(日)
会場:M2ギャラリー(東京都新宿区)
http://m2.placem.com/schedule/2013/20131104/131104.php


水谷祥彦「また逢いたい旅先で出会った動物たち」


会期:11月1日(金)〜11月7日(木)
会場:富士フォトギャラリー新宿(東京都新宿区)
http://www.prolab-create.jp/culture/gallery/shin_gallery.html


関西学院同窓会東京支部 新月フォトクラブ写真展


会期:10月31日(木)〜11月6日(水)
会場:ポートレートギャラリー(東京都新宿区)
http://www.sha-bunkyo.or.jp/gallery/port.html


JRP京葉支部写真展


会期:11月4日(月)〜11月10日(日)
会場:ヨドバシフォトギャラリーINSTANCE(東京都新宿区)
http://www.yodobashi.com/ec/support/news/1213373439033/index.html#1104_2


グループ柔視写真展「アスタリスクVII」


会期:11月5日(火)〜11月17日(日)月休
会場:Roonee 247 photography(東京都新宿区)
http://www.roonee.com/


遠藤隆写真展「TSUBASA」


会期:11月5日(火)〜11月10日(日)
会場:CROSSROAD GALLERY(東京都新宿区)
http://www.roonee.com/crossroad/schedule/


遠藤隆写真展「TSUBASA」

遠藤隆写真展「TSUBASA」



大和田良「NIGHT」


会期:11月2日(土)〜11月14日(木)月休
会場:Bright Photo Salon(東京都中央区 日本写真学院)
http://jcop.jp/wp/gallery/ryoohwada_night/


Hiyokomame写真展「無花果 花の無い実」


会期:11月4日(月)〜11月9日(土)
会場:森岡書店(東京都中央区)
http://moriokashoten.com/


EYES PHaT PHOTO 10i class Photo Exhibition


会期:11月5日(火)〜11月10日(日)
会場:ギャラリーCORSO(東京都千代田区)
http://www.lithmatic.net/lithApCorso/index.html


林保明写真展「僕のアメリカ」


会期:11月5日(火)〜11月10日(日)
会場:ギャラリーf分の1(東京都千代田区)
http://www.galleryf-1.net/exhibit/2013/131105hayashi/1105hayashi.html
http://homepage2.nifty.com/500miles/


ふたりのPARIS展ー写真と絵、ときどき歌 夏生かれん・竹永絵里


会期:11月5日(火)〜11月10日(日)
会場:ギャラリーSPACE KIDS(東京都港区)
http://homepage1.nifty.com/spacekids/


高梨豊「アクア ツリー」


会期:11月2日(土)〜11月30日(土)日月祝休
会場:タカ・イシイギャラリー フォトグラフィー/フィルム(東京都港区)
http://www.takaishiigallery.com/jp/archives/9260/


AYPC写真展 DEARLY DAYS 2013 〜写真でプレゼント〜


会期:11月5日(火)〜11月17日(日)月休
会場:Instyle Photography Center(東京都港区)
http://www.instylephotocenter.com/exhibition/ce.html


コンテンポラリーフォト秀作展


ジャック・ピアソン、高橋恭司、荒木経惟、長島有里枝ほか
会期:11月2日(土)〜12月16日(月)火水休
会場:ノートンギャラリー(東京都港区)
http://www.nortongallery.jp/


PHat PHOTO SCHOOL 10DF CLASS 「spread」


会期:11月5日(火)〜11月10日(日)
会場:ギャラリー・ルデコ(東京都渋谷区)
http://ledeco.net/


松江泰治「TYO-WTC」


会期:11月4日(月)〜12月15日(日)
会場:NADiff GALLERY(東京都渋谷区)
http://www.nadiff.com/gallery/taijimatsue_tyowtc.html


ゾーンシステム研究会第18回写真展


会期:11月5日(火)〜11月17日(日)11/11休
会場:ギャラリーコスモス(東京都目黒区)
http://gallerycosmos.com/


ヒロミ*個展「Esquisse」


会期:11月4日(月)〜11月10日(日)
会場:monogram(東京都目黒区)
http://monogram.co.jp/gallery/index.php


「4FILE」青野友明・坂本しの・砂川誠・長尾敦子


会期:11月2日(土)〜11月13日(水)木休
会場:ギャラリーpippo(東京都台東区)
http://pippocamera.com/main/?cat=11


村越としや写真展「March 2013」


会期:11月5日(火)〜11月17日(日)月休
会場:TAP Gallery(東京都江東区)
http://tapgallery.jp/exhibition/201311murakoshi.html


旅するアクリュ(東京編)


会期:11月4日(月)〜11月17日(日)
会場:SIGHT BOX Studio & Gallery(東京都町田市)
http://sightbox.jp/

KJ須山会 100人展


会期:11月5日(火)〜11月10日(日)
会場:アートガーデンかわさき(川崎市川崎区)
http://www6.ocn.ne.jp/~pfj/page6.html


スティーブン・ローチ展「リーセント・ワークス」


会期:11月1日(金)〜12月14日(土)日月休
会場:GALLERY PAST RAYS(横浜市中区)
http://www.pastrays.sakura.ne.jp/


第30回埼玉県高等学校総合文化祭高校写真展


会期:11月5日(火)〜11月10日(日)
会場:埼玉会館(さいたま市浦和区)
http://www.saf.or.jp/saitama/calendar/index.html

刀根裕司「The States ,#1」


会期:11月1日(金)〜11月14日(木)土日祝休
会場:ニコン札幌サービスセンターフォトスクエア(札幌市北区)
http://www.nikon-image.com/support/showroom/servicecenter/sapporo/photosquare.htm


三軌会写真部北海道支部展


会期:11月5日(火)〜11月25日(月)
会場:東川町文化ギャラリー(北海道上川郡東川町)
入館料:町内100円、町外200円
http://photo-town.jp/gallery/index.html


小倉泰子「京都そぞろ歩き」


会期:11月1日(金)〜11月15日(金)
会場:ニコンプラザ仙台フォトスクエア(仙台市青葉区)
http://www.nikon-image.com/support/showroom/servicecenter/sendai/photosquare.htm

亀田芸術協会会員写真展


会期:11月5日(火)〜11月18日(月)木日休
会場:富士フォトギャラリー新潟(新潟市中央区)
http://www.fuji-icom.co.jp/fuji_gallery/index.html


第1回写友クラブ・クスノキ写真展


第16回名城フレンズフォトクラブ写真展


会期:11月5日(火)〜11月10日(日)
会場:名古屋市民ギャラリー栄(名古屋市中区)
http://www.bunka758.or.jp/scd18_p04.html


熱田さん界隈(前半)ニッコールクラブ愛岐支部


会期:11月1日(金)〜11月14日(木)土日祝休
会場:ニコン名古屋サービスセンターフォトスクエア(名古屋市中区)
http://www.nikon-image.com/support/showroom/servicecenter/nagoya/photosquare.htm


風景写真研究会「フォト十彩」写真展


会期:11月1日(金)〜11月7日(木)
会場:富士フイルムフォトサロン名古屋(名古屋市中区)
http://www.fujifilm.co.jp/photosalon/nagoya/13110101.html


第37回全日本写真連盟愛知県本部展


会期:11月1日(金)〜11月6日(水)
会場:ワキタギャラリー(名古屋市中区)
http://www.kk-wakita.co.jp/05photogallery.html

第3回六地蔵の会写真展


会期:11月1日(金)〜11月6日(水)
会場:AMS写真館(京都市中京区)
http://www.amsnet.co.jp/gallery/index.html


バニャバニャ団体展「闇鍋」


会期:11月3日(日)〜11月10日(日)
会場:GALLERY 9 KYOTO(京都市中京区)
http://www.ga-q.com/ex/2013/037_banyak.html


五十嵐聖隆写真展「Quietisme」


会期:11月4日(月)〜11月10日(日)
会場:Acru(大阪市中央区)
http://acru.jp/gallery/calendar


篠原幹尚写真展「京都歳時記ピンホール写真」


会期:11月5日(火)〜11月10日(日)
会場:壹燈舎(大阪市中央区)
http://www12.ocn.ne.jp/~ittosha/


公開グループ展「《白》秋〜《白》虎」


会期:11月5日(火)〜11月10日(日)
会場:gallery maggot(大阪市西区)
http://gallery.maggot-p.com/


津田礼二写真展「200mの旅」


会期:11月5日(火)〜11月10日(日)月休
会場:Kobe 819 Gallery(神戸市中央区)
http://kobe819.net/

〜手から手へ展関連企画〜「異郷の絵本作家たち 降矢奈々×フィリップ・ジョルダーノ」


会期:11月1日(金)〜11月15日(金)
会場:コニカミノルタプラザ ギャラリー(東京都新宿区)
http://www.konicaminolta.jp/plaza/schedule/2013november/ehon/index.html

長期試用リポート:「OLYMPUS OM-D E-M1」第1回──色にこだわって紅葉を撮る


(ITmedia)
http://camera.itmedia.co.jp/dc/articles/1310/31/news055.html


OM-D E-M1(ITmedia)

OM-D E-M1(ITmedia)



気になるデジカメ長期リアルタイムレポート PENTAX K-5 IIs【最終回】「デジタルプレビュー」の活用を考える


(デジカメWatch)
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/review/longterm/20131101_621542.html


PENTAX K-5 IIs(デジカメWatch)

PENTAX K-5 IIs(デジカメWatch)


インタビュー「OLYMPUS OM-D E-M1」の進化に迫る “フォーサーズレンズの実力を引き出しプロの要求に応える”


(デジカメWatch)
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/interview/20131101_620844.html


ニコンが新型一眼レフのティーザー動画の第5弾を公開


(デジカメinfo)
http://digicame-info.com/2013/11/5-4.html


「NIKKOR」80周年記念の撮りおろし写真集が発売。連動Webギャラリーも


(デジカメWatch)
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20131101_621887.html

●門田隆将の「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日」をようやく読んだ。未曾有の大事故を当事者たちの実名で綴った渾身のノンフィクションだ。あの時、何が起きたのか。人々はどう闘ったのか。マスコミの報道では決して知ることのない真実がここにある。


現場の人間たちの文字通り、死力をふり絞った闘いによって、最悪の事態はぎりぎりで回避された。暴走する原子炉と人間の、ここまで壮絶な闘いがあったとは想像もできなかった。読みながら思う。タイトルは吉田昌郎ひとりに照明を当てているが、本当の主役は多数の「死の淵を見た人々」である。嗚呼、涙なくしては読めない。


地震と大津波のあと、制御盤のパネルには、一切のランプ表示もメーター表示もなかった。電源復旧の道を探る一方で、彼らの闘いは原子炉冷却のために水をぶち込むこと、ただ一点に向かって突き進んだ。電源喪失の直後、原子炉内の線量が上昇する前に建屋に入り、水を入れるラインを確保していたとはすごい。


もしこれができていなければ冷却が全くできなかったのである。そして「ベント」だが、電源がない以上、決死隊が放射線の高い暗黒の現場に突入し、手動でバルブをあける難作業だった。当時の報道では、もっとイージーなものとして捉えられていたと思う。


1号機、3号機が水素爆発を起こし、2号機にも危機が迫っていた。吉田は「私はあの時、自分と一緒に『死んでくれる』人間の顔を思い浮かべていたんです」と後に語る。免震重要棟には600人以上が残っていたが、吉田は必要最小限の人間以外は第二原発への退避を命ずる。残ったのは「死んでいい人間」69人。トイレは血尿で真っ赤。彼らは苛酷な環境の中で、目の前いある「やらなければならないこと」に黙々と立ち向かった。だが、注水活動の人員不足が時間を経るに従い露呈し始めたため、避難した人が徐々に第一に戻り始める。そして、入れ続けた水が、最後の最後でついに原子炉の暴走を止めた。


筆者は執筆しながら「人間には、命を賭けなければならない時がある」ということを痛切に感じたという。命をかえりみず、放射能に汚染された真只中に突っ込んで行った人たち。筆者が取材で彼らに接触したとき最も驚いたのが、彼らがその行為を「当然の事」と捉え、今もって話すほどでもないことだと思っていた、ということだった。


「今回の不幸な原発事故は、はからずも現代の日本人も、かつての日本人と同様の使命感と責任感を持ち、命を賭けてでも、毅然と物事に対処していくことを教えてくれた。その意味では、この作品で描かせてもらったのは、原発事故の『悲劇の実態』と共に、最悪の事態に放り込まれた時に日本人が発揮する土壇場の『底力と信念』だったかもしれない」


原発との危急存亡の闘いのさなかに、一国の総理がその「現場」にやってきた。そのときの常軌を逸した菅首相の言動には、改めて怒りを覚える。この愚行で得たものはなにひとつなく、現場を混乱させ、3キロ圏内の住民への避難指示もベントも遅れた。「海水注入」についても、現場へ過剰介入する。果ては「逃げてみたって逃げきれないぞ!」と言い放つ。3.11当時の総理大臣が菅直人だったことが日本の不運だった。そういえば、阪神淡路大震災も、このたびの大島の災害も、「天災は忘れた頃にやってくる」のではなく「天災は左翼がトップのとき(ところ)にやってくる」のだなあ。桑原、桑原。(柴田)


http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4569808352/dgcrcom-22/
門田隆将「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日」


●続き。もらったTシャツ類を、もらったビニールバッグに詰めるためのテーブルの横には、応援メッセージが壁一面に書かれてあった。うん、なんだか参加する実感がわく。こういうのがうれしい。


受付エリアを出るとすぐ、大阪マラソンEXPO。参加者のみに湿布のサンプルをくれたり、靴の試着、ウェアやグッズの展示販売、テーピングの仕方に、走り方指南、限定グッズやお菓子、試飲、ゲーム、シミュレーション、Facebook用撮影スポット、スタンプラリーなど盛りだくさんであった。


いくつかのイベントで主催したり裏方やったりしている。これだけの規模のイベントをするのは大変だろうなぁと思ったりした。駅で道案内の看板を持って大声を出している人たち、すぐにいっぱいになるゴミを回収する人たち。本当におつかれさまです。


ミズノの販売エリアでは、大阪マラソン限定ウェアなどはあるものの、バーゲンはなくて、それなら荷物になるし混んでるし近くのショップでいいよね。一人5枚限定商品の販売があって、見ると今回参加のコブクロの小渕健太郎タオルだった。タビオの5本指靴下を買ったら、おまけでマウスパッドみたいなデオドラントシューズキーパーをもらってしまった。ラッキー。続く。(hammer.mule)

写真展スケジュールをギャラリーごとに一覧形式にしました。
PDF形式ですので、印刷して持ち運びいただけます。


※編集上の整理のためにつくったもので、まだ不完全です。
※実際にお出かけの際は、必ず各会場のサイトを参照して、電話で確認をされることをおすすめします。
無休のギャラリーと定期的に休館のギャラリーがあります。このカレンダーには休館日を記載していません。
※このカレンダーをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。印刷方法はAdobeサイトをご覧ください。




地域ファイル最終更新日
新宿区1■■2013/11/27
新宿区2■■2013/11/09
千代田区・中央区1■■2013/11/26
千代田区・中央区2■■2013/11/27
港区1■■2013/11/26
港区2■■2013/11/25
渋谷区1■■2013/11/27
渋谷区2・追加2■■2013/11/26
中野/杉並/目黒/台東/文京■■2013/11/22
江東/板橋/都下・川崎・横浜■■2013/11/09
鎌倉/さいたま/船橋・追加1■■2013/11/13
北海道・東北■■2013/11/26
関東・中部■■2013/11/13
中部・近畿■■2013/11/12
近畿■■2013/11/27
近畿・中国・九州■■2013/11/25
追加■■2013/11/26

YouTubeで見つけました!

広告
このページの上部にもどる

アクセス

いろいろな方法でアクセスできます!

Twitter

    Photos

    Kagoshima_1Follow meMy photo世田谷線 松陰神社前駅 TOKYO JAPANFocusHears A Little, Sees A LotBD363805-EE8D-4A2B-8EC4-C547486E9F29346822B2-8953-4130-9E83-D174467445C0